パニック障害と向き合うにはまずは自分のことから!

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

今回は「パニック障害と向き合うにはまずは自分のことから!」ということでお伝えします。

記事の後半にパニック障害を良くする必殺技をお伝えするので、最後まで読んでいってください!

 

パニック障害と向き合うにはまずは自分のことから!

パニック障害についてこういうことで悩んでいませんか?

 

  • このまま電車に乗れなくなったらどうなるのか?
  • 親兄弟、上司、同僚に言わなくてはいけないのか?
  • もし言った場合にどうなるのだろうか?

 

将来のことをあれこれ悩んでしまう・・・。

考えれば考えるほど負のスパイラルに落っこちていく・・・。

そして、気づいたら、

いつのまに30分とか1時間たってたっ!!

なーんてことがありませんでしたか?

 

そんなときって、

いつのまにか頭の中でその場面を何度も練習していたりして・・・。

 

  • 上司にどうやって伝えよう?こう伝えたら伝わるかな?
  • 親にどう伝えようか?こんな風に言ったら分かるかな?

 

なんて感じで。(私はよくありました笑)

この頭の中の練習は、

 

  • 自分から考えたいと思って考えていたのか?
  • それとも、なにか考えさせられているのでしょうかね?

 

どっちだと思われますか?

 

私の感覚では明らかに、

何かに考えさせられていた

んです。

 

では、その何かとは何か???

 

それは実は、

無意識に考えてさせられていた!

んです!

 

もっと言えば、

無意識が勝手に私のことを乗っ取って、思考をコントロールしていた!

ということなんです。

 

・・・・・なにそれ?と思いますか?

 

ならば、別の言い方をすれば、私は飛行機に例えると、

パイロットが私から、無意識に変わった

と言えます。

 

・・・・・もっとよく分からん。

 

んーさらに混乱してしまいましたかね?

 

ではもっと分かりやすい例で説明していきます。

 

無意識の分かりやすい例

部屋でテレビを見ていたときに、

「あートイレ行きたいな」

と思って立ちあがったとします。

立ちあがって1分もしないうちに、戻ってきたと思ったら、

手の爪を切っていた!!

なんてことありませんか?

他にも、なにか用事を思い出して、それをやろうと思ったのに、

気付いたら食器を洗っていた!!

なんてことありませんか?

 

お茶を取りに行こうと立ったと思ったのに、

「お菓子を食べていたっ!!」

なんてことありませんか?

 

これら全て無意識がなせる技ですよ!

 

やろうと決めたことが、いつのまにか別のことにすり替わっている。

これは無意識があなたのパイロットになった証拠です。

なんとなく無意識の存在がぼんやり見えてきたかと思います!

 

でね、

僕らはこの無意識に苦しめられていることがある!

ということなんです。

 

僕らはこの無意識に苦しめられていることがある!

パニック障害の場合、

無意識に行動や思考を繰り替えていると、どんどんネガティブな方向に行くことがあります。

 

  • 将来が不安であるとか
  • 自分はなんてダメなんだとか、
  • 弱いんだとか

 

そう考えているうちに、どんどん凹んできます・・・。

 

無意識に自分の首を絞めちゃっていることがあります。

 

  • もう会社に言わなければアカン!!
  • 人生終わりやっ!!(なぜか関西弁)

 

こんな思考を繰り返してしまうのもの。

こんな思考を繰り返していたら、誰だって、メンタルをやられますって!

 

つまり、あなたは、無意識にやっている行動や思考によって、どんどん悪い方にいっているかもしれないんです。

 

無意識に考えてしまっていることに気付く

だから、無意識に考えてしまっていることに気付く必要があるのです。

 

私はある方法を使って、無意識の行動を減らすことができました!

 

無意識にしていた行動を減らせるようになった結果、パニック障害の症状が少しずつ落ち着いていきましたっ!!

 

電車にも乗れるようになったし、会社で同僚や上司と会話するのも恐くなくなっていきました。

 

これはとても簡単で今すぐにでもできる方法なのです!

しかも、誰にでもできる方法なんです!!

 

この無意識の行動を減らせる方法、知りたくないですか?

私ですでに実証済の方法を知りたくないですか?

 

もちろん、今日お伝えします。

 

無意識にやっていることの気付く方法

少し怪しいですが、この技は実証済ですから、心配しないでくださいね笑

これの方法は秘密だよと言われたのですが、特別のお伝えしちゃいます!!

 

それは

必ず声に出してから行動する

んです。

 

3つのステップで構成されています。

 

  • ①これからやることを声に出して宣言する。
  • ②やることが終わったら「完了しました」と声に出す
  • ③「できた!」と出来たことを喜ぶ。

 

これをやると無意志にやっていることが減るんです。

そして、同時に

オレは宣言したことができる男だ!

という新たな自己認識が刷り込めんです!

 

具体的に3つのステップはこうです。

たとえば、

  • ①「私はこれからごみを捨てます」と声に出す。
  • ②捨て終わったら「完了しました!」と声に出す。
  • ③そのあとに「できた!」と声に出してガッツポーズを取る。

 

こんか感じです。カッコの中をいろいろ変えてやってもらえれば良いんです。

 

私の場合はいろいろ使いました。屋外で独りごとを言うのは恥ずかしいので、家の中でやってました笑

 

  • トイレにいくのも、
  • 風呂に入るのも
  • パソコンを使うのも、
  • 冷蔵庫を開けるのも!
  • みかんを食べるのも

 

大切なことは

無意識の行動をしていることに気付くこと

です。

 

ま、やってみてくださいな!

 

応援しております。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!




★人気ブログランキングにご協力ください!





このブログは人気ブログランキング(パニック障害カテゴリー)に参加しています。

あなたのクリックが1票となりましてブログランキングに影響してきます!

いつでも押すことができますので、リンクをクリックして1票を入れて下さい!




★にほんブログ村ランキングにご協力ください!





このブログはにほんブログ村(パニック障害カテゴリー)に参加しています。

あなたのクリックが1票となりましてブログランキングに影響してきます!

いつでも押すことができますので、リンクをクリックして1票を入れて下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。