パニック障害を治す人だけが知っている恐怖心との向き合い方とは?

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害を治すには人の特性をちゃんと知っておく必要があるんですね。なぜかというと、いざパニック障害を治したい!と思っても意志だけでは行動が続かないんですよ。

それは何もあなただけのことではなくて誰にでも当てはまることであって人て自分に備わっている能力に振り回されてちゃうことがあるんですよ。

やっぱりそういうことって知っているか知らないか、行動が継続できるかどうかに直結してますし、治そうと思ってから効果がでる期間が全く変わってきちゃいますからしっかりとメモにしておいてくださいね。

じゃあ今回も絶対に覚えておいてほしい人の特性についてお伝えしていきます!

1.人は慣れると鈍くなる

人の慣れってまたに怖いと思いません?だって、パニック障害になる前のことを思い浮かべてほしいんですけど、電車に乗るときに特急電車に乗り継いじゃうかどうかなんて調べていました?

出張や移動でバスを経由しちゃうかどうかなんて調べて、その結果を見てウンザリしたことありませんか?

打合せなどで会議室に入るとき入り口の席に座るためにどうやって自然と席を確保しようかなんて考えていましたか?

パニック発作が起きないようにストレスを感じたときに深呼吸をしようなんて考えていましたか?

当然こんなこと考えて生活していなかったですよ!

でもある日を境にパニック発作にものすごーくビビってしまうようになって、それから予期不安や広場恐怖を経験してパニック障害になってしまった自分をちょっとつづ認めていくわけですよね。

2.自覚するたび辛くなる

認めるたびに心ってどんな感じですか?

「どうしよう、どうしよう、もしここで吐いちゃったりなんかしたらどうしよう。。」

「体調は大丈夫か?まだいけそうか。。。」

「ふ~~、なんで俺の身体ってこんなコントロールが効かなくなっちゃったの?なんで??」

全く安定しない日々で自分の居場所がどんどん狭くなっていくことを認めるたびに悲しんでいるはずなのに悲しんでいる暇がない。。

だって逃げることで精いっぱいなんだからさ。

逃げらればホッとするし、逃げきれなかったら心拍数がどんどん上げるんだもん。悲しんでいる暇がないことが本当に悲しいかった。。

イライラが爆発しそうなこともありました。

イライラを通り越すとさらなる恐怖がやってくるのです。

3.自分が信じられなくなる毎日

「自分で自分の身体に何が起こるか分からないんだから自分のことなんて信じられない・・・」

「自分の体調がいつなんの気なしに悪くなっちゃうんだから全く先が読めない・・」

いつどこで爆発するか分からない体調にもうビクビクするしかない。

恐怖と不安を自分の身体に感じるわけですよ。

でも、だんだんと頑張ってみようとかここを乗り越えたらなんていう戦う意思が弱くなっていって抵抗しなくなるわけです。

「私のパニック障害はもう治りません。」

「私のパニック障害とともにこれからどこにも行けずに生きていくのです。」

「パニック障害に苦しめられるなんて普通のことですから!」

「パニック障害にビクビクするのなんて日常の一部ですから!」

「もうパニック障害に抵抗することを諦めます。一生付き合ってきますから!」

全く好きじゃなかった人に毎日プロポーズされていたら最後に結婚しちゃうみたいな。

「降参しました。パニック障害さん。負けを認めます。」

4.パニック障害に征服されてしまう

パニック障害に負けることに慣れてしまう。これが冒頭で言っていた慣れなんですね。

この慣れが気づいてないかもしれないけど恐いと言っているのですよ。

パニック障害は辛いものである、パニック障害はコントロールすることでないものである、パニック障害が起きない生活を続けていれば十分、なんてことに慣れしまうともうなにも考えなくなってしまうのです。

繰り返しますが、これが恐ろしいと言っているのですよ!

「仕方ないでしょ!どうしてもあの状況になると恐いんだもん!!」

「ムリムリ!なにしたってあの密室感や閉鎖感を感じるだけで居ても立っても居られないなってしまって、どうしても逃げだしたくなるんだもん!!」

「だってこの間だっていきなり発作がでてしまって、もう自分のことが信じられないんだもん!」

分かりますよ。私だって全く同じ状況で逃げ続けていたんですからね。

いきなり変われ!なんて言いませんからまずはそんな思考に完全に浸りきって慣れてしまっていることに気付いてほしいのですよ。

まずはこの事実をしっかりと理解するのです。そしたら次の手を一緒に考えましょうよね!

最後に厳しいことを言いますが、パニック障害の嵐が過ぎることを待ってしませんか?ず~っと雨宿りしていればいつか良くなるなんて思っていますか?

言っておきますけど、逃げ続けている限り、パニック障害が良くなるなることはありません。

パニック障害を治すのは医者でもカウンセラーでもなく、あなたであることを思い出してください!そして私があなたのサポートいたしますからなんでもメッセージをください!全力でお答えいたしますから!

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」無料メールマガジン(毎朝8時配信)
登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
ブログでは言えない情報を無料でお伝えしています。(いつでも解除できます!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキングにご協力ください!
⇒ 「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」のブログランキングを見る
ブログランキングの順位を見ることができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆


★無料メールマガジンの登録


パニック障害から抜け出すのに欠かせないヒントを無料で定期的にお伝えしています。

ボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております。



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。