続ける力があるからパニック障害は治せる!

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

「薬は控えたいのに、薬を飲まずにいられない」

「パニック障害を治す方法を教えてもらったけども、どうしても続かない」

「目の前のことで精一杯になってしまうと、教えてもらった方法をできる日とできない日ができてしまう」

このようなことで悩まれていることは多くあるでしょう。

本当は薬など飲まないで毎日をすごしたいのに、どうしても体調が悪くなってきてしまうと飲まずにはいられなくなってしまうことがあるでしょう。

パニック障害を治す方法を教えてもらって毎日続けてた方が良いということも教わったんだけれども、忙しいとどうしてもやらずになってしまい、いつしか全くやらなくなってしまうこともあるでしょう。

目の前のことで精神的にいっぱいになってしまうと、全てのことが嫌になってしまって、投げ出してしまうこともあるでしょう。

たしかに薬と違って運動とか呼吸法とかリラックス法などというものはすぐに良くなった感じがしないので、続けられないとか長くできないとかという悩みはあると思います。

私もすぐに良くなった感じがしないことって続けることが面倒くさく感じてしまうことがこれまで生きてきて何度もありました。

ですので、そういったお気持ちはとてもよく分かりますよ。

 

でもね、

あなたはパニック障害を治したいんですよね?

パニック障害ってどんな病気か分かっていますか?

 

パニック障害は長引けば長引くほどに治りにくくなる病気なんです。

分かっていると思いますが、パニック障害になると、うつ病にもかかりやすいということがよく知られてしまいます。併発されている方はよくいらっしゃいます。

うつ病の恐さはご存知ですか?

死を感じてしまう病気ですよ。

 

パニック障害は長引けば長引くほどに他の病気にもなってしまって、どんどん悪化するわけです。

はっきり言って「蟻地獄」。

一度ハマってしまったら、どんどんどんどん下に落ちていくのです。

 

大丈夫ですか?

そんな危険な病気にかかっていることを理解されてしますでしょうか?

 

そこまで分かっているのなら、

パニック障害を治すための日課が続けられないって、どういうこと?と思ってしまいます。

 

迷うまでもなく、やるでしょーよ、そりゃー。

 

分かっていると思いますが、続けないとパニック障害を治すことは絶対にムリです。

パニック障害を甘く見すぎです。

パニック障害が簡単に治るものではないのではあなたが一番分かっているはずですよ?

 

なら続けないと!

続けないとダメなんですよ!

 

1.先輩の話し

新人のころにこんな先輩がいました。上司から気に入られていて、他のメンバーよりあきらかに手厚く目をかけられている。

なぜかって?理由は単純で、優秀だったからです。

プレゼンをやらせれば説得力があるし、会議での発言は論理的だし、業務知識についても家でも勉強していて詳しいし、上司からも後輩からも信頼される人でした。

将来の幹部候補にするぞ!という噂が回ってくるほどでした。

先輩はすぐにプロジェクトのリーダーを任されるようになりました。

先輩は、プロジェクトのコンセプトを作るのも上手かったし、技術的なスキルも高かったので、プロジェクトは順調に進んでいきました。

でも、あるときに、プロジェクトが大きな壁にぶつかったんです。

技術的な制約が見つかってしまって、今のままでは先にすすめないという状況になったんです。

先輩は、あれこれ必死に調べて、スキルの高い技術者の人と話しをしたり、いろんな部署に相談したりしてなんとか、突破口を見つけようとしていました。

でも結局、ダメということが分かり、そのプロジェクトは一旦、中止になったんです。

そのころからですね、先輩が、休みがちになったのは。

いろいろと理由をつけて、休んだり、遅刻してきたりするようになったんですけども、最初は、職場の雰囲気も受け入れる様子でした。

誰にでも、そういう時期はあるよ!

でも、2カ月くらい経っても良くならなかったので、先輩に対する職場の空気が冷めてしまいました。

もうちょっとね。ダメかな~

先輩の転落っぷりを横で見てみて、思いました。

「続けないとダメなんだ!」

 

2.後輩の話し

私が社会人8年目くらいのときのことです。

ある後輩の教育係を任されました。

後輩には問題があったんです。頼んだ仕事を忘れるし、仕事の進みぐあいを管理することができないのです。

しかも後輩の仕事は私の指示以外でも、同僚などから仕事を依頼される窓口的な役割をしていたので、仕事の管理が必ず必要なのに全くできてませんでした。

彼の問題点はすぐに分かりました。

割り込みの仕事が入ると焦ってしまって、手当たり次第に手をつけてしまうことでした。

自分が何をやるべきかを忘れてしまって、人に依頼されるとそっちのことばかりに気なってしまい、手当たり次第に手を付けてしまう癖がありました。

結局何も仕事が終わらない。。そんな毎日を送っていたので毎日のように終電帰り。。

どうにか癖を直してあげたい!

