パニック障害でも新幹線に乗れる方法

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

私はパニック障害で悩んでいたころに頻繁に大阪出張に行かされていたんです。

その頃はシステム保守をしていて、大阪には予備のシステムがありまして、そのメンテナンスをするために出張に行っていたんです。

システムって災害などが起きたときでもシステムが止まらずに継続させるために複数の拠点にサーバを分散させて管理しておくもんなんです。

東京にあるシステムが被災して使えなくなったとしても、大阪に予備システムがあれば、それを稼働させることによって、システムが止まらずに継続させられるわけなんです。大規模なシステムであればほぼこのような形態をとっていますよ。

それで最初に「大阪に行け~!」て言われたときは死ぬほど不安でしたよ。

だって、まだ急行電車にすら乗れない体調だってので、どうしようどうしようと必死に考えましたよ。そしたらおぼろげならが名案が思いついたのですね。

それを心掛けたところ、片道2時間半の新幹線を乗り続けることが出来たんですね。今回はそのときに見つけた新幹線の乗り方と心構えについてお伝えしていきます!

1.新幹線の中は実に快適

新幹線の中ってかなり快適だと思いませんか?700系のぞみなんかは内装がすごくきれいだし、座席の座りごこちもいいし、隣の人との距離がそんなに気にならない程度に離れていますしね。

そしてパニック障害のサラリーマンとしてはなによりトイレがたくさんあって嬉しかったし、しかもキレイじゃないすか!しかも、トイレだけでなく洗面所もあるじゃないですか!もう完璧でしたよ。

体調に異変を感じて「あれ?おかしいな?」と思うとなんだか自分の顔を見たくなりませんか?顔色は悪くなっていないか?目の焦点がおかしくなっていないかと確認したくなりませんか?

そんなときもで大丈夫。わざわざ顔を見るのに分かりずらいスマホで見なくても、近くの洗面所でみればいいわけですから。洗面所の鏡はとても大きいですし、光がばっちり照らしてくれますからね。本当に安心できましたよ。

しかも新幹線で洗面所に長時間いておかしな人としては見られないじゃないですか。洗面所で一人になって息を整えたくなることもありましたよ。そんなときカーテンを軽く閉めておけばなんの問題もありませんから。

洗面所で気持ちを落ち着かせる方法として私がやっていたことは、タオルをかるく濡らして顔を拭いたり首回りを拭くと少しヒンヤリする感じでリラックスさせたり、ゆっくりとうがいをしてましたね。

洗面所の充実具合は、パニック障害のサラリーマンにとって本当に落ち着ける場所でした。

2.最悪の事態に備えて覚悟が必要

そんな新幹線であっても最悪のことが起きた場合のことをちゃんと考えておかねばなりません。最悪とは発作が起きてしまってどうしても抑えることができずに下車したい衝動に駆られてしまうことです。

そんなときはどうしたらいいと言うと、実はそうなる前に覚悟を決めておく必要があるんですよ。
どんな覚悟かというと、トイレの中にちょうど便器と同じくらいの高さのところに赤いボタンが備え付けられていることを見た事ありますか?最悪あの赤いボタンを押して車掌さんたちに迷惑をかけるかもしれない!と覚悟を決めておく必要があるんですね。(もちろん押したことはないです)

私はこの覚悟がずっと決めきれなかったんです。人ととして当たり前なんですけども、人さまに迷惑をかけることにものすごい抵抗がありまして最悪のシナリオが新幹線を止めて救急車で運ばれてしまう?なんてことは絶対にあってはならぬ~!

確かにそうなんですけども、体調に絶対はないからどうしようと悩んでいたときに、あることを考えてとても気持ちが楽になったんですね。

どんなことを考えたかというと、きっとこの赤いボタンは食中毒のような強烈な症状でトイレでのたうち回っているような人も押すだろうなと思ったんですね。

そんな人はずっと吐きっぱなしだろうから「もう耐えられない、下車したい」と思って赤いボタンを押す人がいるだろうと思ったんですね。

はっきり言ってこんな人は、パニック障害の私なんかより無責任だと思ったんですよ。だって、食中毒ってある程度、自己責任なところがあるじゃないですか!

だから、オレよりも無責任な人がこのボタンを押すかもしれないんだから、オレが押したて怒られないしょうよ、と考えられるようになったら、このボタンを押せる!と覚悟を決めれたんです。

覚悟を決めることができたので、新幹線に乗る勇気が湧いてきて、約2時間半の新幹線を耐えることができたんです。

この一連の思考を見てみると、パニック障害になると本当に面倒くさいな~と思いますけども、でもね、こうやって自分のことを納得させていかないと行動できないからしょうがないんですよ!

でも、こんな回り道の思考ばかりしていた自分のことは嫌いじゃないですよ。笑

あなたもこんな思考をしてみることで怖がっていた乗り物に乗れるようになるかもしれません。試しにやってみてください。

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」無料メールマガジン(毎朝8時配信)
登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
ブログでは言えない情報を無料でお伝えしています。(いつでも解除できます!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキングにご協力ください!
⇒ 「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」のブログランキングを見る
ブログランキングの順位を見ることができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

最後まで読んでいただきありがとうございます。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。