パニック障害を治してみて分かった事1

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

今日も「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」へようこそ!

 

昨日はクリスマスでしたが、どんなふうに過ごしたでしょうか。

いやー今年も、さいっこうのクリスマスが送れましたよ!

うちの4才の息子のことをちょっと話させてください。

 

まえまえから「トーマス」にずっとハマっていたんですけど、今月から「チャギントン」にのりかえましてチャギントンが見たいー!と言い始めたんです。

よし!ということで、クリスマスプレゼントは、チャギントンのDVDを買ってあげることにしました。

20日ごろに買っておいて、昨日25日になりました。

 

この日は朝5時ごろに起きまして、息子の枕元にプレゼントをセットしました。

まだ息子はスヤスヤ~と夢の中。

 

しばらく待って7時半ごろですかね、寝室に扉を開けてみると、まだ息子は寝てましたが、嫁は起きてました。

枕元のプレゼントを指さして、お互い「OK」のサインをしていると、息子がむっくと起き出したんです。

 

よしよし、ビデオー、ビデオー、と用意していたビデオをセット!録画開始っ!!

寝起きがよかったので、プレゼントに気付いてもらうように、話しかけました。

どうしてこう、親ってのは、子どもをせかしちゃうでしょうかね。笑

 

鹿内
おはようー、今日は何の日ですか~?

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

息子
わかんない!ママ、今日なんの日?教えてっ!沖縄行く日?

息子は幼稚園の友達が沖縄に行ってから憧れるようになりました。

 

鹿内
昨日、従兄弟は何もらっていた?

(昨日、従兄弟はすでにクリスマスプレゼントをもらっていました。)

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

息子
わかんない!わかんない!

まーそうだよな、すぐに思い出せないわなーと思いつつ。

なんか親ってこういうときに誘導したくなっちゃうんですよね。

 

鹿内
枕元に何か届いているよ~

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

息子
わかんない!わかんなーい。。。なにこれ?

 

鹿内
何か手紙ついてるよ!
息子
イ~ヤだ!!

 

鹿内
開けてみる?
息子
うん、一緒に開けてみる。ママ、一緒に開けたいの!こっちに来て、来て!

ママの手を引っ張りながら、プレゼントに近づきました。

そして、プレゼントのひもをほどき始めました。

 

でも、このひもが固くて、ほどけませんでした。

(んーーーもうーー!!)

 

息子
かたい!あーけーて!

 

嫁が開けていると、

 

息子
サンタさんがもってきてくれたんだ!

(やっと気付いたか!!)

 

鹿内
それなに~?

と促すと

 

息子
あっ!!チャギントンだ!!チャギントンのDVDだ!やったー!!
鹿内
やったねー!!

 

息子
チャギントンのDVDだ~!
鹿内
サンタが来てくれたんだね!!

 

息子
わーーーーい!!やったーーー!!さっそく見るー!!

 

もう、満面の笑みでした。

この笑顔のために毎日頑張って働いてるんだよー!、と噛みしめるわけですね。

 

パニック障害で得た事は、まさにこれだと思っているんです。

 

「家族の笑顔で幸せになること」

 

パニック障害で苦しんでいたときって、ざっくり言うと、自分が幸せになってはいけないような気がしてました。

しかもその幸せは、家族と過ごすことではなくて、仕事で成果を出したこと、なーんて思い込んでいたんです。

当時はまだ会社で評価される存在ではありませんでした。

なので、焦っていたし、家族のことなんかよりも、まずは会社で認められること、それが優先だと思い込んでいました。

 

もちろん、仕事で認められることは大切だけど、それよりもまずは、目の前の人を幸せにすること。そして、そのあとに、自分が望んでいることを叶えていくこと、この順番が私にはピッタリ合ったんですね。

今でもパニック障害だったら、この瞬間を大切しよう!、なーんて思わなかったですよ。そんな余裕がきっとなかった。

 

まずは目の前の人を幸せにすることを考えること。

この大切さをパニック障害が教えてくれたように思うんです。

 

あなたがパニック障害で悩んでいるんだとすると、私にできるアドバイスは、

まずは目の前を笑顔にすることから始められてはどうでしょう、と言いたいですね。

 

とても当たり前のことですが、当たり前のことをやることって、ほんとーに大変ですよ!

分かっちゃいるけど、できないのっ!!ということが、世の中ほとんどじゃないですか!

 

私と同じように働き過ぎている人は、今は大変だと思うけど、残業せずに家に帰ることをしてみてほしいっす。

帰りの電車の中で悩むかもしれません。

あーあの仕事が終わってないー、これも終わってないー、なーんてね。

落ち着かないかもしれません。でも、そこを我慢して家に帰るのです。

 

家に帰っても、嫁は優しくないかもしれません。

子育てで疲れていたり、何か別に理由でイライラしているかもしれません。

でも、何も事でもそうですが、なにかをしてほしかったら、まずは自分からそれを与えないと!

優しくしてほしかったら、自分から優しさを与えないといけないんですね!

ほんとーに不思議なことなんですけど、人に優しさを与えるとですねー、返ってくるんですよー。これマジですよ!!

 

まずは嫁に優しくしてください!

まずは嫁と仲良くなること!家族の最小単位は夫婦ですから。そこから始めましょう。

 

今だから言えますが、私はパニック障害になったことを全く恨んでません!

というか、パニック障害なんてものは、最初からなかった。

だって、見えないし、匂いないし、触れられないし。

 

あなたの中にあるだけなんですよ。

でもそれを知覚することでないわけです。

じゃあ、それってなんなの?

 

これは断言できるんですが、パニック障害はあなた自身なんですよ!

パニック障害が起きる原因は、あなたがあなたを傷つけているからなんですよー!

 

私はこの数年間、ほんとにそのことを毎日感じています。

パニック障害を治す究極の治療法は、あなたがあなたに優しくしてあげること、なんですね。

 

ちょっと、抽象的すぎか。

なんか怪しい感じなってきたので、今回はこの辺にしておきますが。。。(もっと言いたい、どこかで。)

 

まとめると、パニック障害を治して得た事は、「幸せになることを許せたこと」です。(さらに抽象的!!まーいいか。)


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。