パニック障害を治す人がだけが実践している妻と上手に付き合う方法とは?

家ではクッション担当の私。

ADHDグレーの息子と女子っぽい妻と一緒にいる毎日。この二人はすぐに二人はケンカするんです。

いつも二人のなだめ役になってます。

会社から家に着いてドアを開けると、なぜ二人それぞれ別々の部屋にいる。

なんともない顔しているけど、「いやいや、君たち喧嘩したっしょ!」ということもしばしばです。。

子供はほめれば簡単に機嫌を直すので楽!でも妻を盛り立てるには褒めるだけでは上手くいかない。

なんで上手くいかないと思います??

(今回はパニック障害と無関係!)

1.話しを聞くだけでも大変!

女性は共感をもとめる生きものだとよく言われますよね!?

男性は女性の話しをただ聞いているだけでいいのです、という記事はよく見かけます。

もはや見飽きただろう!と思いますが、そんな記事がまだ世間にはびこっているということは、頭では分かっているのに行動できない男性が多いからです。

話しを聞くだけ、これって本当は難しいことなんです!

2.悩むことが好き?

こんなこととても妻に面と向かって言えないですが、妻から相談されることって大抵たいしたことじゃないですし、私がだからなのか、悩み続けているのって無駄じゃない!?って思うんですよ。

悩んでるくらいだったら、さったとゴールを決めて走り出した方が良くない!?って思うんですよ。

「そんなことでいつまで悩んでたって仕方ないじゃなん!」

と男からしたら思うんですけど、女性はねー、悩みを生み出していく生き物なのかな~と思うときがあります。

3.うちの出来事

最近うちでこんなことがあったんです。

仕事から帰ってきてパッと息子の顔を見ると、普段は一重まぶたのところが、二重まぶたになっていたんです。

息子の場合、これはあるサインなんです。

何のかというと「風邪」をひくサインなんです。

息子の二重まぶたを見て不安になるのは妻なんです。

「えー、また風邪のひいちゃうの、いやだよ、もう~」と始まるわけです。

いつもこの流れを見て毎回思うのは、

「別に幼稚園を休めば済むのだからいいじゃん!」と思うんですけど、そんなこと言ったら絶対にスネちゃうことは想像がついているんです。

うちはちなみに専業主婦です。

でも、この日は思わずポロっと考えていることが口から出ちゃったんです。

「明日休めばいいじゃん。」

どうなったと思います?

4.口をきいてくれなくなった

「やばい言ってしまったぁ」と思って、さ~~と静まり返る音が聞こえてきて、さっきまでしゃべっていた妻が黙りました。。

それから数日間くちを聞いてくれませんでした。。笑

そんな女子っぽい自分をちょっとかわいいと思っていそうな妻。

「いやいや、もう少しさっぱりした性格がいいっす」と思いますよ。

5.共感か解決策か

この経験から妻と会話するときは今まで以上に考えるようになりました。

妻がしゃべるだすとこう考えるんです。

「今回は共感してほしいのか?それとも解決策がほしいのか?」

これを間違えてこっちが喋ってしまうとどんどん悪い方にいってしまいますから。

解決策なんてことはほぼないっすよ~、共感です!

妻が喋りだしたら「共感してほしいの?」と聞くのが楽ですけど、そんなこと聞いたら「もういいっ!!」と言って怒りそうなんで察するように気を付けてるんです。

女の子は、しゃべらないと落ち着かない生き物なんでしょう。

6.まとめ

妻との会話にはたくさんの地雷が埋まっていますが、油断せずに進んでいけば爆破されずにゴールに着くことができます。

必要なアイテムは共感です!

「ちょっと考えすぎでは!?」

と思う人もいるかもしれませんが、そう思った人は残念ですからぁ!!

「あいつ全然分かってないんだよねー」と妻さんに影で言われてますよ~

いや、俺もだったりして~。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力していただけるととても嬉しいです!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力していただけるととても嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。