パニック障害が治らないのは潜在意識に応援されていないから

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害に苦しむサラリーマンに克服のヒントをお届けすることを目的にブログを書いています。

 

パニック障害が一生治らないと思っていませんか?と尋ねたら

きっと全員が「そんなことはありません。本当は治したいんです」と答えると思います。

みんなパニック障害になったら、それを治したいと思うのは当然ですよね。私もそうでしたから。

 

パニック障害をともなう生活はとても制約が多いですよね。

・夜眠れないことがある

・エレベーターに乗りたくない

・電車に乗りたくないことがある

・会議室に入れないことがある

・飛行機などに乗れないために旅行に行けない

・あまり飲みたくない薬を飲み続けている

・今の苦しさを分かってくる人がいない

 

こういう制約は本当に辛く感じるときがあると思います。

私もずっとそうでしたから、よく分かります。

こんな制約、早く無くしたいと思いますよね?

 

 

ではなぜ、パニック障害がなかなか治らないんでしょうか?

なぜ、こんなに頑張っているのに良くならないんでしょうか?

 

これは、人それぞれ理由があって、数え切れないほどの答えが存在していると思います。

ですので、明確な答えは避けますけども

ひとつだけ言えることがあります。

 

それは、「潜在意識」があなたを応援してない可能性があります。

 

「え、なに潜在意識って?」

「ちょっと、怪しくなってきてない?」

と思われたかもしれません。

まあ、もうちょっと話しを聞いてください。

 

潜在意識というのは、もう一人の自分と言い換えることができます。

あなたの中で、あなたの行動や感情をつぶさに見続けている、もうひとりのあなたです。

潜在意識はずっとあなたのことを生まれてから見続けているんですね。

 

あなたのことを全部知ってるんですよ、潜在意識は。

だから、あなたがしてきたダラシナイことも、大人げないことも、くらだないことも、ダラダラしたことも、カッコ悪いことも、良い行いも全て見ているんです。

 

でね、これまでの人生を振り返ってみて、

良い行いをした方が多いと思いますか?それともグダグダなことの多いと思いますか?

 

これはきっと、グダグダなこの方が多いと思います。

だって、自分の言ったことが守れてないことの方が多くないですか?

 

だからね、潜在意識はあなたのことを、

「本当に信用できねー奴だな!」

「言ったことを守らない奴だな!」

「続けることもできない奴だな!」

と思っているんですよ。

 

あなたの言うことなんて信用してない可能性があるし、

そんな関係性になったのは、これまでのあなたの行いが原因である可能性があるんです。

 

だから、「潜在意識」に見返してやらなければいけないんです!

応援してもらえるように関係性を変える必要があるということなんです!

信用されるようになろうよ!ということなんです。

 

ここまで大丈夫ですか?

ついて来れていますかね?

 

先にいきますね。

 

それにはどうしたらいいのでしょうか?

どうやったら、潜在意識から信用されたり、応援されるようになるでしょうか?

 

これはね、

言ったことを守るんです

決めたこと、発言したことを守るんです

まずは、潜在意識に対して真摯な姿勢を見せるんですよ!

 

例えば、パニック障害を効くと言われたから、

「毎朝ストレッチを10分やる!」と言ったら、毎朝やるんですよ!

「毎朝20分呼吸法をやる!」と言ったら、毎朝やるんです!

「毎日XXをやる」と決めたら、それを毎日やっていることを自分でチェックして、「今日もやった」「今日もやった」を積み重ねていくんです!

 

そうしていくうちに、1年や2年経つと、潜在意識が

「あれ、最近いい感じじゃないか!」

「あれ、なんか変わろうとしてるじゃなんか?」

「あれ~、まじめになっているじゃんか?」

 

というように、あなたを見る目が少しづつ変わってくるもんなんです。

人によって時間はまちまちですけどね。

 

そうしたら、こっちのものですよ!

あとはさらに続けるだけです。

 

目標達成と言うのは、基本的には反復練習を積み重ねるしかないじゃないですか。

小さい頃から、なにもしなくても100メートルをトップのタイムで走れてましたとか、

なにもしなくても、東大に入れましたとか、

なにもしなくても、ピアノのコンクリートで優勝できましたとか。

そんな才能がない限り、練習を繰り返すしか上達しないですよね?

というか、才能がある人だって、ものすごい練習量をこなしてますよね?

 

つまり、続ける以外に、上達するというはないんです。

 

これはパニック障害でも同じですよ。

・何かパニックの前兆を感じたときに頭の中で言語化する練習だってそうですし、

・呼吸法が身体に定着するだってそうですし、

・瞑想の訓練だってそうですし、

 

続けることで、成果が出る下地ができてくるんですね。

そして、続けているあなたを「潜在意識」は裏切りませんから!

 

成果が出るまで続けてみましょう!

まだ成果が出てないということは、「もうちょっと頑張りな!」と潜在意識が言っているのかもしれませんね。

 

今回は「パニック障害が治らないのは潜在意識が関係している」というテーマでお伝えしましたが、

 

伝えたかったことは、

 

潜在意識に応援されるまで、訓練を続けよう!

 

ということでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。