パニック障害はただの愛称ですから気にしないで

こんにちは。心理カウンセラーの鹿内です。

よく自分はパニック障害なのか心配されている方がいます。

  • いきなり顔が熱くなってきて、めまいがでてくることがあります、パニック障害でしょうか?
  • 人込みにいると、だんだんと息苦しくなってきて、逃げ出したくなることがあります、パニック障害でしょうか?
  • 狭い場所や電車などの乗り物に乗っていると突然動悸がすることがあります、パニック障害でしょうか?

 

こういう質問をすること自体、あまり意味がありません。

なぜなら、「それはパニック障害です!」と言われて、少し安堵感があったあとに、これからどうするよ?という絶望感しか生まないからです。

 

きっと、こういう質問をする人は、「やっぱりパニック障害だったんだ~」と思いたいのでしょう。

「パニック障害」という原因が分かったことで、安堵したいのかもしれません。

 

けれども、パニック障害と分かったところで、それはな~んも分かっていないに等しいのです。

なぜならパニック障害は、だたの愛称やラベルなだけだからです。

 

パニック障害なのかどうかを気にするよりも、なぜパニックの症状ができるほどストレスを溜めてしまったのか?どんな考え方のせいでストレスを生みだしてしまっているのか?

こういったことを探求する方が100倍重要なんですね。

 

「やっぱり、パニック障害だったんだ~、良かった」と安堵したくなる気持ち、分かります。

でも、分かった事で何が良かったの?

これから本当の治療だよ?

パニック障害であると分かったことは、まだまだ入り口ですぞ!とお伝えしておきたいです。

 

よく思うのですが、パニック障害なのかどうかに悩むくらいなら、とっとと病院に行って診断を受けた方がいいです。

ウジウジ悩んでいる時間がムダですもん。

だって、あなたの貴重な人生の時間が悩む(=行動しない)ことに浪費されてしまっているからです。

 

だた~、「さっさと病院へ!」なんて言うと・・・

  • 薬を処方されるかもしれないから行きたくない!!
  • 薬づけにされるのはまっぴらごめんだ!!
  • 精神科医に行くほどでない!!

などと言って、病院を頑なに拒否する人がいらっしゃいます。

お気持ち、と~っても分かります。

なぜなら私も、精神科医に行くまでに1年ちかくかかりましたので笑

あのころはプライドが高すぎて、全く行く気が起こりませんでした。

私、とても小心者なんです。

 

でも今なら、分かります。

そんなプライドがあるなら、捨てて下さい。

はっきり言ってそんなプライドは、パニック障害の治療の邪魔以外のなにものでもありませんから。

 

私を含めた多くの人が、精神科に行ったら、

  • 自分の価値が下がる
  • 弱い人間に成り下がる
  • 精神の貧弱な仲間になってしまう
  • 薬に依存した人間に成り下がる

なんて思っているかもしれません。

自分の価値を毀損されたように感じるかもしれませんけども、現実は全くそんなことありません。

 

精神科に仮に行ったとしても、あなたの価値が下がるわけではありません。

その考え方は過剰ですよ。

なぜなら、なぜ耳鼻科や小児科はいいのに?精神科だけダメなのでしょうか?

精神科に行っただけで弱くなるという考えの方がおかしいでしょ?と今の私なら思います。

 

自分のことがパニック障害どうか気になるなら、さっさと病院に行って診断を受けて下さい。

 

そうすると、次に言われるのが、「薬を飲まなければいけなくなるからいかない!」というもの。

これもね~、別に飲みたくないなら、飲まなければいいだけのことじゃないですか。。

あなたが薬を飲むところまで、医者も誰も監視してませんって。

 

それに、そこまで飲みたくないなら、医者に伝えればいいんです。

「薬は飲みたくないんです」ってね。

私の場合は、そう伝えたら、精神科のお医者さんと「飲まないとダメ」みたいに言われたから、ムッとして、診察室から飛び出しちゃいました。今思えばあの行動は大正解でした笑

 

薬を飲むかどうかなんて、自分で決めればいいんです。

ただし、飲まないと決めたからには、飲まないことで起きる不利益も全て背負う覚悟があれば自由にやっていいと思います。

 

次に言われるのは「もし精神科の先生と相性が悪かったらどうすればいいか?」

そんなの、先生を変えたらいいんですって!

 

精神科の施設って、日本にいくつあると思います?

というか、近所にどの程度の数の施設があるかご存知ですか?

 

試しに、グーグル検索で、「メンタルクリニック」とか「精神科」と調べてみてください。

30分程度で行ける範囲にいくつか出てくると思います。

病院やクリニックというのはそれだけにたくさんあるんです。

だから先生と相性が悪いと思ったら、別のところへ行けばいいだけのことなんです。

 

たとえば、近所のお店で外食したときに、「なんか嫌だ~」と思ったら、次から別のお店に行くようになりますよね。

それと同じ感覚でいいのです。

別に初めていったところにずーっと通わなければいけないなんて法律ありませんから。

もし相性のことが気になって、病院に行けないのだとすると、考え方を改めた方が良いかもしれませんね。

 

パニック障害を改善するポイントは柔軟性なんです。

「こうしなければいけない!」「こうやるべきだ!」みたいに選択肢を縛ってしまうと、ご自分の人生をどんどん狭めてしまって、にっちもさっちもいかない状況になります。

いかにさまざまな選択肢を持てるように行動できるか?

これがポイントなんです!

 

話を戻して・・・。

パニック障害と診断されたら、2つの道に分かれます。

1つ。お医者さんの言われたとおりにする

2つ。我が道を歩む

 

お医者さんの言いなりになる人は、パニック障害のことを風邪くらいにしか思っていないかもしれません。

こういう人は、パニック障害は風邪みたいに薬を飲んでいれば治ると思っているかもしれませんけども、パニック障害は風邪とは明確に異なります。

パニック障害は心の病気だと私は思っています。

なので、薬だけで治せるなんて全く思っていません。

 

こんな風に感じているのは、私だけかもしれませんが・・・。

パニック障害に関する本のうち、お医者さんが書いているものに、完治した事例が少なすぎではないか?と思うことがあるんです。

本を書くほど有名なり実績を上げている人なんだから、何百人も患者が訪れているはずなのに、具体例が少ないの?と思うことがあるんです。

はは~ん。

もしかするとそれは、薬では治らない人が何人も裏にいるのでは?なんて、うがった目で見てしまいます。

 

ま、それはおいておいて。

薬だけで治そうと思うのはかなり難しいでしょう、というのが私の見解です。

 

2つ目、我が道を歩む人。

私の場合、まさにこのタイプでしたので、こっちを自然と推してしまいます笑

 

お医者さんだって、パニック障害の治療において正解が分かっているわけではないのが実情だと思うんです。

100発100中ではないということです。

ならば、お医者さんだけを信じ続けることにもリスクがあるわけです。

ならば、誰かに薦められたものではなく、自分に合うものは、自分で見つけに行く方が良いと思うのです。

私の場合、たまたま、NLPをベースにしたカウンセリングと呼吸法と運命的な出会いをしました。

そのおかげで、完全に症状をコントロールするまでに回復できました。

どちらに進むかご自分で選んでください。3つ目があれば教えて下さい笑

 

まとめ。

なんだかとりとめのない感じでここまで来てしまいました。

言いたかったことは、パニック障害かどうかに悩むよりも、どうやったら、自分のことが癒せるようになるか?を考える方が1万倍重要だし、そう言うことを追及しないかぎり、パニック障害から抜け出せないということです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。