パニック障害になり人生の壁にぶつかって身動きとれなくなったときにやるべきこと

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

ちょっと今回は、私のパニック障害に対する認識をお伝えします。

 

パニック障害になっている状態というのは、

 

鹿内

人生で大きな壁にぶつかっている状態だと思っているんです。

 

壁に何度もぶつかっているとね、どんなにタフな人でも叫びたくなるますよ。

 

「何をしたら発作を止められるんのだー!」

「俺には薬しかないのかー!!」

「いつまでも人に症状を隠して生きていくのかー!」

 

こんなふうに叫びたくなったこと、ありませんか?

 

私はありましたよ。

妻に言っても理解されず、ましてや同僚なんかには負けたくないから死んでも言えない。

ひとりで隠して隠して隠しとおす方法だけを考えていた時期がありましたね。

 

あのころは辛かったですね。

 

でも、諦めるのは早いっすよ!

 

パニック障害でなんか上手くいかない、身動きが取れない、そんな風に思っている方!

 

「壁にぶつかり、どうにかしたい!と思ったらやるべきことがある」

 

これが、私の経験から導き出した答えなんです!

 

人生の壁にぶつかると何をしたらいいか分からなくなるものですね。

 

でも、まだまだやれることあるよ~!ということをお伝えしていきます。

 

ということで今回は「パニック障害になり人生の壁にぶつかって身動きとれなくなったときにやるべきこと」についてお伝えしていきます。

 

パニック障害になり人生の壁にぶつかって身動きとれなくなったときにやるべきこと

得意なことがだけやっちゃお!

パニック障害になって何をしたらいいか悩んでいるとき、

 

「新しいことを始めなくてはいけない」

 

そう思ったりしませんか?

 

始めるべきだと思ってしまうこと

・認知行動療法

・暴露療法

・カウンセリング

 

たしかに新しいことは始めて、行動や考え方を変えていくことは治療にとても大切なことです。

 

でも、、そんなことよりももっと大切なことがあると私は思っているんです。それが、

 

鹿内

今やっていることを止めるのです!

 

これは多くの人が間違えるポイントです。

 

新しいことを始めようと考えてしまうよりも前に、今やっていることで止めた方がいいことがないかな?と考えてみることが必要なんです。

 

なぜか?

 

それはパニック障害という病気の特徴に由来してきます。

 

パニック障害というのは、ざっくり言ってしまえば、心も身体もオーバーヒートしている状態なんですね。

 

オーバーヒートとは?

・自分では抱えきれないほどの感情を同時多発的に感じ続けてしまった

・体力の限界を過ぎてもなおやり続けてしまったなど

 

自分のリミッターを超えることをし続けてしまって結果、抑制が効かなくなってしまっているんです。

 

パニック障害になる直前のことを思い浮かべてみれば、思い当たることがあるのではないでしょうか。

 

パニック障害の壁にぶちあたったとき、まず考えるべきことは、

 

鹿内

ダイエットなのです!

 

体重のダイエットではありませんよ!

 

思考のダイエット、行動のダイエットが必要であるといることなんです。

 

私はNLPを教えてもらったコーチからこんな言葉を以前かけてもらいました。

 

「ジャケットを着たまま、新しいジャケットは着ることができない」

 

つまりこれは、まず着ている服を脱がなくては、新しい服は着ることができないということを意味しているのです。

 

パニック障害も同じなのです。

 

鹿内

まず普段してしまっている行動や思考を一旦止めないと、新しい行動や思考は身に付かないということなのです。

 

そこで、まずすぐにでも止めるべきなのは、苦手だと思ってることであるということなんです。

 

 

新しいことを始めてみる!

「得意なことだけやる」の続きで、まずは今していることを止めてみる。

 

そのあとにやるべきことはなのは、当然新しいことなのです。

 

「新しいことをやる」と聞くと尻込みしてしまう人もいると思います。

 

そんな負担になるようなことをしなくていいのですよ。

 

じゃあ、どんなことを新しく始めればいいのか?ちょっと私の意見をお伝えしますね。

 

新しく始めることのおススメ

・ピアノ

・ランニング

・キックボクシング

・ギター

・自転車など

 

ん?と思われたかもしれません。

 

これらはみな私がやりたいことなのでした~!

