パニック障害を抜け出すには相当な気合いが必要でした

こんにちは。鹿内です。

パニック障害を抜け出すには相当な気合いが必要でした、という話しをしていきます。

なぜ相当な気合いが必要だったのか?

それは、

パニック障害になると自尊心が極端に落ちてしまうからです

 

なぜ自尊心が落ちると、パニック障害から抜け出すのがキツイのか?

そもそも自尊心とは何?

今回は、このあたりを解説していきます。

解説を読み終える前に分からないことがあれば、聞いてください。

 

1.パニック障害を抜け出すには相当な気合いが必要でした

理由は、パニック障害になると自尊心が極端に落ちてしまうからなんです。

そもそも自尊心とはなんでしょうか?

いろんな人がいろんな表現をされています。

読んで字のごとく、自らを尊ぶ心と言う人もいます。

それだけだと、なんかよく分からないと思うかもしれませんので、もう少し具体的に。

私の場合、自尊心が完全に枯渇してみて、自分で補充できるようになって始めて、「あ、これが自尊心だ!」と分かりました。

私が思う自尊心は・・・

たとえば、こういうことを信じられる、普通に思えることが、自尊心がある状態と思っています。

  • 僕はここにいていい(エヴァ世代)
  • 僕は生きているだけいい
  • 僕は幸せだ
  • 僕は大切な存在だ
  • 僕の人生は楽しい

あたなは、これらのことを普通に思えますか?

ひとつも思えてないなら、私の定義では、自尊心が低い状態ですし、ひとつでも思えているなら、自尊心が高いと言えます。

私は、今ではどれも普通に思えていますし、もっと高めたいと思っています。

ただ、ときには思えないときもありますが、そういうときは、自分で自尊心を高めます。

 

パニック障害になると、この自尊心がまるで無くなってしまうのです。

それはなぜか?

あなたも体験されたことがあると思いますが、その理由は、

体の機能が普通以下になるから」です。

  • 電車に乗ってられない
  • 会議では落ち着いて座ってられない
  • プレゼンでは緊張なのか発作なのか分からない
  • 旅行に行ける自信が全くない
  • 外に出るのが怖い

こんな状態がずっと続けば、「オレはおかしくなった」と思います。

しかもおかしい状態が、どうしようも避けられないと悟ったとき、どう思いますか?

オレはダメだ

そう思ったはずです。私は思いました。

 

そうなるともう、頭の中でこの声がずっと聞こえ始めると思うのです。

「オレはダメだ~」「オレの人生はダメだ~」

鳴り止まないアラームのように頭の中で鳴り続けるのです。

これは本当に最悪でした。

当時はもう、そんな声が鳴り止まないのが当然だと思って、止めることなんて考えられませんでした。

 

パニック障害の症状がひどいときに、前向きになるのはかなり難しいことだと思います。

いまでこそ陽気で歯に衣着せぬ物言いで、人気を集めている長嶋一茂さんだって、ひどいときはうつ病で「死にたい!」と一日に何度も思っていたと本に書いていましたから。

(彼の本はぜひ読んでおくといいでしょう。克服法はかなり体育会系ですけどね。)
↓↓↓↓↓

「乗るのが怖い!~私のパニック障害克服法~」を読んでみて

2018.06.10

 

このようにパニック障害になると、「オレはダメ~」という声が頭の中で鳴り止まず、「死にたい」と思うこともあるわけですから、自尊死なんて無くなってしまうわけなんです。

体験したから分かります。

「オレは大切な存在だ!」なんて思えるわけないんです。

で、実はここまでは前ふりなんです!

 

2.ここからが本題です

すいません、だいぶ引っ張りましたけども、ここからが、私が今回いいたいこと。

自尊心がなくなると、日常生活にあることが起きるようになるんです。

きっと解説したら、「あ、そうそう!」と思ってもらえるはず。

タイトルに「相当な気合い」と書いたのは、ここを言いたかったからなんです。

 

パニック障害になって職場で、私にあることが起きているのに気付きました。

それは、「どんなこともネガティブに変換している」ことだったんです。

 

たとえば、上司が同僚の誰かを褒めていたとします。

そんな褒める様子が見えたり、褒める声が聞こえてきりしたとします。

そうしたら、私の頭のなかで、こんな変化がされたんです。

 

「私は褒められない。ということは、私はダメだということだ」

「私は上司に褒められたことがない。ということは、私は上司から嫌われているということだ」

「私は同僚よりも頑張っているのに、何も言われない。ということは私は目立たないからダメだ」

 

これ分かります?

ただ、上司が同僚を褒めただけなんです。

そんな光景を見たり聞いたりしただけなのに、「私がダメ」「私は嫌われている」に変換していたんです。

普通に数年前にやっていました。

 

今ならはっきりと分かります!

同僚が褒められることと、あなたがダメだってことは関係ないやろ!!」(関西弁)

なのに、私がダメ!という情報に変換しちゃっているのはどういうこと?

ということです。

 

あなたもそんなことしてませんか?

 

次もそうです。

同僚が褒められたからって、あなたが上司に嫌われているって、どうして分かるのさ!!

 

次もそう。

目立たないからダメなんて、誰が言ったのさ?

 

私の場合、なんでもかんでも、ネガティブな情報に書き換えていたんです!

自尊心が低くなっていると、何気ないことでも、自分はダメだ、自分は能力がない、ということに変換しちゃうんです。

そして、さらに状態を自分で悪くしてしまうということなんです!!

 

だから、パニック障害を抜け出すには、相当の気合いが必要だよ、とお伝えしているんです。

このネガティブ変換を止めるのが大変なんですよ。

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

 

それでも、パニック障害を改善させたい!と思うのが普通ですよね。

最も良いのは、パニック障害を改善させて、自尊心も回復させることでしょう。

 

それにはどうしたらいいのか?

これから順次お伝えするので、まずはメールマガジンに登録してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です