パニック障害を治せる人だけが知っているパニック障害に対する決定的な心構えとは?

こんにちは。
パニック障害を自力で治せた鹿内智治(しかうちともはる)です。

 

突然ですが、

あなたは、パニック障害を治すのは難しいことだと思っていますか?

それとも、易しいことだと思っていますか?

 

私の意見では

鹿内

パニック障害を治すことは難しいことだと思っているんです!

 

難しいからこそ、パニック障害を治すにはまずは、

 

鹿内

心構えがとても大切なんです!

 

なぜかというと、パニック障害を治すには、

 

「見たくない過去の体験や、苦い思い出と遭遇することがあるから」

 

私たちは過去の記憶に無意識にコントロールされちゃっているんです。

 

パニック障害を治す途中には、心が抉られるような気持ちになることがあるかもしれませんし、辛いことがあるかもしれません。

 

でも、大丈夫です(‘ω’)

 

鹿内

みんなそこを通過してパニック障害を治してきているから!

 

辛いこと、あります。

苦しいこと、あります。

マラソンも30キロ地点が一番辛いって言います。

 

ゴールに近づけ近づくほど辛いものなんですって!

 

今が辛いということは、

 

鹿内

ゴールに近づいているということなんです!

 

諦めなければゴールにたどり着けますから、安心して今の辛さを味わってしまえばいいのです。

 

(ちょっとウザイっすか?。お前は前向きすぎよ、、と妻や同僚から指摘を受けます。でも気にしないぜ!)

 

ということで、今回は「パニック障害を治すときの心構え」についてお伝えしていきます。

 

パニック障害を治せる人だけが知っているパニック障害に対する大切な心構えとは?

難しく考えない!

 

難しく考えている人、多いです。

 

いろんな人のパニック障害の体験ブログを見させてもらうのが私の趣味なんです。

ま~みんな、あれやこれやと悩んだり苦しんでいたりする様子を書いている人が多い。

 

生きる上で悩むことや苦しむことは大切です。

 

悩みは人を成長させるし、苦しみを人は強くすると実体験から私も思います。

 

でもー、「パニック障害を治す」という点において、悩むこと苦しむことは全くのムダです(断言!)

 

こんなこと言うと反発してくる人いるんだろうな。。

 

なぜムダだと言い切れるかと言うと、そもそもパニック障害の症状はめちゃくちゃ辛いからです。

 

人に言っても分かってもらえない。

人に言うことを恥ずかしいと思ってしまう。

本音を言える相手がいない。

 

こんな悩み、私持っていました。

今思うとマジでムダ!!

 

パニック障害は悩んじゃダメなんですって。

 

ここで、大事なこと言いますね、パニック障害を治すときの心構えで大切なのは、

 

鹿内

パニック障害はいかに悩みを減らせるか?を考えることなんです

 

私の話しをしていきますね。

 

「あ~上司に怒られちゃた~」と思ったら、

次は上司に怒らないようにするにはどうしたらいいのか?を考えるんですって。

 

「あ~また突然パニック状態になってしまった~」

次はパニック状態になっても対処する方法はないか?を考えるんですって。

 

「あ~、会社の評価が低かった~」

評価した人はどのポイントを見て評価を付けたのか、上司にちゃんと説明を求めて、次のアクションを考えるんですって。

 

つまり、できなかったことをいつまでも悔やむのではなく、どうしたら次は間違えないようにできるのかを考えるんです。

 

鹿内

辛いとか苦しいなどの感情に浸るのではなく、しっかりと対策を考えるようにするのです!

 

マジで絶対にこれ重要ですから。

 

対策が思い浮かばないなら聞いてください!

 

感情に心を惑わされて難しく考えてしまうのを止めるんですって。

感情は一旦横においておいて、次は何をすれば上手くいくか成功するのかを淡々と考えるんですって!

 

嫌われるのを覚悟で言っちゃいまーす。

 

「湿っぽい感情に浸るの、やめないかい?カビ生えるぜ(´Д`)」

 

考えるな!感じろ!