そう思って後輩に取り組ませたことが、「今日やる仕事を毎日私にメールすること」なんです。とにかく言語化させて、吐き出させることをさせました。

最初の平気でメールを送るのを忘れたとか言い訳していました、口すっぱく言い続けていたらだんだんと習慣になっていって、ちゃんと送ってくれるようになったし、それに伴って仕事の管理ができるようになったんです。

そして、後輩はみるみる成長を始めていったんですよ。それを見ていて思いました。

「単純なことでも続けているといいことあるんだ!」

 

3.スラムダンクの話し

スラムダンクはご存知でしょうか。

30代前後であれば知らない人はいない国民的なマンガですけども、あのマンガで大好きな名言があるんです。

中学生の神奈川県大会決勝。

残り数秒で逆転シュートを決めてMVP選手に選ばれた三井寿。

彼は県の最優秀選手に選ばれたにも関わらず、弱小バスケットボール部がある湘北高校に入学します。

その理由は県大会決勝で勝利を諦めかけたとき、湘北高校バスケットボール部顧問の安西先生に、
あきらめたら試合終了だよ」と言われたからです。

この言葉に救われ、三井寿は逆転シュートを決め、県大会優勝を果たします。
そのことが切っ掛けで、安西先生の下でバスケがしたいと決意し、弱小高校である湘北高校へ入学します。

出典:あきらめたらそこで試合終了ですよ:スラムダンクの名言

 

そうです、あきらめたら試合終了なんです!

「続けないとダメなんですよ!!」

 

4.高校生のころの話し

私が高校生のころに「もっとかっこいい身体になりたい!」と憧れていたことがありました。

筋トレして鍛えれば簡単になれる!そう思って「筋トレ日記」を付けることにしました。

最初の数日はやる気に満ち溢れているんです。

「これをやればかっこいい体を手にできる!」

「人に腕立て伏せの回数を聞かれたときに、「100回だよ」て言いたい!」

 

そう思って続けていましたが、2週間後くらいになると、だんだんとやらなくなりました。

そしていつしか「筋トレ日記」を開くことがなくなり、筋トレを止めていました。

 

そして、また数か月後。

「筋トレしてかっこいい体を手に入れよう!」と思い立って、「筋トレ日記」を作ります。

最初はやる気満々だったけど、1カ月もしないうちに止めてしまう。

 

そして、また数か月後、というサイクルを5回くらいやっていました。

そんな感じでしたので、腕立て伏せ100回の夢が叶うことはありませんでした。

やっぱり、そうなんです。

 

「続けないとダメなんですよ!」

 

5.禁煙していた同僚の話し

数か月前から禁煙をしていると話してくれた同僚がいました。

喫煙所に行くのが日課のような同僚だったのですが、いつしか喫煙所で見なくなったんです。(私はタバコは吸わないですよ。喫煙所と休憩スペースが近かったので見えちゃうんです)

同僚に「最近見ないね?」と聞くと「実は禁煙してんだよ!」と言っていたんです。

ずっと見ていましたけども、かなりのヘビースモーカーだったので、「おー頑張れ!」と声をかけたんです。

 

それから2か月後。

まだ、頑張って続けてしました。

 

それから2か月後。

まだ、頑張って続けてしました。

 

それから1か月後。

喫煙所で同僚を見かけてしまいました。

「なに、禁煙やめたの?」と聞いたら、「1本もらっちゃったら、ダメだった。」と恥ずかし気に言っていました。

それから、前と同じ喫煙所で同僚を毎日見るようになりました。

ほらね!

「続けないと絶対にダメなんですよ!」

 

6.まとめ

もうお伝えしたいことは分かると思います。

パニック障害に良くなること、なんどもいいから続けてください!

続けられないと絶対にダメ!甘くないです。

続けられないとあなたの現実は1ミリも変わりませんから!


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。