パニック障害のパートナーと別れようか迷っている

こんにちは。鹿内です。

あなたはパニック障害のパートナーと別れようと思っているかもしれません。

  • 旦那がパニック障害でもう理解に苦しむ行動ばかりで別れたい
  • パニック障害と発達障害のある妻と別れようか迷っている
  • パニック障害の妻と一緒にいるとこっちまで心が病みそうで別れたい

こんな悩みを抱えている方は結構いらっしゃいます。

 

んー、とても難しいことだと思います。

 

状況もさまざまで何とも言えないところがあります。

 

でも私は

別れない方がいい」(お願いに近い)

と思うんですね。

 

パニック障害のパートナーと別れようか迷っている

うちでは、私がパニック障害になりまして、症状のことを妻に話しても、いまいちピンと来てない感じで・・・。

「ふ~~~ん、そうなんだ~~」

という感じで、そういう人もいるんだ~と反応でした。

 

それでも

  • 車の運転は率先してやってくれたり(ま、私が運転する恐かったですから)
  • 電車に一緒に乗っていても気にしないようにしてくれましたり

 

いろいろと配慮してくれました、理解できないなりにも。

今ではとても感謝しています。

 

どだい無理な話です、パニック障害のことを理解してもらおうなんて!

どだい無理な話です、パニック障害のことを理解してもらおうなんて!

パニック障害の体験談を伝えたところで、未体験の人に理解させるのはほぼ不可能ですって。

 

だって、女性の生理と同じですよ!

妻から生理の辛さを説明されたところで、男の私にはきっと理解できません。

理解できないけれども、心配したり、共感することはできますがね。

だから生理の時期は、鉄分多めのジュースを買って帰ったり、辛い時にはそおっとしておいたりしています。

 

でも妻の辛さはきっと理解できません!!

どうしても・・・なぜ?と思うことが出てくるからです。

  • なんで寝てばっかりいるの?
  • 家事とか残ってんじゃん!なんでそれくらいやらないの?
  • スマホをいじる余裕があるならば、動けるんじゃないの!!
  • いつから始まったかなんで言ってくれないの!
  • なんで終わったら教えてくれないの!

 

と思っていた時期がありました。(今では改めましたが)

 

未体験のことは、いくら口で説明しても理解するのは無理なんですよ!

 

だた共感はできる

ただ先ほど言ったように、共感はできます!

パートナーのことをよく観察してみれば、もしかして・・・と思うことが必ず出てきます。

 

生理のことであれば、

こんなときにも寝ながらスマホをいじっているということは・・・、

そうする以外なにもできないほど、ダルイということなんでは?

・・・もしそうだとすると、想像するだけで、辛い。

 

本当は家事をしなきゃいけないと分かっているのに、分かっていても動けないのでは?

・・・もしそうだとすると、想像するだけで、苦しい。

 

つまり、「なぜできないの?」ではなく、「分かっていてもできないほど辛いのでは?」と想像することが共感するってことなんだと思うんですね。

パートナーへの共感はずーっと必要ですよ。

 

パニック障害のパートナーのことは待つしかありません

パートナーがパニック障害の場合、待つしかありません!

私がいうのもアレですが、体調が回復するまで、妻が待ってくれたんです。

いつ治るのか?なんて言えるはずありませんから、ただただ待ってくれたんです。

いまでは本当に感謝してます。

 

待つというのは子育てに近いんですよ!

子育てはある程度年齢が行くと、親の言うことを聞きませんよね。

そんな態度に「こらぁ~~~!!!」と怒って子どもが動けばいいですが、そんなに単純な話しではないはず。

そんなとき、親はどうしたらいいでしょうか?

もうね、待つしかなんですよ!

 

子どもが何かに気付いて、自発的に動いてくれるのを待つしかないですよね。

引きこもりだって、頭ごなしに言って効果ありますか?ないですよね。

本人が何かをきっかけに動き始めるのを待つしかないじゃないですか。

親という漢字は、「木に立って見る」と書くように、遠くから見守ることしかできないときがあるんです。

 

パニック障害も同じで見守るしかありません

パニック障害も同じで見守るしかありません!

いつ回復するかも分かりません。

時間が経ってみないと分かりません。

ある人は3カ月で治したと言う人がいますし、ある人は10年かけて治したと言う人がいます。

もう治るまでの期間は人それぞれですよ。

 

パートナーを焦らせても何もいいことありません。

反発されるだけ。

だって、本人は本人なりに頑張っているんですから!

焦らすということは、「お前の頑張りが足りない」「今のお前のままではダメ」と否定になるから反発するわけです。

 

ま、いろいろと言ってきましたが、

最後はあなたが決めること

です。

 

待つか待たないか、決めるのはあなたです。

 

ただひとつ、待ってもらった側から言わせてもらうと・・・・

妻にとても感謝しているので、これからたくさんのものを渡していきたいとこころから思っています。

深くつながれた妻ですから、大切していきたいと強く思っています。

そんな深いつながりがある夫婦になれるんです!

二人で病気を乗り越えられれば、言葉では表せられない関係を作る事ができるんです!

 

私から言えるのは、

別れないですむ道を考えてみてもいいかもしれません

ということです。

 

まとめ

結婚した期間が長ければ長いほど愛の形って変わってくると思うんです。

  • 最初はラブラブで魔法にかかったように、相手がステキに見えて、こんな人と一緒にいれるなんてとても幸せだ!と思う。
  • そのうち魔法は溶けて(笑)、家事や食事や片付けなど細かいことが気になり始める。
  • そのうち子どもができたりして、急に忙しくなって夫婦の会話がなくなってくる。

 

時間とともに環境も変わるので、ふたりの関係が変化していくのはあたり前です。

ま、いかに悪い方向にいかないようにするのも二人で考えていくべきことだと思いますけどね。

 

パニック障害というのも、二人の新しい形なんじゃないですかね!

茨の道を一緒に歩いてくれる人は、人生でかけがえのない人になることは間違いないと思いますけどね。

 

ま、それでもムリなら別れるしかありませんけどね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!




★人気ブログランキングにご協力ください!





このブログは人気ブログランキング(パニック障害カテゴリー)に参加しています。

あなたのクリックが1票となりましてブログランキングに影響してきます!

いつでも押すことができますので、リンクをクリックして1票を入れて下さい!




★にほんブログ村ランキングにご協力ください!





このブログはにほんブログ村(パニック障害カテゴリー)に参加しています。

あなたのクリックが1票となりましてブログランキングに影響してきます!

いつでも押すことができますので、リンクをクリックして1票を入れて下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。