人は誰でも得意なことが必ずある

 

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

今日も「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」へようこそ!

今回もパニック障害を治すノウハウや考え方をお届けしていきます!

 

先日、パニック障害を治すには自信が必要であるという事を言ったところ、

「私には得意なことなんてひとつもありません!」

ということをおっしゃる読者の方がいました。

 

「私には人に自慢できることなんて全くありません!」

と言う人の気持ちはよ~く分かります。

私もパニック障害で悩んでいたときに、自分のことを無能な人間だと思っていた時期があったので、自信がもてないお気持ちはよく分かりますよ。

でも~、そういう方たちに向けて言いたいのは、、、

 

それって自分の得意なことに気付いてないだけだから~!

 

人は誰にでも必ず得意なことはあります。

自分に得意なことがないという人は、それに気づいてないですよ。

今回はそのあたりのことをお伝えしていきます。

 

私は、若手のころ、エラい人と会話するのがとにかく嫌でした。

エラい、というのは、部長とか本部長とか、高い役職の人たちのことです。

こういう人たちと会話していると、雑談であっても、評価されている気がするんですよ。

それで、結局、言いたいことが全く言えなかったんですね。

若手のころは本当に上司とか、もっと上の役職の人と話すのが、苦手でした。

 

さらに、うちの会社では、四半期に一度、上司と面談があるんです。

そこでは、これまでやってきたことをアピールしなきゃならないんですけど、それも嫌でしたね。

思ったことが言えませんでした。

なんか、思ったことを言ったら、減点されるように気がしてたんですよ~

なので、いつも教科書にありそうな、型どおりのことしか言いませんでした。

 

だから、毎回緊張していたんです。

いかに自分のボロがでないようにするか~ということに気を張っていたので。

なので、面談とかずっと苦手でした。

 

でも~、当時、同期に、そういうのがめっちゃ上手い女子がいたんですよ。

部長とも普通に会話をしていて、笑いとか取っているんですよ。

すげ~な、あいつ。と思っていました。

オレ、普通に話しかけられたら、いかに笑ってごまかすかしか考えてなかったですから。

 

会話もすごく自然でしたね。

飲み会とかで、本部長と会話するような場になっても、うま~く会話していて、しかもオヤジギャグの切り替えしが上手くね。

誰であっても、会話を盛り上げいたし、しっかりと笑いを取っていて、こいつはすげ~な~、と感心していたんです。

ま~そんな風に思っていたことは言わなかったですけど。

素直に言うのを恥ずかしいじゃないですか。

コミュニケーション能力については、彼女は、ホント能力あるな~と思っていました。

 

そんなあるときに、同期で飲み会があって、そこでたまたま彼氏とか、彼女の話しになったんです。

そのときに、

「最近の合コンで彼女できたよ~」

と私が言ったんです。そんなすごいことでないと思って。そしたら、彼女からこんな反応が返ってきました。

「ホント、そういうところ、すごいよね~。私なんて、何回合コンに行っても全然彼氏できないから~。すごいよね~」

と驚かれたわけですよ。

そのあとに、いろいろ聞いてみると、合コンのあとに誘われることはするけれども、数回会っただけで終わってしまうというわけです。

そのあともいろいろ聞いてみると、なんとな~く当時、彼氏ができなかった理由は分かりました。

が、それはおいておいて。

 

私は当時、彼女の、上司たちとのコミュニケーション能力を、とてもうらやましいと思っていました。

反対に、彼女は、私が合コンですぐに彼女を見つけられることをとてもうらやましく思っていました。

ちなみに、このときに合コンで知り合った人が今の嫁です。

 

この経験から、

 

「自分の得意なことって自分が一番分かっていない。」

 

ということなんです。

「自分が当たり前だと思っていることに、うらやましいと思われていることがある」

ということなんですよ。

 

ここまで大丈夫ですか?

やっぱりですね、人は一番自分のことが分かっていないんですね。

だから、自分で自分の得意なことが分かっていないのって、ある意味で当たり前のことなんだと思うんです。

 

「じゃあ、どうやったら、自分の得意なことが分かるのさ~?」

と思われたと思います。

実はですね、自分の得意なことを見つける、もっと簡単な方法があるんですよ。

それはなんだと思いますか?

それはですね~

 

「周りの人に聞いてみる」

 

ということなんですよ。

なぜかといえば、周りの人が、あなたのことを一番よく分かっているからなんです。

これ、とても簡単にできる方法じゃないですか?

 

恥ずかしがっている場合ではありませんよ!

パニック障害を治すには、あなたは自信をつける必要があるんです。(以前から言ってますが。)

自信をつける手っ取り早い方法が、得意なことをやって、みんなから褒められる、という経験を積むことです。

だから、まずは得意なことを知ることが始めてみてください。

 

あなたのパニック障害が治ることを、こころから願っています。

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せる!」無料メールマガジン(毎日配信)
登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
ブログでは言えないことを毎日お伝えしています。(いつでも解除できます!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキングにご協力ください!
⇒ 「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」のブログランキングを見る
ブログランキングの順位を見てみて下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

最後まで読んでいただきありがとうございます!


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。