サラリーマンが上司を虜にする方法

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

私がパニック障害のサラリーマンになった理由。それは大学生までは順位は上から数えた方が早くて頭がいいと思っていたのに社会人になってみたら思っていたほど仕事ができず、周りから劣等感を感じたのでがむしゃらに仕事をした結果、人生初のパニック発作を急行電車の中で起こしてしまいパニック障害になっていったんですね。

「あれ!?オレ、仕事ができないんだ(>o<)」 「周りの人と上手くコミュニケーションを取りながら理解をしてもらいながら仕事をするの下手なんだ(>o<)」 と自覚してしまってことでサラリーマンとしての自信みたいなものを日ごとに失っていってしまって、職場で同僚と会話することさえ恐くなっていってしまったんです。 サラリーマンでパニック障害になる人のパターンは

「もっと仕事ができるようにならなければならない。だって周りに迷惑かけちゃうし(>_<)」

「仕事が期限まで終わらなければいけない。だって周りから信頼されなくなっちゃう(>_<)」

というように私と同じような悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

特に一番のストレスは「上司とのコミュニケーション」でした。

なんか上司って恐いじゃないですか!?頭ごなしに怒ってくるし、理由もよく分からずけなしてくる時があるじゃないですか。しかもそういうつまらない話しが長かったり。。

でもサラリーマンである以上、上司とのコミュニケーションは必須でありますし、上司から信頼されることはサラリーマンたるもの、重要なスキルと伸ばすべきだと思いまして、上司を観察しまくって対策を打ち出していった結果、上司といい関係を築けるようになったんですね。

今回は上司との関係を良くしていくポイントについてお伝えしていきます!

1.上司が好むポイントを見つける

仕事の資料を作って上司に見せたところ、自分が見えてなかったポイントを指摘されて「この人はなんて仕事ができるんだ!!」とよく驚いていましたが、自分がいざ指摘する立場になってみて思ったのは仕事の落とし穴って結構パターンがあるということなんです。

仕事の進めるにあたって失敗しやすいところはそんなに多くなくて、何年か仕事をしていれば自然と分かってくると思うんですね。そのことを「ツボを見抜く」と言うんです。

ツボってめちゃくちゃ大事なんですね~

2.マッサージ師のようにツボを見抜く

例えば、マッサージをやってもらっているときにツボを押さえてくれると「そうそう、そこ~~!!」というポイントを押してくれると、そのマッサージの人に対して「この人、分かってるな~」となってちょっと好感を持っちゃうじゃないですか!

上司に対してもツボを狙うんですよ!

狙うためには相手の様子や反応を見ないと分からないし、ある程度の観察してみてないと見えてこないことですよね。

「この人は何にこだわる人なのか?大雑把なのか、細かいのか」

「どこまでは許してくれるのか?少し笑っていた方がいいのか、真面目な方がいいのか」

「指示したことはどこまで求める人か?期限を重視するのか、品質を重視するのか」

そういった仕事で核となるポイントが分かるまで上司を観察する必要があるんですね。

3.彼女を食事に誘うときも同じ

これは彼女を食事に誘うときに考えていることと同じことで、嫁とまだ付き合っていたときに、当時は彼女との会話の中から「この子はどんなジャンルの食事が好きなのか?」ということを探っていくんですけど、どんなジャンルのお店が好きなのか分からないこともあると思います。

そんなときはもういろいろ行ってみるしかないわけです。

中華、フレンチ、イタリアンというジャンルで選んでみたり、

ホテルのレストラン、一軒家風のレストラン、風景が見渡せるレストランという雰囲気で選んでみたり、

いろいろと連れて行ってみることによって

言葉のトーン、顔の表情、印象から「本当に気に入っているか」探るわけじゃないですか。いろいろ試すことによっても相手のツボが分かることがあるわけなんですね。

「そこ気持ちいいぞ~~」

というところが見たいと思えば見えてくるものなんですね。完全に余談ですが、うちの嫁は一軒家風のレストランでイタリアンが好みです。

4.上司が気になるポイントを探る

あなたは上司は何を好みタイプなのでしょうか。

仕事の早さを好むのか、仕事の正確さを好むのか、仕事の斬新さを好むのか。

相手を信頼するときに、会話での理解を重視するのか、資料の内容を重視するのか。

お客様への交渉するときに、少し圧力をかけるのか、笑顔で雰囲気よくするのか。

この辺のことはきっとだいたい1カ月くらい観察してみると見えてきますね。こっちからいろんな手を出してみて反応は見るというのも必要ですね。

ただ仕事を「終わらせました~!」ではなく、今回の仕事の進め方で上司の反応はどんな反応があったのか?以前と違うところはあったのか?この辺りを意識して仕事をしてみると仕事が結果的に楽しくなると思うんですよね。

今回は上司のツボを観察してみる!ということでした。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」


パニック障害を自力で克服したサラリーマンからメールマガジンで克服するためのエッセンスを毎日受け取ることができます!良かったら登録してください。


人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加しております。ランキングアップにご協力いただける方は、以下のリンクをクリックしてください!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。