 

とても、意味不明なタイトルですよね。

「考えるな感じろ」

 

これはどういうことかというと、パニック障害になる人は頭を使いすぎているということです。

 

「あんなこと起きたらどうしよ~、こんなこと起きたらどうしよ~」

 

考えてしまいますよね、気持ちはよく分かります、私もそうでしたから。

 

でも、パニック障害を治せた立場から言わせてもらうと、こんなことを考えることは意味なし!!

 

だって考えたって良いことないじゃーん( *´艸`)

 

最悪なシチュエーションを考えてみて、過去にいい事ありました?

ないですよね?(バッサリ!)

 

過去にいい事をあった人は教えて~!!

そして、どうぞそのまま考えていてください!!

 

過去にいい事なかった人は、考えすぎて悪いことばっかり起きてますよね?

 

鹿内

だから、考えるのを止めるのです!

 

考えることを止める時間を意識的に作るのです。

 

感じる時間を作るのです(これ、表現むずかしいけど超重要!)

 

ですので、私は呼吸法と瞑想法をずっとやっていました。(これは本当に効くよ)

 

呼吸法も瞑想法もやると分かるんです。

 

最初は考えてしまって、呼吸法的な集中が難しい時があるということが。

 

ただ、やっているとだんだんと体や頭が慣れてきます、とにかく続けることが大事なんです。

 

みんなすぐ止めちゃうから、効果が少ないんですよ(´Д`)

 

考えない、感じる時間を作ってみてください。

 

みんなに好かれることを止める!

 

私はパニック障害を本気で治そうと思ったとき、みんなに好かれることを止めました。

 

特に同僚の一部には完全に嫌われましたし、陰口をたたかれました。(少し悲しかったけどね)

 

なぜ嫌われたか理由をちょっとお伝えします。

 

私は当時システムを作る仕事をしていました。(今もね)

システム開発の仕事ってこんなイメージありませんか?

 

「きつい、帰れない、厳しい」

 

まさにイメージ通りでしたよ(*´Д`)

当時はそんな状態でした。

 

残業、残業が続いていく毎日。

 

「こんな働き方をしていては、パニック障害なんて絶対治せるわけない( ;∀;)」

 

ある時に決心しました。

 

残業を一切やめる!!

 

「今日は用事があるので、先に帰りまーす」

「飲み会参加しません、先に帰りまーす」

「明日やりますので、先に帰りまーす」

 

これを一人で黙々と続けました。

パニック障害であることは、会社に伏せてました。(プライドがどうしてもあって)

 

同僚から「お前健康的でいいね~」という声と、声なき声(つまり陰口。。)がありました。

あと一部の上司にも嫌われたかな~。

 

最初は辛かったですし、後ろ髪を引かれる思いはいつもありました。

 

でも、人の適応力はすごい!

 

いつしか、残業なしが当たり前の言動になっていくんですよ!

 

そのうち、「定時で帰る人」キャラが完全に定着していきました。

 

いくら周りの人に口で説明しても難しいことは行動で示さなきゃね!

 

今では同僚に「お前はすでに働き方改革ができている!」と言われています( *´艸`)

 

まーそれでも、半数の同僚や上司には嫌われたでしょうね、でもそれは仕方ないっす。

 

なぜなら、

 

鹿内

体調管理よりも大切な仕事はこの世にないからです!

 

何人かに嫌われても、十分に職場で生きています。

人に嫌われることを過剰に恐れないことです。

 

気に入ってもらえる人たちと仲良くするればいいのです。

 

とにかく体調を一番に優先してください!

 

そうすれば、パニック障害の症状は確実に改善しますから。

 

最後に

久しぶりに感情をぶつけされてもらいました。

いや~定期的にブログを書いていて思ったんです。

 

「オレのキャラはなんだっけ?」

 

過去記事を見ると、とてもまじめと言う印象のみでした。

まじめはちょっとキャラとして弱くないか?オレに持っている他の面はないのか?そうだ!オレにはあった!

 

「暑苦しさ(‘ω’)ノ」

 

昔から、「ムダに暑いね」と褒めているのかけなしてしるのか分からない評価をいただいてましたから。

 

今後はそういうエッセンスも入っていこうと思います。

少しでも面白いと思っていただけたら嬉しい限りです!

 

今回は、「パニック障害を治すときの心構え」についてお伝えしてきましたが、

お伝えしたかったことは、

 

鹿内

ムリのない自然体になれるような心構えを持つということでした!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。