パニック障害は両親が原因!もういいかげんして!

こんにちは。鹿内です。

あなたがパニック障害になったのは何のせいでしょうか?

パニック障害になるほどストレスを受けてきたのは、誰のせいでしょうか?

これら質問に自信をもって答えられますか?

 

もう一度聞きます。

パニック障害になったのは誰のせいですか?

 

親ですか?兄弟ですか?

 

私は幼少期のころ、親から注目されたくて、勉強に励んだことがあります。

褒められたくて頑張りましたし、できるだけ親に心配をかけないように、親を困らせるようなことはしませんでした。

泣き言を言いたときも、そんな姿を見せたくない!って思って我慢したのです。

我慢によるストレスはかなりあったと思います。

 

「迷惑をかけたくない」という思考が、パニック障害の原因になったことは間違いありません。

「迷惑をかけたくない」という思考が、社会人になってからものすごくストレスになりました。

 

親のせいだと言いたい!

 

でも今になって、こんな思考になったのは、親が悪い!と言えるのでしょうか?

 

私【絶対にNO!!】だと思います。

 

なぜなら

親のせいにしても、パニック障害が治らないから

です!

 

親の責任にして、パニック障害が治るなら、親のせいにすべきです。

  • 「あなたたちのせいで、パニック障害になるような性格になったじゃないかっ!!」
  • 「あなたたちがこっちを見てくれないから、パニック障害になったじゃないかっ!!」
  • 「あなたたちが他の兄弟ばかり見ている、パニック障害になったじゃないかっ!!」
  • 「どうしてくれるんだよ!オレの人生を返してよ!」
  • 「オレの時間を返してくれよっ!!」

 

でも、こんなことを考えて、親のせいにしていても、パニック障害は治りません。

もう気付いていると思いますけど、兄弟のせいにしてももそうです。

 

パニック障害になった理由を、家族のせいにしていて治らないんです。

 

これは嫁も、そうですし、子供もそうです。

おじさんも、おばさんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、

会社の同僚も、会社の上司もそうです。

クリニックの先生も、クリニックの看護婦さんもそうです。

みんなのせいにしていて、パニック障害が治ることはありません。

 

人のせいにしていても、パニック障害は治らないのです

 

誰かを恨んでいても、意味がないのです。

誰かに目を向けていても、なにも変わらないのです。

 

目を向けるべきは、あなた自身なのです。

 

あなたには、他の人にはない、あなただけのストレス増幅器を持っているのです。

この増幅器はなにきっかけに動きだすのかを見つけ出して、スイッチを切らない限り、ストレスが減ることはありません。

 

きっかけを見つけ出すには、周りの人を見ていても、見つかりません。

自分自身に目を向けないと見つかりませんし、スイッチの存在にも気づけません。

「なぜ、私は、目の前の出来事に対して、こんなにストレスを感じるのか?」

なぜだと思いますか?

この答えは、クリニック先生でも分かりません。心理カウンセラーでも分かりません。

この答えを見つけられるのは、あなただけなんです!

見つけようとしてください!

見つけることに時間を使ってください!

もう、周りの人は関係ないですから!

あなたは、あなたにしか見つけることができない、あなただけの答えを見つけることに集中してください!

諦めなければ、きっと見つかりますよ!


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。