パニック障害が治らない理由1

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害が治らない理由シリーズを書きためていこうと思います。

もちろん、ただ、治らない理由を挙げていくだけの内容にはしたくなくて、ちゃんとした対策まで含めた内容にしていきますので、安心して最後までお読みいただければと思います。

 

まずは、第一回のパニック障害が治らない理由は、

「自信がなくなってしまったから」

ということです。これですね~、パニック障害になって失ったもの、それは自信なんですよ。

自信は書いて字のごとく、自分を信じること、です。

もっとラフな言い方をすれば、オレは大丈夫!と自然に思えること、です。

 

パニック障害は、障害というだけであって、人間のどこかの機能に問題が起きて、健康な人であれば、当然できることができなくなる、ということです。

たとえば、電車に乗れなくなくなる。

普通の人であれば、不自由なくできたことが、できなくなってしまうから、障害と言われるわけです。

電車だけではありませんね、バスを見ただけで気分が悪くなってしまう、ということだったり、

車で出掛けようと誘われても、嫌がってしまう自分に、パニック障害になると、だんだんと気付くわけです。

そんなときに否応なく感じてしまうことがあります。それは、

 

前よりも劣化した自分。

前よりもレベルが下がった自分

前よりもポンコツになった自分

前よりもできなくなった自分

 

こんな自分に気付いていってしまうのです。

気付くというとか、避けようがないほど、目の当たりにしてしまう、という方が適切かもしれません。

健康的な生活を送っていたときには、考えられないほど、ダメなことが増えてしまって、ダメだな~オレ、と感じることが毎日ちょっとづつ溜まっていくんです。

そうすると、これ当たり前だと思うんですけど、オレはもうダメだ、という結論に、どうあっても達してしまうんです。

これはだれでも同じだと思うんですね。私ももちろんそうでしたし。

あのころは本当に自信がなかった。

 

今回は、そんな自信を失ったパニック障害の人に捧げたいんです!

それは、ある考え方を知ってほしいんです。

それは、何かというと~

 

「自信は降ってこない。自分は作るもの」

 

ということなんです。

これはどういうことかというと、

自信というのは意図せず何かをやっているときに生まれるものではなく、

ちゃ~んと意図して行動した結果、育むことができるのが自信である、という考え方なんです。

これ、普通に考えたら、分かることだと思うんですよ。

天才レベルの人たちを思い浮かべてください。

たとえば、メジャーガーのマー君とかダルビッシュとかは、小さいころから人並外れた野球センスがあって、野球をやっているだけで、周りのメンバーよりも上手くできたし、周りの大人からホめられて、どんどん自信がついていったと思います。

が、僕ら凡人はそんな人より秀でた誇れるものは少ないですから、自信は自分から作らねばならないのですよ。

 

じゃあ、どうやったら、自信は作れると思いますか?

どういうことを意図すれば、自信は作れると思いますか?

 

これはやり方は2つあるんです。

1つ目は具体的な行動を積み重ねるということです。

もう少し具体的にいうと、計画どおりにできたことを増やす、ということです。

あたまりまえだと思っていることが、あたりまえにできたことを確認する

ということです。

2つ目は、ちょっとムリめな目標を立てて、それを達成する、ということです。

じゃあ、それぞれ、見ていきたいと思います。

 

1つ目の

「あたまりまえだと思っていることが、あたりまえにできたことを確認する」

ということなんですけど、私は今でも毎日確認しているんです。

たとえば、

「毎日、靴をみがく」

「毎日、子どもの歯をみがく」

「毎日、食器を洗う」

というような、あたりまえのことをやる、という目標を立てて、それが毎日できているかを毎日チェックしているんです。

 

これですね、以外とこんな簡単なことであって、毎日やることって結構大変!

たとえば、残業で帰りが遅くなったようなときは、子どもはすでに寝ていて、食器を洗う気力がないと、サボってしまうことがあります。

あとは、子どもを寝かしつけていたときに、そのまま寝てしまって、洗うつもりの食器をそのままにしてしまう、な~んてことが起こるんです。

思っている以上に、あたりまえのことをあたりまえに毎日こなすことって難しいんですよ。

毎日チェックしていると、上に書いたようなことに気付けるようになっていくんですね。

つまり、ある1点を毎日観察してみると、自分が無意識にやっている行動が見えてくるんです。

 

これは何かに似てませんかね?

ちょっと難しい質問だったかもしれませんね。

これは、日記をつけることと同じことをしているわけです。

よく認知行動療法で、まずやるのが、日記をつけるということなんです。

日記をつけて下さいと、言われると、最初の数日は書くことがあるけど、だんだんと書くことがなくなってやめてしまう方、結構います。

 

でも、この毎日あたりまえのことができているか?というチェックだけであれば、やりことがはっきりしてますし、本当に簡単にできることなので、日記よりもこの方法をおススメしてますね。

認知行動療法の第一目標は、自分を知る、ということです。

自分を知るためにやっているんだ!と思って続けていただけると、より効果があると思います。

そして、そういう、あたりまえのことをあたりまえに毎日やることが難しいことが分かってから、毎日できた!という月があると、それが自信になっていくわけです。

オレでもできた!

この達成感が物凄く大切なんですよ。

自信なんて、こ~んな小さいことの積み重ねで作ることができるんですよ!

まずはやってみることです。

 

2つ目、ムリめな目標を立てて、それを達成する、です。

これは、私がよく例に挙げてますけど、年間100冊の本を読んで、書評をSNSにアップするのだ!という、ちょっとムリめな目標を立てて、それを達成しました。

ただ、そのときは、師匠からかなりキツい動機づけがあったんです。

年間100冊以下の人はサル以下!

これ、衝撃的でしょ。

 

当時の私は真面目でしたので、「師匠の言う通りやってやる!!」という勢いで、この100冊という目標を持っていることをSNSで投稿してから、やり遂げましたね。

これはかなり達成感がありました。

ドラクエで言えば、レベル20くらいあったのに、パニック障害になって、レベルが一気に5くらいまで落ちたのに、またこの100冊達成で、経験値がかなり手に入ったので、レベルがまた15くらいまで上がったような感覚がありました。

ドラクエ知らない人になんのこっちゃ、だと思いますが、要はムリめな目標を達成することで、経験値が得られて、その結果として、自信を得ることができた、ということなんです。

 

じゃあ、最後にこう思ったかもしれません。

「パニック障害で自信を失ったしれないけど、自信を取り戻せば、パニック障害は治るの?」

ということですね。

これはですね~、即効性は少ないけど、あとでじわじわとボディーブローのように効いてくる、ということです。

 

パニック障害の治すのに、実はもっとも精神的にしっかりしなきゃいけないときは、残遺症状のときなんです。

私は今でも残遺症状が出ますけど、そうときに、自信がないとす~ぐにへこんじゃうんです。

だから、自信が必要なんですね。

 

今回のお伝えしたような自信の付け方は、電車のすぐに乗れるようにはならないかもしれません。

でも、そういう目先のことに対してではなく、もう少し先、パニック障害の症状をある程度コントロールできるようになって、じゃあ、次にステージにいくときに自信は必ず必要になるときが来ます。

そのときに慌てないために、今からちょっとずつ準備していきましょう!

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せる!」無料メールマガジン(毎日配信)
登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
ブログでは言えないことを毎日お伝えしています。(いつでも解除できます!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキングにご協力ください!
⇒ 「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」のブログランキングを見る
ブログランキングの順位を見てみて下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

最後まで読んでいただきありがとうございます!


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。