こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

◇◆今日の前ふり◆◇

もう、今日はFireTVで何時くらい海外ドラマを見てしまっているのやら。

海外ドラマを見ていて思うんですけど、

男女間や友人間の関係って、愛情や友情を深めるために、喧嘩をしているのか

喧嘩をするために、愛情や友情を深めているのか、どっちなのか。それとも両方ともなのか。

ドラマの中で、ほんと人間は同じような過ちを繰り返して、問題を起こすんですけど、

でも、それが人間らしくもあり、その人の魅力であり、個性なんだなーとしみじみと思います。

「もう、またか!!」とテレビに向かって言いながら、ドラマを見続けてます。分かっていても面白い笑

☆ パニック障害のアプリを書き換えよう!

前回は、人間は生存本能によって辛い体験や恐怖を感じた体験を避けるように行動してしまう理由を説明しました。

具体的には、人間はまるでスマホのようにアプリを身体にダウンロードして、

恐怖体験を繰り返さないように、そういった行動を避けるようにプログラムされたアプリをダウウンロードしてしまうことを説明しました。

そして、さらに人間の持つ「一般化」という機能によって

例えばバスで起きた車酔いが、いつの間にか乗り物全般で起こってしまうのではないかと不安になること、

そして、パニック障害もアプリの一つであることを説明しました。

ただ、これもすべて人間の自分自分を守るための生存本能によって起こっていることをしっかりと知る必要があります!

現代の日本であれば、生死に関わるようなことは身近ではないにもかかわらず、脳は過剰に問題である!と思ってしまうのですね。

正直、脳が現代に適用できない!とも言えますが、そんなことを言っても始まらないので、この脳と上手く付き合っていく方法を紹介していきますね。

では、身体にダウンロードされた「パニック障害アプリ」をどうやったら書き換えることができるのか?ということです。

「パニック障害アプリ」書き換えたいですよね!

「パニック障害アプリ」をできれば、手放したいですよね?

そのアプリが身体にあることで苦しんでいるわけですからね。

今回は「パニック障害アプリ」を書き換える方法をご紹介します。

アプリを書き換えるためには、アプリをダウンロードしたときのことに目を向ける必要があります。

では、「パニック障害アプリ」はどうしてダウンロードされたかと言えば、

私の場合であれば、特急電車の中でパニック発作があったからです。

つまり、ものすごく強いインパクト(パニック発作)があったことからなわけです。

それによって強制的にダウンロードされたのです。

つまり、強いインパクトとアプリをダウンロードできたり、書き換えることができるのです。

これが、アプリをダウンロードする方法の1つ目です。

実はもう1つあります。

それは、毎日毎日コツコツ同じことを繰り返すことなのです。

私の場合で説明しますね。

私の実家では、母親は料理は一生懸命作ってくれて、掃除はあまりしないことがありました。

掃除は2週間に1回程度していました。だからなのか、よく父親に掃除してほしい!とグチを言われていました。

なので、私は勝手に、母親というのは、掃除よりも料理を大切にするのだと、思い込んだのです。

「掃除よりも料理を大切だ!」なんて母親に言われたことは一度もありません。

しかし母親が日々の行動が自然と目に入ってきて、そういうものである!と私の中に自動的にインプットされたわけです。

これは私も無意識でした。言葉として意識すらしていませんでした。

そして、今の嫁を一緒に暮らすようになって、気づいたのです。

● あっ!!うちの母親は掃除は手を抜いていて、料理に力を入れていたんだ!と。

ここで言いたいことは毎日コツコツ同じものを目にして、同じ刺激を継続してもらうことによって、勝手にアプリがダウンロードされるのです。じわじわと!

アプリをダウンロードする、この2つの方法は理解していただけましたか?

では、本題に入っていきます。

「パニック障害アプリ」に変わる新たなアプリをダウンロードするために、この2つを実践すればいいのです。以上!

というわけにはいかないですね。

じゃあ、どっちの方がいいのよ?って話しを聞きたいですよね。

答えは2つ目の毎日コツコツの方なのです。

理由は簡単です。

なぜ、1つ目の強いインパクトが適切でないかというと、

強いインパクトを得るには、自分でも予期しないことが起きたとき、のみだからです!

なので、偶然が必要なわけです。

パニック発作が起きたときと同じような偶然が必要なのです。それを準備するって言ってもできないですよね?

なので、1つ目はボツっ!忘れてください。

2つ目に集中しましょう!

では、毎日コツコツなのにをしたらいいのでしょうか?

そうです、呼吸法なのです。

改めて、なぜ、呼吸法なのでしょうか?

その理由は、呼吸法をやることによって、過去に起きた事や、未来に起こる不安に縛られず、今ここに集中できるようになるからなのです。

人間は意識しないと、勝手にいろんなことに考えを巡らせて、自分で自分のことを苦しめてしまうことがあります。

でも、呼吸法をやることに、よって自分の呼吸に集中します。そして、こころのなかで秒数を数えることよって、さらに集中力を高めます。

その結果として、過去にも未来にもとらわれず、今の呼吸していることに集中できるのです。

これだけで、心身のストレスはかなり減らすことできます。

そして、最低3カ月、呼吸法を毎日続けることによって、「呼吸法アプリ」をダウンロードできるのです!

「呼吸法アプリ」をダウンロードできた!と分かるのは、呼吸法をすると、身体がものすごく楽になることを感じられたときです!

そして、このアプリがすごいんですよ。私はこのアプリのおかげで電車に乗れるようなりましたからね。

私の場合は、通勤電車の中で、予期不安から、頭の中で「来るぞー来るぞー来るぞー、パニック発作が来るぞー」と

もうこれも無意識に思いながら、乗っていました。

それで、実際にパニック発作の予兆がでてきたときです!

そのときに、呼吸法をやるのです!

7秒間吸って、「すー(心の中で1、2、3、4、5、6、7)」

7秒間吐いて、「すー(心の中で1、2、3、4、5、6、7)」

7秒間止めて、「んっ!(心の中で1、2、3、4、5、6、7)」

これを繰り返していると、すーーっと、楽になってきて、パニック発作がひどくなるのを防げたのです。

ですから一番いいことは今ここにいることに集中することであるといえます。

分かりましたか?

「呼吸法アプリ」でパニック発作を抑えることができたぁー!!やったー!!という経験を積めば積むほど、

もう、パニック発作や予期不安や広場恐怖に悩まされることがありません。

だって、「呼吸法アプリ」を起動すれば、OKなんだから!

これすごくないですか?

「呼吸法アプリ」によって、乗り物に前と同じように乗れるようになりましたから!

もうこれ以上はないです!とにかく呼吸法を毎日続けるのみです!

一緒に頑張りましょう!

ブログでは書けないワザをメルマガ限定でたくさん紹介しています!
リンク先のページにあなたのメールアドレスを登録してください。
→ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
毎日メルマガを受け取ることができます!

ブログランキングにご協力ください!
リンクをポチッと押してください。
↓↓↓

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!