自尊心が低い人がついやってしまう行動

あなたはご自分のことを自尊心が低いと思っているのではないでしょうか。そして、自尊心が低いことが仕事もプライベートも上手くいないことがあると思っているのではないでしょうか。

自尊心が低めの人にはある特定の行動をすることが多いのです。

今回は自尊心が低い人がやってしまう行動についてお伝えします。

1.相手に自分の考えを伝えられない。

たとえば、仕事で明らかに相手に非があるのに、それを相手に伝えることができないことがあります。

もし相手に伝えると相手のことを責めることになるので、ここは自分が泥を被っておいて、物事を先に進めることに重きを置くことがあります。

自分の気持ちや考えよりも周りの空気を優先し続けるということをしてしまうことがあります。

1-1.原因

周りの空気を優先することを繰り返しやってしまってきたために癖のようになってる場合があります。

または、自分の気持ちや考えを過去に伝えたときに邪見されてしまって苦い経験があるような場合にまた同じようなことになってしまうと思いこんで自分の考えを伝えらない場合があります。

 

2.周りの人から怒られる

たとえば、仕事で困ったことが起きたときに上司に相談すると、報告の遅さだったり、報告した内容が分かりにくいなど、相談したいところは別のところで怒られてしまうことがあります。

頑張っているの周りの人たちから評価されていないと思っていることが多いです。

2-1.原因

怒られた方が楽だ、自分が怒られることで周りが納得するならそれでよいと思っている場合があります。悔しいだったり悲しいというネガティブな気持ちを押し殺している場合があります。

 

3.目上の人に対して萎縮する

たとえば、仕事で相手が上司であったり先輩であったりすると、謙遜しすぎてしまったり、相手に花をもたせようとしてしまうことがあります。

3-1.原因

相手はすごい人であると思い過ぎていることがあります。人として謙遜することであったり、相手をたてるということは大切なことですが、それが行き過ぎてしまって、自分はダメな人間である、自分は無能な人間だから、と思っている場合があります。

 

4.周りにホメられても素直に喜ばない

周りの人がホメたとしても喜ばないことがあります。または喜んだとしても心のどこかでまた違うと思っている場合があります。

4-1.原因

自分がホメてほしいところとは違ったり、自分が求めている成果が出てないことがあります。つまりこれは人の気持ちに寄り添えず、自分の価値感にこだわって、そんな状況では喜ぶべきではないと思っている場合があります。

 

5.周りから煙たがられると思っている

たとえば、仕事でミスをしてしまって、上司に注意されたときに、周りの人から陰口を叩かれていると思ってたり、みんなが非難しているに思ってしまうことがあります。

5-1.原因

自分はダメな人間だから周りの人から非難されて当然であると思いこんでいたり、自分には能力がないためにこういう状況になっても仕方ないと思いこんでいる場合があります。

 

6.言いたいことは言うべきだ!

自尊心が低い人は周りの人とのコミュニケーションにおいて常に自分が下になっている方が心地が良い、または癖にしてしまっている場合があります。

自分は本当はこんなことを考えていると思っても、どうせ私の意見を言っても何も変わらないし、言ったことによって周りの人が迷惑に感じるかもしれないと思って、言うことが出来ないことがあります。

こういった思考は本当にもったいないです。

自分の思いや意思を伝えなくても分かってくれるのは、母親くらいなものです。むしろ、大人になって母親と接する機会が減れば、母親すらあなたの意見を分かってくれなくなります。

つまり、あなたの意見はあなたの口から周りの人に伝えなくては全く伝わらないと思っていた方がいいのです。

あなたが普段どんなことを考えてどんなことが好きなのかは当然ですが、だれも分からないのですよ。言わないと伝わらないのです。

 

7.言いにくいことはどう伝えるべきか?

仕事などで相手に言いにくいってことがあると思います。

例えば、先輩や上司に対して、明日までに手続きや何がしか動いてもらわないと、自分の仕事が遅れてしまうから進言するようなことがあると思います。

「Aさん。いつまでにXXXをやってもらわないと僕の仕事が遅れるので困ります!」など。

そういう人たちに催促したり申し入れするのは勇気が必要だったり言いづらかったりする気持ちはよく分かります。

言いづらいことを言うにはコツがあるのです。

 

8.言いにくいことを伝えるときのポイント

言いにくいことを言わざるを得ない背景を相手に説明して理解してもらうことを意識するのです。
たとえば、「Aさん。いつまでにXXXをやってもらわないと僕の仕事が遅れるので困ります!」って言っても、Aさんの立場になって考えると、なぜ、いま催促されるのかがすぐには分かってもらえない場合があります。

言いにくいことを言わざるを得ない背景を理解してもらうことを意識して伝えるとこのようになります。

「Aさん。いつまでにXXXをやってもらわない困ります。なぜなら、僕の作業が3日間かかるので、そうすると納期に間に合わなくなるからです!」と伝えると、この仕事が遅れてしまう原因がはっきりしてきます。

さらに、このような言い方をすると全体を考えて発言していることが相手に伝わりやすくなって、視野が広いことを伝えることができます。

このように自分のことだけなくて、全体の仕事の動きを見たときにいまどうするべきかを伝えると上司や先輩はあなたの思いをスムーズに理解してくれます。

つまり、これは相手の立場に立って伝える練習になるのです。

 

9.まとめ

自尊心が低いことを自分の気持ちを相手に素直に伝えることを躊躇することが毎回のことになってしまって癖のようになってしまうことがあります。そんな状況にあることを理解したら、次はどうやったら相手に自分の気持ちや考えを伝えられるかを考えてみて下さい。

考える上で大事なポイントは相手の立場にたって伝えるということです。そのあたりを意識して、思いを伝える練習をしてみください。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。