パニック障害を克服するために必要な考え方とは?

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

車の運転の話の続き。

昨日は車で川越まで行ってきたんです。

嫁のお母さんの誕生日プレゼントを買うためと
小江戸川越の通りで食べ歩きのために!

アイスクリーム、シュークリーム、
ホットドッグをみんな食べてまくりました笑

ポスターと匂いに誘われて、

入口でみたらし団子を焼いているお店に入りました。

しばらくすると突然、3歳の息子が、

「おじいちゃんは何を作ってるんですかぁー?」

と可愛らしい声で
団子を焼いているおじいちゃんに話かけたのです!

そうしたら、その店で買い物をしていた
おじいちゃん、おばあちゃんがめちゃめちゃ喜んで

「しっかりした子だねー!」

「かわいい子だねー!」

なんて言われて、息子は鼻高々になっていました。

このシーンを見て、

オレのDNAが受け継がれているわーー
って思っちゃったんです。

なぜなら、自分も小さいころに
おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶことを言って
盛り上げてたなーと思い出したのです。

チヤホヤされて調子に乗っていたことを思い出しました。

このまますくすくと成長して、

ま、まさか将来ぃぃ

パニッ・・・・・に!!

と妄想してしまったーー

まあでも、もし、なっても治し方を教えるし
兆候は誰よりも分かるから任せとけ!
なんて鼻息を荒くしました。
(これは親バカと言えるのか。)

それはさておき。

車を運転していて、さらに気づいちゃったんですよ。

繰り返しますが、この障害をもつ人は
車を運転することは命にかかわりますから。

運転中に発作が起きたら
運転ができなくなるかもしれないからです。

もう、そんなことを考えただけで運転なんてできませんよ!

めちゃくちゃ恐ろしいっすもん!!

だから、ずっと車を運転ができなかったんですね。

でも最近、運転できるようになって

あーなんか運転しているときの景色が違うわーって思ったんですよ。

それは

目線が、

周りの景色をボーンやり見ているんです。

意味わかりますね。

何を見るともなしにぼんやり景色を見ながら運転していたんですよ。

細かいところはあまり気にせず、とにかく全体的な様子を見るようになっていたのですね。

当時の運転と比べると

例えば、

車間距離はこれだけを保たねば!!

道幅に対して車がちゃんと中央に来るようにせねば!!

バックミラーの位置はここじゃなきゃ絶対にダメだ!!

なんて感じで、運転中に細かーーいところにばかり気になっていたのです。

運転中の集中力は高いんだけど、すぐつかれてしまうことがよくありました。

それで、今日納得したんですよ!
あーーー、なるほど。

パニック障害だったころって、細かいところに目が行きすぎていたんだ!!

全体を見ることってスゲー大事なスタンスだと気づいたんです!

細かいところはあまり気にせず、全体を捉えることに意識する。

この考え方って、パニック障害を克服するカギなんじゃないかなと思ってるんですよねー

さらなる秘密をメールマガジンでこっそり公開しています!
→ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
リンク先のページからメールアドレスを登録していただければ
平日に限りメールマガジンを受け取ることができます!

ブログランキングにご協力ください!
→ http://blog.with2.net/link.php?1892074:1508
リンクをポチッと押してください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。