パニック障害のせいで妻と離婚まで考えたけれども思いとどまった3つの理由とは?

こんにちは。
妻のことが今では大好きな鹿内智治(しかうちともはる)です。

 

パニック障害になると絶対に悪くないこと!

 

それは夫婦関係だと思うんです。

 

なぜなら、お互いが気持ちがずれていくから”(-“”-)”

 

夫婦のズレ

妻:夫の心配はするけれども、症状のこのが分からず、どうしたら良いか混乱する

夫:妻からの理解が足りないと感じて孤独感を強める

 

これは避けられないと私は思います。だから仕方ないと思うんです。

 

パニック障害というのは目に見えないし、未知との遭遇に近い。

 

未知のものに出会ったら、お互いどうしていいか分からなくなるのは当然だと思うんです。

 

正直、私も離婚まで考えました(+_+)

 

だって、妻の理解がないし、一緒にいてもストレスが溜まるばかりし~。

 

終わりにしよう!!と考えたことがありました。

 

でも、でも、

思いとどまったんです!

 

なぜなら、

 

妻との関係を改善できる希望が見えたから!

 

希望を信じて妻と一緒に歩むのを当時決めたのです。

 

この決断は最高の選択だったと今はっきりと言えます!

 

離婚しなくて良かったぁ( *´艸`)

 

今回は「思いとどまった3つの理由」についてお伝えしています。

 

パニック障害のせいで妻と離婚まで考えたけれども思いとどまった3つの理由とは?

相手は誰でも変わらない!

「相手は誰でも変わらない!」と思ったんです。

 

(これだけ読むと怒られそう~(;´∀`))

 

ちゃんとした理由があるので、最後まで読んでください!

 

離婚原因の1位に来るものは「価値観の相違」なんだそうです。

 

過去の私であれば、「たしかに価値観の相違とかってあるよな」と納得しちゃっていたでしょう。

 

でも、あるとき思ったんです。

 

「価値観が同じ人なんてこの世にいるの?」

 

いやいや、いないでしょ(‘Д’)

 

同じ屋根の下で育った兄弟だって、親と子だって価値観は全然違いますよね?

 

そ・れ・な・ら・ば、

夫婦間はさらに価値観が違うのは当然でしょ!

 

むしろ一緒の方が気持ち悪くないか(‘_’)??

 

そう思ったのです。

 

でも、離婚の理由第1位は「価値観の相違」

 

違うだろ!夫婦間では「価値観が相違」しているのが当たり前だろ!!

 

なのに、

価値観が相違を離婚の言い訳に使うのっておかしくないか?

と思ったのです。

 

夫婦というのは価値観が異なる者同士が集っているだから、価値観の衝突が起きるのが普通。

 

衝突が起きたときに、どっちかに合わせるのか、または別のところに落ち着かせるかは話し合いが必要なはず。

 

夫婦間で一つ一つルールを作っていくものだろーが!!

 

な・の・に、「価値観の相違」を言い訳にするということは、

 

つまり、「相手が価値観をすり合わせるほど好きな人ではなかった」ってことでしょーよ?

 

と思ったのです。

 

そんなの、大して好きじゃなかったんだよ!と思ったんです。

 

それをちょっとカッコよく「価値観の相違」なんて言い方しやがって!!

 

と思ったのです。

 

それで私は希望を見出したのです!

 

だからこそ、妻と・・・・・

 

「喧嘩していい!ぶつかっていい!イライラしていい!」

 

なぜなら、価値観が違うんだから!!

 

と思ったんですよ(‘ω’)ノ

 

 

喧嘩した、ぶつかった、イライラした、

 

つまりこれは、

 

鹿内

夫婦のスタートラインに立ったということ!

 

ここから変えていけばいいんだ!って本気で思ったんです。

 

ここから私の努力が始まったのです!

 

妻の扱い方が分かったから

妻に対して上から目線で言っているわけではありませんよ(;´∀`)

あるとき妻と話すときに意識するべきスタンスが分かったんです。

 

私の実体験では、

 

鹿内

求められないアドバイスはしないということなんです。

 

妻との関係が上手く行っていないとき、

 

妻のことを「一緒に戦っていく仲間・戦友」なんて思っていました。

 

でも、そういう言動はことごとくスベることばかりでした。

 

挙句の果てに、妻が不機嫌になったり、不満そうな顔になったり。。

 

このやり方は明らかに間違っている( ;∀;)

 

だから、そう思うのを止めて、テレビで紹介されていた方法を試しました。それが・・・

 

「女性に対してとにかく共感する、アドバイスや分析は不要!」

 

さあ、やってみよ~!と試したところ・・・・

 

めちゃめちゃ効果あり!!

 

本当に妻が楽しそうに話しをするようになったんです。

 

妻と会話をするときの返答例

「うん、うん、それで~」

「うん、うん、分かるよ~」

「なるほどな~、たしかにね」

 

アドバイス、一切やめました。

そうしたら、途端に妻からの会話の量が半端ないことになって、こっちも妻と話しをするのが楽しくなっていったんです。

 

その変化が分かったときに、

 

 

鹿内

まだこの人とやっていける!

 

そう思いました。

 

好きなところが1つあればいい!

性格でも見た目でも、好きなところがひとつでもあれば十分なんじゃないですかね!

 

うちの場合は妻のあごのラインが好きなんですよ。

 

こんなの、完全に主観だし、誰かに共感してもらいたいことではないけど、どっか1つでも好きなところが十分だと思うんですよね。

 

どっかあると思うんです。

 

奥さんの好きな、仕草とか、口調とか、見た目とか、性格とか。

 

どこからあるはずだし、どこでも良いと思うんです。

 

誰かに理解されなくていいから「ここ好き!!」ってところ。

 

これは気持ちが離れそうになったときに鎹になりますから!

 

最後に

私の場合、妻とのことはいろいろ悩んできたなので、ちから入れました。

 

結婚生活が10年くらいになってくると、自然体で維持していくのってまず無理だと思うんです。

 

なにか工夫や変化が必要なってくると私は思うんですね。

 

そういうときに、今回ご紹介した方法を取り入れてみて、少しでも改善してたら、私は本当に嬉しい限りでございます。

 

今回は、「パニック障害のせいで妻と離婚まで考えたけれども思いとどまった3つの理由とは?」ということについてお伝えしてきましたが、

 

お伝えしたかったことは、

 

鹿内

妻との関係はあなた次第でいくらでも改善できる!ということでした

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。