パニック障害はまず自分を癒すことから始めるんです

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害に苦しむサラリーマンに克服のヒントをお届けすることを目的にブログを書いています。

 

☆前ふり

先日発売された、マンガ「パニくる!? パニック障害、「焦らない!」が効くクスリ。」を無料で読めちゃうじゃなですか!

⇒ https://ddnavi.com/serial/475179/a/

かなり頁数を読めますね。これは太っ腹!

読めば分かりますが、パニック障害を経験した人なら刺さる言葉がたくさんありますよ。

「無知ゆえの悪化(第4話)」

「私は遅かった(第5話)」

この辺はとくに共感できました。

普通に生きていたら、「パニック障害」になんて出会わないですから、どこに診断に行けばいいかもわからないですしね。

で、少し我慢すれば、なんとかなると思っちゃうんですよ!

でも、私はそこが甘かった。。

パニック障害の次には、たくさんの病が待ち構えていることに気付いていないんです・・・。

睡眠障害、摂食障害、うつ病など、大物がいるのを知らないんですよね。

だから、気づいたときにはすでに二次障害の芽が出始めているなんていうのはあるあるだと思います。

最近思いますけども、パニック障害の症状よりもむしろ、二次障害の症状の方が重いし、生活に直結している気がします。

「だから早めのケアが必要なんです!」と言っても、なかなかケアできないんですよね。分かります、私もそうでしたから。

まずは不安な気持ちを言葉にすることから始めてみるのがいいと思いますね。

 

☆=====

さて、「パニック障害はまず自分を癒すことから始めるんです」についてお伝えします。

 

パニック障害は本当に辛い病気だと思います。

 

なぜ、辛いかと言えば、人に自分の症状のことを言ってはいけない!と思うからです。

・同僚に症状のことを言ったら変な見られるだろうから言えない

・親に言ったら哀れな目で見てくるだろうから言えない

なんて思ってしまうもの。

 

でも、なぜ人に言ったらいけないと思ってしまうんでしょうかね?

なぜ自分がおかしいと思ってしまうんでしょうかね?

 

こう思ってしまうこと自体、おかしいとは思うんです。

だって、普通に生きているだけでしょ。

自分が、周りと比べてちょっと変なところがあるから隠そうと思うは、よくよく考えると、おかしいと思うんです。

だって、ただ普通に生きているだけですからね。

 

でもね、できないもんですよね。私もずっとできませんでしたし、今でもできてませんし。

知っているのは妻ですからね。

人にはなかなか言えないものであるという気持ち、とてもよく分かります。

 

普段から、頑張って、仕事をして、子育てをして、家事をして、友人と遊んで、普通の生活をしているだけなのに、どうしても言えない。

 

「きっと周りから変な目で見られてしまう」と思ってしまうものですよね。

 

普通に生きているだけなのに!

なぜ自分のことをおかしいと思われなきゃいけないの?なんて思うわけです。

 

でも、よくよく考えると、

 

「自分が自分のことを一番おかしいと思っている」

 

と思うんです。

 

だってまだ人に自分の症状のことを話てないわけしょ。

どういうリアクションをするかなんてわからないじゃないですか!

 

「でも、言ったらきっとこういう反応をする」と勝手に想像して、決めて付けてませんか?

「私のことを絶対におかしな人だと思う」ってね。

 

でも、私もそういう風に自分のことを思ってましたら、よく分かります。

 

最近、LGBTやトランスジェンダーの人のことが話題に上がっていますよね。

彼ら彼女もそうとう辛いと思うんです。

だって、普通に生きているだけしょ。

 

普通に生きているだけなのに、知りも知らない人たちから排他的なことを言われてしまうわけですよ。

これ、意味が分からないと思いませんか?

そんなことを言われるくらいなら隠そうとか黙っておこうと思うのは普通だと思うんです。

 

そういう点で似ていると思います、パニック障害と。

 

普通である」ことがなんと貴重であるか!

 

うちの息子も発達障害のグレーなんて言われているし、むしろ普通とはなんだんだ?と思いますけどね。

 

「普通である」とか「普通の生活に戻る」ことに憧れて、お金を使って治療をしたりするわけですよね。

 

なんのためにやっているの?と疑問に思うことがあっても、せっかくここまで積み上げたのだからと最後までやり遂げようと思うわけです。

 

いろいろと探していれば、自分に合う治療法がいつか見つかると思って信じて頑張っているわけですよね。

 

素晴らしいことだと思います。本当に頑張ってますよ。

 

だから、またに思いっきり、ご自分の「好きなこと」をしたり、「好きなもの」を食べて、ご自分をリフレッシュする時間を持ているといいですね。

 

こんなに頑張っているのだから。

 

頑張りすぎてばかりでは、良くなるものも良くなりませんよ!

 

大学受験を控えた大学生が、徹夜しすぎて、試験中に居眠りこいていたら、元も子もないのと同じです。

 

ときには、ご自分をケアする時間を作ってみるといいかもしれませんね。

いろんなものを一回横においておいて、ぐだーっとする時間を作ると楽になれると思うんですよね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。