パニック障害ということは親の代りが上司かも

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害は本当に悲しいで病気ですよ。

自分が作り上げた価値観に、自分で縛られてしまっていて、自分で苦しんでいるんすから。

私もパニック障害になる直前、不合理な価値観にどっぷりとつかってしまっていて、その価値観を満たせずにずっーと苦しんでいました。

それは、どんな価値観かというと・・・

「親(上司)に評価されてない奴は価値なし!」というものでした。

今こうして書いてみると、価値観の枠が狭すぎっ!!って思うんですけど、当時はこの価値観に追い詰められてしまっていました。

なぜ、こういう価値観を持つようになったかと言えば、

私は、「学生時代に、親に褒められるいい子になりたくて、頑張っていたこと」が原因だと思うんです。

学生時代は、親をたくさん喜ばせるいい子になることができました笑

人が聞いて分かるような大学に入ることができて、人が聞いて分かるような企業に入ることができて、ここまでは良かった。

でも、社会人になってからは、上司が「親」の位置づけになりました。

だから、上司になんとか、褒めてもらえるように努力しましたが、なかなか褒めてもらえません。逆に怒られることの方が多くなってしまいました。

学生時代は、成績がテストの点数と紐付いていて分かりやすかったのに、社会人になったら、よく分からない基準で評価されて、悪い評価をつけられたときに、自分の何がいけなかったのか、分からなくてずっーと悩みました。

社会というものの恐さを一気に浴びましたねー、あのころに。

本当に辛かったですよー

だから、もう、「上司(親)」が全く褒めてくれなくて、価値観の酸欠状態でした。

「なんで、オレのことを好きなってくれないんだろう??」ってね。

そして、冒頭に書いた価値観は全く満たされませんでした。

もう、めっちゃ苦しかったよーー!

さらに追い打ちをかけたのは、職種でした。

金融系のシステム開発の現場だったために、内部の資料のチェックなどがめちゃめちゃ厳しかったんですよー。

それで、なかなか仕事ができなくならなくても、毎日なんとか完璧にこなそうとしていました。

でも、完璧にこなせないから、毎日終電近くまで、働いて、それでも、こなせないから、土日出勤をして、なんとか期限までに間に合わそうとしていました。

もうそうなってしまうと、毎日会社にいくのが辛くて、辛くて、やることが無限にあるように思っていましたねー

それでも、なんとか、仕事のゴールが見えてきたときに、パニック障害になっちゃったんですねー

もう、【がーーーん!!】って感じでした。

パニック障害が残酷なのは、もうねー、悲しいんですけど、「自分は喜んではいけない人間なんだ」なんて思うようになっちゃうことなんですよー

パニック障害になり立てのころに、息子が生まれたんですが、パニック障害のことで、頭がいっぱいで、全然喜べなかった。。

こうして書いているだけで悲しくなってくるー

だから、パニック障害になると、どんどん自分を責めちゃうんですよー

「なぜ、こんなことができないの?」「なぜ、こんなことをしてあげられないの?」ってね。

だから、パニック障害を克服したいなら、自分を責めていては、絶対にダメです!!

責めていても、なーーんも良くなりませんから!

自分を責めていても、絶対に治りませんから!

良くしたいのなら、注目すべきは、あなたを苦しめている価値観です!!

その価値観を見つけることですよ。

私の場合であれば、「親(上司)に評価されてない奴は価値なし!」「仕事は完璧にこなすべき」など。

この2つを読んでみて、明らかに現実的ではない、と思いませんか?

そうなんですよ、現実的ではない、価値観を見つけるのです。

さらに、ここで大切なことを言いますね。

その価値観は、人から与えられたものではなく、あなた自身が成長する過程でインストールしたものだから、あなたが、自分で見つけないと、意味なんすよ。

まず、見つけて下さい。

そして、見つけることができたら、「そういう価値観を、私はもっている!」って毎日繰り返し思い出してください!

そして、その価値観を持ってしまった自分を許してあげて下さい。

そうすると、徐々に、その価値観を成仏させることができますから!

******************************************************************************

「サラリーマンでもパニック障害を克服できる!」無料メールマガジン(毎日配信)

登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/

メールマガジンではパニック障害を克服するために、私の実体験から効果のあった方法だけを厳選してお伝えしています!

リンク先のページにあなたのメールアドレスを登録してください。

あなたのパニック障害が少しでも楽になるお手伝いができれば、私にとって最高に幸せです!

メールマガジンのご意見、ご感想もお待ちしています!

******************************************************************************

ブログランキングにご協力ください!

リンクをポチッと押してください。

↓↓↓

編集後記

昨日は久しぶりにパニック障害に関する書籍で面白い本を見つけました。

「パニック障害なんてこわくない!」

http://amzn.to/2qwkz8x

この本では、パニック障害のことを、「あいつ」と表現して、本の中では、「怪獣」のイラストで登場します。結構可愛いです笑

「あいつ」のことを気にすれば気にするほど、「あいつ」に主導権を握られてしまう。

だから、「あいつ」を調教して、ほどよい関係を築くことが重要なのだと伝えています!

「あいつ」に主導権を握られそうなったら、「呼吸法」が効くのだとも伝えてします。

私が普段言っているトレーニングのことは、この本でいう調教と全く同じ感覚ですよ!

そして、この本で紹介されている「呼吸法」が効くっていうメカニズムも、激しく同意しますね!!

私のメルマガのエッセンスとかなり近い内容になっていました!

気になったら、ぜひ読まれることをおすすめしますよ!!

読んだら、感想なんかシェアしてもらえると嬉しいなー!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。