「乗るのが怖い!~私のパニック障害克服法~」を読んでみて

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

このブログでもパニック障害の記事を書くために、パニック障害の書籍を読んでいますけども、これはとてもよくまとまった男性向きの内容で分かりやすいです!

パニック障害になった芸能人のひとり、長嶋一茂さんが書いた本なんですけども、パニック障害がなかなか治らないと悩んでいる方はぜひ読んでみることをおススメします。

ぜひ一茂さんの破天荒?な治し方から良き刺激を受けてみて下さい。

 

この本を読んで分かること
  • 食生活をはじめとする良き生活習慣
  • 男性的なパニック障害との向き合い方
  • 視野を広げていくことの大切さ

ちなみに、なぜこの本を読もうと思ったかというと、
他の人のパニック障害の体験記を書籍で読みたいと思ったからなんです。

書籍であれば編集者の赤ペンが入って、読みやすいので、書籍であってかつパニック障害の業界!?では有名な長嶋一茂さんの本を選びました。

 

本の構成は大きく分けて2部構成になっています。

  • 前半、一茂さんのパニックヒストリー
  • 後半、実践して効果のあったパニック障害の克服法の紹介

 

後半の克服法では、具体的な食生活から、パニック障害と向き合うための考え方が紹介されています。
著者が体育会系の出身であるためか、どちらかという男性向きの克服法が多く紹介されている印象でした。

それでは、一茂さんのパニックヒストリーの概略を紹介しつつ、彼の克服法の中で私が「これは!」と思ったものを紹介していこうと思います。

ちょっとでも興味が湧きましたら、購入してみてご自分で読んでみることをおススメします。
紙は絶版になっているので、Kindle版で試してみてはいかがでしょうか!

 

 

パニックヒストリー

30歳のときに初めて経験したパニック発作

「あれ、これって地震?」

彼は30歳のとき、二軍生活が続いていました。練習を終えて知人のマンションの屋上で神宮の花火大会を見物していたとき、地震が起きたような感覚があったそうです。

思い返すとあの地震のような感覚がパニック発作の予兆であったと振り返っていました。

でも、そのときは全く気にもとめなかったそうです。

 

「あれ?このトイレの中って空気が薄い」

それから数日後、友人と居酒屋で飲んでいるとき、トイレに入ったときに異変が起きました。

ものすごい息苦しさを感じて、そのまま床に倒れ込んでしました。

そして、すぐに救命救急センターに担ぎこまれました。

 

「俺はもうこのまま死ぬかもしれない。とにかく呼吸が苦しく」

医者や看護師の方はビニールのマスクを口にかぶせるだけで大した処置はありませんでした。

 

「たぶん、自律神経がやられましたね。」

「また何かあったらこの精神安定座を飲んでください」

体調が落ちいてから医者にそう言われたそうです。

 

「また発作が起きるのではないか」

体調が落ち着いて家に帰ることができたけれども、こんどは練習に行けなくなってしまいました。

発作が再発することがあまりに怖すぎて練習に向かうことができなくなってしました。

 

「これはパニックアタックという病気なんですよ」

それから、どうしても自分が自律神経の病気であることを受け入れられず、心臓外科に行きました。

診断の結果、パニック障害という病気であると告げられたのです。

 

「もう死んだほうが楽だな」

それ以降、精神安定剤を飲んでもなかなか効き目がでてきませんでした。

気分がグルグルと回っているような感覚があったようです。

そのうち、自殺衝動が始まってしまったのです。

 

「このままでは薬漬けになってしまう」

安定剤の量がどんどん増えていって、最初は1回1錠だったのが、いつのままに6錠にまで増えていました。

そこで、「生涯最後の旅行」のつもりで箱根の山荘にこもったそうです。

 

ひたすら山荘にこもって本を読む毎日。

読めば読むほど目からウロコのことばかりだった。

本の言葉に体中に染みこんでいって、体の中に炎がやどるように感覚があったと語っています。

 

メモ

ここは激しく共感したところです。

私もパニック障害になってから本を本格的に読み始めました。本を読み始めたきっかけは当時読んでいたメールマガジンで本の紹介があったからです。

実際に紹介された本を読んでみると、面白くて気付きのある本ばかりで、「本てこんなに面白くて学びがあるものだったのか!」という体験を何度も繰り返しました。

本を選ぶときもジャンルを絞ることなくて、小説から自己啓発からビジネス書から、パニック障害とは無縁の書籍も多数読みました。

本を読めば読むほどに会社での評判が上がったり、面白いことをしている友人と知り合ったりして人生が良い方向に向かうにようになってきて、結果としてパニック障害も良くなっていきました。

だからパニック障害を治したいならば本は絶対に読むべきだと私は思います!

