パニック障害であってもときには怒られることも必要だと思う

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害に苦しむサラリーマンに向けて克服のヒントをお届けしています。

 

今回は「パニック障害であってもときには怒られることも必要だと思う」

というちょっと不穏なテーマについてお伝えします。

 

パニック障害になると、

周りの人たちはやさしくしてくれますよね?

 

▼ 恋人、妻

▼ 同僚、上司

▼ 親、姉弟

▼ ネットの仲間

 

など、いろいろと励ましてくれたり、頑張れと応援してくれたりすることがあると思います。

ま、ときには理解のないことを言ってくる人もいますけどね。

 

こういう優しさは十分に味わうべきだと思います。

▼ いままで一生懸命仕事してきたんだし

▼ いままで我慢し続けたんだし

▼ パニック障害の症状に苦しんでやっと告白できたんだし

▼ パニック障害になる前からずっと辛かったんだし

周りの人から優しされるのは十分に味わっていいと思います。

 

ただ、ちょっとここで考えておきたいのは、

 

優しさだけで人は立ち直れるか?

ということなんです。

 

耳障りの良い言葉だけで、人は一人でまた歩こうと思えるようになるか?

ということなんです。

 

▼ 「オレは絶対大丈夫!」と胸を張って言える人いますか?

▼ 「私なら平気」と堂々と言える人いますか?

 

これ、結構難しいんじゃないかと思うんです。

 

なぜそう思うかというと・・・

 

まず自分の子供を見てそう思います!

 

▼ 片づけをしろと言ってるにやらなかったり、

▼ もうおしまいだと言っているのに、プラムビデオを見ようとしたり、

▼ 自分に都合が悪いことになると怒りだしたり、

▼ 分かっている!と言っているくせに、全く忘れていたり。

 

だから、私も怒るんです。

▼ 約束したことがでてないじゃないか!!

▼ 分かってないじゃないか!!

▼ 早くやりなさい!!

 

と言って、子どもは動くようになることがあるんです。

 

それは子どもだからでしょ?

と思ったかもしれませんが、本当に子どもだからなのでしょうか?

 

大人だって、言われたことを守れない人はたくさんいますよね?

▼ 残業してはダメだって言われているのに、残業をしたり、

▼ カラーコピーはダメだって言われているのに、カラーで印刷したり、

▼ 研修を受けろと言われいているのに、受けなかったり、

▼ 勤怠申請を翌日までにしろと言われいているのに、しなかったり、

 

大人だって、子どもと大して変わらない人いますよね?

 

そういう人は、

▼ 優しくされているだけで、自立した大人になれるのでしょうか?

▼ 甘やかされたままで、動き出せるのでしょうか?

 

私は、難しいと思います。

そして、私もまだ自立した大人になれていないと自覚しています。

なので、ちゃんと対策をとっているんです。

 

どんなことをしているかというと、

怒られに行く」

んです笑

 

別にSMが好きだと言っているわけじゃありませんからね。

(私はどちらかと言えば、Mです!、ってどうでもいいか)

 

私が入っているあるコミュニティでは、年1回、

条件を満たした人だけが集うパーティーがあるんです。

そこでは、みんな小キレイな格好をして銀座などのお店に行くんですけども、

 

そこで、何が始まると思います?

 

大の大人たちが、揃いも揃って、怒られるんです笑

 

▼ 「情報は力である!ビットコインの暴落で儲けた人がいるんだぞ!」

▼ 「幸せ自慢をする場所なのに、なぜ自慢ができない!!」

 

なんて、怒られるんです!

美味しい席なはずなのに、シーンとなりますよ。

 

でも、そういうことを言われると、私はどう思うかというと、

 

▼ 「あ~、ダメだ!しっかりしよう。自立した大人になろう」

▼ 「ちゃんと自慢できることを増やそう」

▼ 「もっと勉強しよう!」

 

と気合いが入るんです。シャキッとするんです。

 

人ってどうしても、楽な方に流されてしまうものです。

 

▼ 自分で決めたことだって、簡単にやめてしまったり、

▼ たいしたことでもないのに、やり忘れたり、

 

それで良いというのであれば、それまでなんですけども、

私はもっと頑張りたいって思います。

 

だから、ときには

人から怒られる

というのは、必要なことなのではないでしょうか?

 

大人になればなるほど、

耳障りのいいことだけ話したり聞くことはできますよね?

 

それだけで、前に進んでいける人はいいですけど、

それだけでは、流れされてしまう人は、

ときには聞きたくないことをちゃんと耳に入れる必要があると思いますよ。

 

ただし、ゆくゆくはちゃんと自制できる大人になりたいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。