パニック障害になったら人のつながりを増やすべきなんです

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害になると孤独を感じることがありますよね。

  • 僕のことを分かってくれない
  • どうせ話しても理解されない
  • 言っても仕方ない
  • 説明するのも億劫

みたいにね。これは私も同じ状況であったのでよく分かります。

 

・・・ただ気持ちは分かりますが、治療という点でいうと、望ましい状態ではないことは分かりますよね?

なぜかと言えば、このまま自分の殻のなかにいても全く進展がないからです。

 

「僕のことを分かってくれない」というのはだいぶ閉鎖的ですもんね。

 

でも孤独を感じてしまうんだから仕方ないだろ!!」と思われるかもしれませんよね。

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

 

今回解説していきます。

 

パニック障害になったら人のつながりを増やすべきなんです

タイトルの通りなんです!

パニック障害になり孤独を感じるようになったら、人とつながるのがもっとも良いことなんですね。

 

なぜ人とつながるのが良いことなのか?

 

iphoneを例に説明していきます。

 

iphoneに例えてみると?

iphoneをはじめとするスマホは、今や誰でも持ってますよね?

スマホって買ったばかりのころは、ベーシックなアプリしか入っていないことはご存知ですよね?

  • 計算機とか
  • 音楽ダウンロードとか
  • カメラとか

特徴のないアプリしかないんですよね。

 

でもそこから4Gや3G、wifiなどインターネットネットにつながることによって、好きなアプリをダウンロードできたり、好きなアプリを使えるようになったりしますよね。

 

まさにこれなんです!

今回の言いたいことは!

 

今回言いたいこととは?

・・・ん?と思ったかもしれません。

 

何が言いたいかというとですね、

  • 孤独なんだ
  • どうせ分かってもらえない
  • パニック障害は知られてない

と言って自分の殻に閉じているのは、買ったばかりのスマホと同じ状態ということです。

ベーシックなアプリしか入っていないんです!

たしかに今まではベーシックなアプリだけで対処できてきたのかもしれません。

でもパニック障害になったということは、ベーシック版では対処できなくなっているということです。

別の言い方をすれば、パニック障害の治療や問題解決に必要なアプリが入っていない!ということなんです。

 

この例えの説明、分かりますかね?

 

最初はベーシックなアプリしかないけど、インターネットにつなぐことで、じゃんじゃんアプリをダウンロードできるようになりますよね。

  • FACEBOOK
  • twitter
  • LINE
  • 乗り換え案内

などをダウンロードしてきて使いますよね?

そうするとだんだんと自分のスマホぽっくなるじゃないですか。

 

ではなぜアプリをダウンロードできたのか?と言えば、

インターネットにつながるようになって、「外の環境とつながったから」なんです。

 

インターネットにつなぐ前のスマホは、あまり便利ではなく使い道の少ない状態でした。

でもインターネット回線につないで、外の世界とつながった途端に、スマホが便利になったり、オリジナルになったり、心地よい状態になったりするわけですね。

 

つまり、

外の世界とつながることでスマホが華やぐ

ということなんです!

 

私たちも全く同じ

これは私たちも全く同じ性質があるのではないでしょうか。

いままで、自分のやり方で通用していたときは良いですが、通用しなくなったときに、どうするべきなのか?

自分ではどうしようも対処できなくなったときに、どうするべきなのか?

 

変わらず自分のやり方にこだわるのか?

それとも外の世界とつながって、いろいろな情報をダウンロードして、オリジナルなやり方を編み出したり、心地よい状態になったりするのか?

 

これを選べるんです!

 

パニック障害になると孤独感を感じることはよく分かります。私もそうだったんで。

そのまま孤独感を感じたままでいいのか?ということです。

むしろ外の世界とつながることで自分だけのオリジナリティは磨かれるんです!

 

私はパニック障害の途中から外に出るようにしました

私はパニック障害の途中から外に出るようにしました。

初対面と人と会うような懇親会に参加するようにしましたが、始めは全く会話できなかったんです。

でも当時は、どうしたらパニック障害が良くなるか分からなかったので、恥ずかしくても、そういう場に行きました。

そうしたら、同じパニック障害の人に出会ったり、うつ病の人と出会ったりして、そういう人からアドバイスをもらったり、勇気をもらうようになりました。そもそも自分にも力が湧いてきたりしたんです。

いままで体験したことがないような未知の世界に勇気をもって踏み込んでいった結果、症状がよくなったり、呼吸法に出会ったり、することがありましたんでね。

あのとき外の世界に飛び出さなかったら、今でもパニック障害に悩まされていたことでしょう、きっと。

外の世界は恐いところではありません。

たくさん情報を仕入れることができて、自分にダウンロードできて、どんどん心地よい状態になれるんですから!

 

まずは気になっているところに行ってみるの良いでしょう。

そうは言っても、パニック障害のことが不安になるかもしれません。

 

でも同じ参加者の人たちも、同じように不安を抱えていますから。

あなただけが緊張しているわけではありませんって。

 

一歩踏み出してみると世界なんてガラッと変わっちゃいますから。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。