 

「残念だが、おまえはもう来季の戦力には入っていない」

そして、ついに長嶋監督(父親)から戦力外通告が言い渡されます。

パニック障害になってからまともに練習にも行けなくなっていたので、分かってはいたものの、さすがにショックだったようです。

 

新しい世界に飛び込む、おおきなきっかけになってくれた

プロ野球選手を引退してから、どうやってメシの種を見つけようかと思っていたときに、エルメスのファッションショーのモデルのオファーがありました。

このさい、いろいろな世界を見てみた方がよいと考えてオファーを引き受けることにしました。

リハーサル、本番を経験してみて、モデルの人たちのプロ意識にとても刺激を受けたし、ギャラが思いのほか高かったことも、とても驚いたと振り返っていました。

そこで、新しい世界を知るきっかけになったと語っていました。

メモ

ここも激しく共感しました。

私もパニック障害と出会ってから、本を読み、人に会うことを心掛けていったところ、新しい世界を知るようになりました。

なぜこんなことをしていたかというと、正直言って何をしたらパニック障害が良くなるか分からなかったので、ともかく動こうと思ったのです。

そして、新しいことが見えていくたびに、今見えている世界がすべてではないことに気付いていったのです。

具体的には、働き方、幸せの定義、時間の使い方、趣味などさまざまあることに気付いていったのです。

そうしたら、今の悩んでいることがどんどん小さいことのように感じられるようになりました。

別の今の仕事が上手くいかなくても別の仕事を見つければいいじゃん!

家庭でも今は上手くいかなくても相手のことを思うことができればまた良くなれるじゃん!

と思えるようになったら、人生がどんどん楽になっていきました。

その結果としてパニック障害も改善してきました。

人生が上手くいって、その結果としてパニック障害を良くなるというのが、パニック障害の治療の成功法則なんじゃないかと思っているんです。

 

「さんまのSUPERからくりTV」に出演し始めた。

エルメスのファッションショー以降、さまざまなテレビ番組のオファーが来たそうです。

それで多かったのが、さんまの番組だったそうです。

これでは、おバカキャラでブレイク!してさんまからの愛あるツッコミに何度も助けられたエピソードが紹介されていました。

 

憧れていた極真空手の門を叩いた。

以前から憧れていた極真空手に入門して、完全にのめり込んでいきました。

空手のトレーニングに集中しているときは、自分がパニック障害であるということを忘れられたので、本気で打ち込めたようです。

メモ

パニック障害のことを忘れるくらい集中するのってとても良い対処法です。

私もパニック障害に悩んでいたころ、電車にどうしても乗らなければならないとき、好きな番組やアニメの動画をスマホにダウンロードして、車内ではずっと見続けて、やり過ごすということをやっていました。

これはとても効果がある方法です!

 

「ああ、このままでは俺は本当にヤバい!」

出演番組が増えていって、仕事は順調でしたが、テレビ番組の仕事は本当に不規則でした。

深夜1時に番組が終わって、そのあとスタッフたちと深夜2時に焼き肉店に集合して、深夜5時まで飲むなんてこともあったそうです。

もともとお酒が大好きだったので、その時間は楽しかったのですが、そんな生活を続けているとだんだんと体調がおかしくなり始めたそうです。

そこで、スタッフなどに自分の体調を勇気をもって伝えて、早めにあがるということをされていたそうです。

メモ

体調に合わせた仕事の仕方はとても大切ですよね。私も今ではいかに残業で仕事を終わらせるかばかり考えて仕事をするようになっていますから。

 

「あ、治るかも!」

パニック障害になって十三年目に、どん底のうつ状態になったエピソードが語られてました。

読書、診療内科、漢方、サプリメント、運動、呼吸法、とにかくやってみてどんどん体調が良い方に向かっていました。そう思った直後に、大きなうつがやってきたそうです。

前の年に母親を亡くしたことも大きかったようです。

ベットから起き上がれない、仕事に行けない、約束が守れない、わけもなく涙が出るなど。

 

キューピー人形に救われた。

うつの感覚がひどいので、仕方なく抗うつ剤を飲むのですが、今からすればそれが合わなかったようです。

こんどは副作用で何度も自殺衝動が起きてしまったそうです。

「もう死のう、本当に死のう」

そんなときに、子供が使っていてお古のキューピー人形が目に留まって、入浴に人形に話しかけるようにしたところ、気持ちが落ちついたそうなんです。

体調が回復した今でも、キューピー人形は見えるところにおいて、どん底を思い出して初心を忘れたダメだと言い聞かせているそうです。

 

メモ

十四年と言う長きにわたって戦い続けてきたエピソードは共感するところがいくつもあって読んでいて胸が熱くなりました。

 

