パニック障害を治したいなら続けないと!

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

今日も「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」へようこそ!

呼吸法、認知行動療法、暴露療法に手を出してすぐに止めてしまう人がいらっしゃいます。

ん~。。と思うわけです。

 

「なんでそんなにすぐに止めちゃうの?」

 

と思うわけですよ。

何ごともそうですけど、続けていないと効果が出るわけなんてないし、成果を手に入れることなんてできないですよね。

なんか少しでも悪いことが起きたりすると、止めてしまうケースがありますね。

これすご~くもったいないんですよ。

 

新人のころにこんな先輩がいました。

その先輩は、部長からめちゃめちゃ気に入られて、あきらかに他のメンバーより手厚く目をかけられていました。

理由は明らかでして、もう、優秀だったからなんですよ。

プレゼンをやらせれば、説得力があるし、会議での発言力があったし、技術についても家で研鑽をしていて、後輩からも上司たちからも信頼されるような人でした。

ただ、体格はずんぐりむっくりしていて、背は160くらいで小柄な人でした。

 

片や、私なんかは、も~目の敵にされるんですよ。

「お前はなんで、彼のようにできないんだ~」

みたいな。腹立ちましたよ~。でも、実力の差は明らかだったんで、

「すいません。頑張ります」

としか言えませんでした。

 

その先輩は、上司たちから、確実にエコヒイキされていました。

きっと、将来の幹部候補にする、なんて話しがあったと思いますよ。

 

でも、な~んか、見ていて、もろそうな感じが私はしていて、な~んか、か細いという印象がありました。

私なんか、どちらかと言えば、しごかれて育てられてきましたが、その先輩は明らかに褒めて褒めて育てられていました。

 

私がまだ目が出ないころに、その先輩はすでにプロジェクトのリーダーを任されるようになっていました。

その先輩は、コンセプトを作るのも上手かったし、技術的なスキルも高かったので、プロジェクトはどんどん上手くいっていました。

でも、あるときに、そのプロジェクトが大きな壁にぶつかったんです。

技術的な制約が見つかってしまって、今のコンセプトでは、これ以上、先にすすめないという状況になったんです。

その先輩は、あれこれと必死でリサーチをしたり、もっと上の技術者とコンタクトを取ったりして、なんとか、突破口を見つけようとされていました。

でも、結局、ダメであることが分かりました。

そして、そのプロジェクトは一旦、中止になりました。

 

そのあたりからですね、先輩が、休みがちになったのは。

 

いろいろと理由をつけて、休んだり、遅刻してきたりするようになったんです。

最初は、職場の雰囲気は寛容でした。

「誰にでも、そういう時期はあるよね」

でも、2カ月くらい経っても、フラフラしていたので、職場の空気も冷めていきました。

「もう、ちょっと。ダメかな~」

 

その転落っぷりを横で見てみて、思いました。

 

簡単にあきめすぎ!!

 

私のその先輩に対する嫉妬も入っているし、私の能力不足もあったけど、私はその先輩の100倍は怒られていました。

ま~じ~で、凹む毎日でしたよ。

やることなすこと、いちゃもんつけられる毎日でしたから。

どんどん自己重要感を失っていました。

 

かたや、褒められて、やさしく、丁寧に育てられていた、その先輩が、山から転げ落ちる様子を見て、

 

でもまだ、1ラウンドも終わってなくない!?

 

と思ったんですよ。まだまだこれからじゃん、と思ったんですよ。

 

パニック障害についても同じですよ。

パニック障害を薬以外の方法で治そうとするときも全く同じです!

 

いろんな方法を試していて、上手くいかないことだって、ありますよ!

でも、それを止めしまっては、な~んも変わりません。

1回目は上手くいかなくなても、2回目は上手くいくかもしれないじゃないですか。

諦めたら、ダメっすよ。

諦めたら、試合終了ですよ(安西先生)

 

ほ~んと、この先輩を見てみて思ったのは、

 

長く続けることが重要である

 

ということですね。

私も当時は怒られまくってました。

でも、今では成長して、注意する方の立場ですし、エコヒイキされている側になれたんです。

これはどう考えても、パニック障害なんかに負けずに続けてきてきたからだと思うんですよ。

 

先日、FACEBOOKを読んでいて、こんな文章がありました。

孫正義さんの言葉なんだそうです。

 

「傷のない人生などない。試練を乗り越えた後は、その傷さへ誇らしく思えるものである」

 

まさにその通りだと思います。

私はパニック障害という病気に対して、心の底からそう思っています。

 

あなたにもこの言葉が充分に味わえる日が来ることを願っています。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。