パニック障害を克服するのに大切なこととは?

こんにちは。

鹿内智治(しかうちともはる)です。

 

◇◆今日のテーマ◆◇

「パニック障害を克服するのに大切なこととは?」

 

答えはとてもシンプルで、

 

▼ 小さな自信を毎日積み重ねることです。

 

私の当時の話をしますね。

パニック障害の症状がもっともひどかったときは

各駅の電車に乗っていることができませんでした。

だいたい6、7駅超えたあたりで

 

▼ 降りたい、降りたい

 

と心の叫びが始まり、一旦ホームに降りて

余裕があれば、同じ電車に別のトビラからもう一度乗ったり

余裕がなければ、ベンチに座って電車をやり過ごすことをしていました。

 

あなたなら分かると思いますが

こういうときって

 

▼ 自分に凹むんですよね

 

自分を信じられなくなるというか、自信がそぎ落とされていくような感じです。

 

▼ 今日もダメだった、今日もダメだった、…

 

これを繰り返しているともうあきらめてくるんですよね。

もうオレの人生終わったなーって。

もう会社に言って楽になりたいなーって。

 

でも、私はあきらめませんでしたね。

悔しいじゃないですか。

なんで俺だけって思うじゃないですか。

また負けっぱなしなんて嫌だって思うじゃないですか!

だから、いろいろな本で勉強したり

セミナーに言ったりして学びました。

それで、本当に偶然なんですけど、たまたま出たセミナーで

 

▼ 呼吸法が健康に良いし、人生に良いのだよ!

 

というのを聞いて家で練習を始めたのです。

もうこのときは無我夢中でしたね。

だってパニック障害を治す方法が分からないわけですからね。

まわりはみんなクスリを飲むべきだーって言ってるんですもん。

私はすでに、クスリは絶対に嫌だ!と医者に言い放って怒って帰ってきている状況でしたからね。

とにかく手当たり次第にやってみたのです。

 

それで、教わった呼吸法を自宅で練習していたら、なんだかリラックスできたわけですよ。

なんか楽になる感覚があったのです。

 

▼ なんかいいわー

 

呼吸法は合うなーって感覚があったのです。

それで、ある日、各駅の電車に乗っているときに、たしか会社の帰りの電車です。

5駅ほど乗っていると、いつもの恐怖感がやってきました。

 

▼ いつもの降りたい、降りたいがやってきました。

 

来たな、来たなって感じです。

正常に考える思考が徐々に奪われました。

なんか少し宙に浮いている感覚になりました。

肩から背中にかけてざわざわし始めました。

胸が締め付けられ始めました。

降りたい!!

そう思ったときに、よしっ!!っと思って呼吸法を始めたのです。

 

▼ 7秒吸ってーーーーーーー

(フー―)

(フー―)

▼ 7秒吐いてーーーーーーー

(スー―)

(スー―)

▼ 7秒止めてーーーーーーー

(ーー―)

(ーー―)

 

そして、これをずっと繰り返したら、恐怖感が大きくならなかったのです。

だから、やり続けました。ずっと。

 

すげ!!なんだこれ。いいぞ。

ただ、やっぱり降りずにはいられず、いつも休憩する駅より3駅先の駅で降りてしまいました。

でもプラス3駅ですよ!

 

今まで降りずにいられなかったのが、呼吸法で長く乗り続けられたじゃん!!

大発見だ、これは!!って感じでした。

 

▼ 呼吸法ってパニック発作にも効くじゃないか!

 

もう嬉しくて仕方ありませんでした。

これを毎日続ければ、電車を降りずに済むのではないか?

この仮説は立てている時点で大きな一歩でした。

 

私のターニングポイントはパニック発作を抑えた呼吸法です。

呼吸法によって、

 

▼ 自分は電車に乗り続けられるかもしない!

 

という小さな自信を少し取り戻しました。ほんとうに小さなことからでした。

小さな自信の積み重ねでした。

これを毎日毎日続けて

少しずつ乗り続けられる駅が伸びていきました。

 

その時は嬉しかったですねー

たまに体調によって増減がありましたがね。

少しずつ前に進む感覚が嬉しかったですね。

 

自分なりの小さな自信を発見して積み重ねることが

パニック障害を克服するのにものすごーーく大切なのだと

実体験からそう思います!

 

◇◆編集後記◆◇

最近パニック障害を数か月で克服する方法を教えます的なものをよく見かけます。

なんか違うと思うんですよね。

 

パニック障害を克服するのって超大変ですから。

原因は個人個人で超込み入ってますし。

個人個人の深層心理まで入って本当のネックを見つけない限り治らないと私は考えています。

私のネックは別のときにお話ししますね。

 

自分はまじめに取り組んで克服するのに3年はかかりましたから。

すこしショートカットできたとしても2年はかかると思っていた方がいいとおもいますよ。

もっと言うと、克服までにはパニック障害歴と同じくらいの期間がかかるのでは?とも思っています。

 

だってそれくらい大変な病気ですよ。

それくらい心をすり減らしていく病気ですよ。

例えるなら、言い方はきついかもしれないですが、借金をし続けているようなものです。

借金を返していくのってスゲー大変ですよね。

(すいません、私は借金をしたことはないですので、雰囲気で言っています。)

 

やっと借金していることに気づき、返済計画を立てて毎月少しずつ返していくわけです。

その借金を返すのに、宝くじを夢見ても、そんなものは現実にはないのですよ。

まず利子を少しずつ返していく。

利子が終われば元本を返していく。

日々の月収から少しずつ捻出して返していくじゃわけじゃないですか。

 

数か月で治せますって魔法かって話じゃないですか!

私は、はっきり言って克服する!のは数年かかる、と思っています。

でも、予期不安を軽減して日常生活を楽にすることは1カ月で可能だと思います!

 

▼ 何をしたらいいかって?

 

だからテーマに書いているじゃないですか。

呼吸法です。

 

不安だなー、嫌だなー、降りたいなー、逃げたいなー

そう思ったら、呼吸を整えてください。

 

きっと呼吸が浅くなっているか、余分に息を吸い過ぎているかだと思います。

7秒吸って、7秒吐いて、7秒止める。これを繰り返してください。

呼吸は吐くことと止めることとが大切なのです。

酸素は十分に吸えてますから。

ちょっと止めたくらいで、死にはしませんから、安心してください!

 

きっと、徐々に楽になります。

楽になることを知れば、自然と電車やバスに乗れるようになりますよ。

だからは数か月でパニック障害を克服するのをサポートすることはできないけれど

予期不安を抑えてクスリなしで乗り物に乗る自信を取り戻すことは1カ月で可能だと思います!

 


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。