私が選ぶ2つのノウハウ

本書の後半ではいくつも一茂さんが実践されたパニック障害の克服方法が紹介されてました。

そのなかで私もこれは効果があったぜ!というものをピックアップして、ピックアップしたものを厳選して2つだけ紹介したいと思います。

私は学生時代は、バスケットボールとラグビーをしていたため、気づかぬうちに体育会系の思考を持つようになっていました。

著者も体育会系の思考を持っているためか、克服方法がどれも「分かるわ~!」と思うものばかりでした。

その中でも今回は2つだけで絞ってお伝えします。

 

ゆっくり吐いて、ゆっくり吸うだけの呼吸法

著者は寝る前に「10秒吐いて、10秒吸う」という呼吸法をされているそうです。

理由は、この呼吸法をすると気持ちが落ち着いてきて、スムーズに睡眠できるからだそうです。

実際にこれをやってみると落ちついてきますし、睡眠だけでなくて、日常生活において、定期的に行うことによって、気分が落ち着いてきます。

私もこのブログで呼吸法を紹介しておりますが、なぜ呼吸法を紹介しているかというと、手軽に行うことができて、驚くほど効果があるからなのです。

しかも、日常生活にストレスを感じている人であればあるほど、その効果を実感できると思います。

人は呼吸の速さによって気分が決まる!と言っても過言ではない生き物です。

呼吸を速くすれば、攻撃的、過敏、俊敏のような感覚が立ちあがり、

呼吸をゆっくりにするれば、穏やか、リラックス、落ち着くような感覚が立ちあがってきます。

「たかが呼吸、されど呼吸」

呼吸を制する者は人生を制する!と思って意識的に呼吸の速さを変えるようにすると、驚くほど日常生活が円滑になりますから。

これはやってみた人だけに分かることです!

 

自分が変われば周りも変わる

「パニック障害は自分の人生を見つめ直す絶好の機会だ」

「人生の勉強だ」

この本の中で言われていたことです。

私も激しく同意します。

パニック障害になることがなかったら、こんなに何かを学ぼうとも思わなかったことでしょう。

パニック障害になってみて、八方塞がりの状態を体験して、とにかく何かしなければと思って始めたことがめぐりめぐって、私をパニック障害から救ってくれることになってのですから。

人生とは本当によく分からないものです。

パニック障害にならなかったら、こんなに自分のことを省みることはなかったことでしょう。

こんなにも人生を楽しくしようとも思わなかったでしょう。

そういうと、「パニック障害を治したからそんなことが言えるんだ!」と思われたかもしれません。

たしかにパニック障害を治したから、昔の暗黒時代のことを美談のように語られるのかもしれません。

売れない芸人の苦労話しも、売れたからこそ笑い話になるけれども、売れないままだったら、ただただ残念な話しままですから。

たしかにそういう面があるとは思いますし、渦中にいるときは、辛いですよね。

でも、辛いということは、少しずつでも良くなっている証拠だと私は思うのです。

すべてのことを逃げていたら、辛いと感じることもないですから。

辛いという事は少しでもチャレンジしていることであると思うんです。

そして、辛さを感じているということは、一歩一歩進んでいることだと思うんです。

私もそういう一歩を積み重ねた結果、パニック障害を治すことに成功しましたから。

その調子で積み重ることを意識されていれば、必ず成功する日が訪れると思うのです。

 

最後に

私自身が体育会系のノリがあるので、こういう良質な精神論を語る本が好きなんです。

だから、チョイスした言葉はどれも前向きなものが多くて、斜めに構えるのが好きな人にはウザっ!と思われたかもしれませんね。

まあ、それはおいておいて。

パニック障害を治すまでのストーリーには、どんな人のものであって、必ず学びがあります。

なぜ学びがあるかと言えば、人が困難に立ち向かうときに、どういう精神状態だったのか、どういうことをしてどういう結果が得られたのか、知ることができるからです。

そういった智恵というか、英知みたいなものを自分自身にインストールすることができるからです!

あとは、読み知った英知のなかで、いろいろと試してみて、自分の合うものだけを続ければいいのです。

そうしたら、きっとすぐに効果が表れることでしょう。

 

繰り返しますけれども、試してみて、行動してみないと意味ないですからね。

こういう良い情報というのは、自らの身体で確認してみないと本当に効くかどうかは分かりませんから。

 

知識を得たら、実践してみる!

これを繰り返していたら、必ず人生は良い方法に行くと私は実体験を通して思っているのです。

 

なんだか、めずらしく長文になってしまいましたが、

ぜひ一茂さんが苦労して導いたノウハウを実践して、あなたなりにカスタマイズしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンの登録


パニック障害から抜け出すのに欠かせないヒントを無料で定期的にお伝えしています。

ボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております。



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です