こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

◇◆今日の前ふり◆◇

昨日は、会社の研修で来月から開始する前に運営者の方と面談がありました。

この研修は身近な悩みや課題を掘り下げていて社会的な問題を見つけ出し、解決策を考えて、それをサービスにつなげることを自宅学習を含めて半年間かけて行うのです。

私の悩みはまだぼやっとしていますが、「多動の3歳の息子」をテーマにしようと思っています。

このテーマには妻も関係しています。

このテーマを掘り下げることに、正直不安だし、ちょーっと心が動揺していますが、やってみようと思います。

パニック障害のほかに新しい人生のテーマが見つかった感じです。今まで目を背けてたけど、この機会に向き合ってやる!ひぁーー、お化け屋敷に入る前のドキドキに似ている!

今後研修を進めるなかで、気づきが必ずあると思うんで、そのときは、シェアさせてもらいます!

☆ パニック障害を克服するために、言いにくいことを言おう!

最近、私は本当に感謝しているんです!

仕事で一緒の後輩君に!

彼のおかけで、彼を見ていると、私が忘れていたことをどんどん思い出させてくれんですよ。

彼がさまざまな問題を抱えてくれているために、そんな問題を自分も抱えてたわーって気づくと、自分はどうのように克服していったかを思い出せるんですよ!

思い出すとですよねー、やっぱりーーーって感じになるんですよ。

「あーー、仕事の問題をそんな風に克服したから、おれはパニック障害を克服して周りから応援されるような仕事ができるようになったんだ!」ってね。

きっと、彼と一緒に仕事をしなかったら、絶対に思い出せなかった視点ばかりです。本当に感謝しています。

さあ、今日のテーマに入っていきます!

昨日に引き続き、今日も後輩君と仕事をするなかで思い出したことをシェアしていきます。

今日はテーマにある通りに、「言いにくいを言おう!」ということなので、彼は今は「言いにくいが言えない」状況にあるわけです。

彼は数週間前まで、別のチームにいたのですが、最近うちのチームの近くに越してきたんですね。

越してきたんですけど、今でも前のチームの仕事が残っていて、前の仕事が切れてないんですねー

その切れない原因は、彼にあるのかなーとずっと思っていました。

でも、よくよく話しを聞いてみると、前のチームで彼の先輩にあたる人の仕切りがいまいちで、

いまだに、そのいまいちな仕切りに振り舞われていることが分かったんですねー

「ホントに、いまだに前のチームの先輩が結論を出せてないから、僕の作業が進めらないんですよーっ!怒」と彼は言うのです。

私に伝えていたときは、少しイライラしている感じでした。

「よし、わかった。じゃあ、それをその先輩に伝えてみたら?」と言ったんです。

そしたら、急にトーンダウンしちゃったんですねーー。「いやー、あーー」みたいな。

【あれあれ?さっきの元気はどうした?】って思ったわけです。

そこで、【ははーーん、さては言いにくいんだな?】って気づいたんですよ。

そのことに、シャシャシャシャーーっと過去の自分がフラッシュバックしてきたんですね!

数年前の部署で、上からの目線で話しかけてくる先輩に、仕事をお願いされると、【こころの中でふざけんなー!オレ関係なんだろうっ!】って思いながら

笑って仕事を受けていた、ヘタレ野郎な自分が愛想笑いしているところが蘇ってきたんですよーー!

彼はまさに、【うぉーー、数年前の俺やんけーー!】って、気付いちゃったんです。

あのころは、まだパニック障害になる前でしたが、パニック障害になる前兆はたしにかにありました。

無理して相手に合わせて仕事をしていたことを思い出しましたねー

いやー、あの時は分からなかったけど、今ならわかることがあるんです!

● 言いたいことは言わないと伝わりません!

ってことです。言わなくても分かるなんて、母親くらいです。いや、経験上、母親もないわー笑。

なので、あなたが何を考えているか、だれも分からないんです。

だから、言わないと伝わらないんです。

でもー、言いにくいってこと、ありますよね?

例えば、先輩や目上の人に、「Aさん。いつまでにXXXをやってもらわないと僕の仕事が遅れるので困ります!」とかね。

言いづらいですよねーー。

そういう人たちに催促するのってちょーっと勇気いりませんか?呼吸整えちゃうみたいな。

分かりますよーー、私もそういうところを通過してきてますからね。

言いづらいことを言うときにコツがあるんですよ。

それを知らないでやっちゃうから、言えずに我慢しちゃったり、もし言えたとしても、なんか気まずくなったりするんですよ。

それには、ちょっとしたコツがあるんです。

誰でも簡単にできますから。

それはですね。

● 言いにくいことを言わざるを得ない背景を理解してもらう

ことを意識するのです。

「Aさん。いつまでにXXXをやってもらわないと僕の仕事が遅れるので困ります!」って言っても、Aさんの立場になって考える、「なぜ、いま催促されるのか」分かりませんよね?

そうじゃないんですよ。

言いにくいことを言わざるを得ない背景を理解してもらうことを意識すると、こうなります。

「Aさん。いつまでにXXXをやってもらわない困ります。なぜなら、僕の作業が3日間かかるので、そうすると納期に間に合わなくなるからです!」って言ったら、Aさんは、あなたに、「なぜ、いま催促されるのか」分かりますよね!

あとはこれを応用していく感じです!

仕事上で、言いにくい相手に感情をぶつける必要は全くありません。

言いにくい相手には、言わざるを得ない背景を理解してもらうようにすると、人にお願いすることが楽になりますよーー!

仕事が楽になるとー、ストレスが減りますよね。

ストレスが減るとー、そうです。

パニック発作を防げるのです。

仕事を楽にするために、言いたいことは我慢せず、言っちゃいましょー!

******************************************************************************

「サラリーマンでもパニック障害を克服できる!」無料メールマガジン(配信:毎日)

登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/

メールマガジンではパニック障害を克服するために、さらに効果のある方法をお伝えしています!

リンク先のページにあなたのメールアドレスを登録していってください。

あなたのパニック障害が少しでも楽になるお手伝いができれば、私にとって最高の幸せです!

ご意見、ご感想もお待ちしています!

******************************************************************************

ブログランキングにご協力ください!

リンクをポチッと押してください。

↓↓↓

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!