 

ここで言いたいことは、あなたがやりたいと思っていたことを新しく始めればいいということです。

 

もちろん、呼吸法とか瞑想とかはとてもおススメしますし、効果はほぼ保障できます。

 

でも、こういう言ってしまえばまじめなトレーニングって続けないでしょ!?

 

グチなんですが、結構いろんな方からメッセージをいただいて、呼吸法とか瞑想の良さをお伝えして、「やってみます!」というお返事をもらいましたが・・・・。

 

多くの人が音信不通になっています。(私の力不足も有り)

 

パニック障害を克服されて、私との交流が不要になったのならば、それはとても嬉しいこと!

でも、訓練をやらなくなって、私との連絡を続けていくのが重たくなったパターンもあると思うんです。

 

まあ、こればっかりは本人の問題なので、仕方ないですが。。。

 

話しを戻しますね。

 

つまり、新しいことは続けなきゃ意味ないのです。

 

人から無理に(私は相手のためを思って言ってるんですけどね~)言われたことは続かないのですよ。

 

内的な動機に基づいて始めないと続かなんですよ!

 

だから、前からやりたいと思っていたことを継続してやってみるのです。

 

すると、脳の中では今まで使われていなかった新しい部位が活性化するようになるんです。

 

そうすると、だんだんと新しいものの見方ができるようになってくるというのは想像できることだと思います。

 

やってれば変わります。これ本当に変わりますからやってみてください。

 

やっぱり本を読む!

また書いてるよ~と思う人もいるかもしれません。

本を読むって何回進めてんの?と思った方もいるかもしれません。

 

でも読書で私はパニック障害を治せたんです。これは事実です!

 

私は年間1冊読めばいい方でした。

 

でも、パニック障害になってから外出することができなくなったので、家でだら~とするわけですね。

 

テレビを見ていましたけれども、だんだんと飽きてくるんですね。

 

飽きてきて何をやったかというと読書なんです。

 

読書しているのって、カッコよくないですか?

 

「趣味:読書」・・・・・かっけ~な!!と私は思いちゃったんです。

 

「じゃあ、読書するか!」ということで最初は小説を読み始めました。

 

当時好きで読んでいた小説

・のぼうの城

・ガリレオシリーズ

・村上海賊の娘など

 

これらはホント面白かった!

 

面白い本に出会うと、本に対するハードルがどんどん下がっていくんです。

 

それによって、さらに別の本を読みたくなる、というスパイラルに入って行くんです。

 

こうなると、あとは時間が経つごとに、AMAZONでポチ!書店でも購入!という流れが出てくるということを私は経験しました。

 

じゃあ、私がなんでこんなに読書を進めるのか?それは、

 

鹿内

小説の中にあなたと同じように壁にぶつかって身動き取れない人物が必ずいるからなんです。

 

小説を読むと登場人物の誰かが問題や課題にぶつかって、どうしたらいいのか深く悩むシーンが必ずあると思います。

 

悩み続けてしまって、「終了」ということは物語の性質上、あり得ないわけです。

 

それでは物語の見せ場がないことと同じですから。

 

必ず悩み続けるなかから、何かヒントを得てそこから前進するということがあるわけなんです。

 

読者は、そういうポイントを楽しみに読んでいると言えるでしょう。

 

まさに、学びはそこにあるわけなんです。

 

悩み苦しみ待っている人は、なにをきっかけに新しい希望を見つけたのか?

 

これが自分の状況と重ねて見えくるんです。

 

この人物は何を考えてその答えにたどり着いたのか?ということを想像するのです。

 

それに何がしかの気づきがあるはずなんです。

 

私は書籍からたくさんのことを今でも学んでいて、「まさにオレのこと言ってるじゃん!」ということを自分の人生に活かしたことは何度もありました。

 

あなたにもぜひ体験してもらって、感動を味わいつつ、壁を打破するヒントを本から見つけてほしいと思うのです!

 

最後に

今回はパニック障害で何をしたらいいのかさっぱり思いつかず悩んでいる方向けに3つのことをお伝えしてきました。

 

パニック障害になるとパニック障害に効くことは何か?という思考になって、選択肢を狭めていることがあると思います。

 

それでは本当にもったいない!

 

今回はお伝えしたかったことは、

 

鹿内

今あるものを捨てて新しいものを継続しながら新しい世界を楽しむということでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。