パニック障害で起こる悩みの根源はどこにあるのか?

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害に苦しむサラリーマンに克服のヒントをお届けするためにブログを書いています。

 

パニック障害のことを考えているこんな言葉が頭によぎること、ないですか?

外にいるとつねに不安

食事中も気が抜けない

ボーっとする

普通にしてても落ち着かないことがあると思います。

 

落ち着かないと、だんだんイライラしたり、悩ましくなることがありませんか?

 

落ちつきたいのになぜ落ち着けないんだ!?

 

パニック障害はホント悩みが尽きません。

 

たとえば、こういうことでも悩むこともあると思います。

 

仕事で上司や先輩から怒られた

パニック障害の症状がひどくなった

薬を飲んでいるのに効果がない

 

普通にしていても、仕事をしていても、悩むことが多いこの病気。

 

では、ちょっと考えていただきいのですが、

 

「悩みとはどこからやってくるでしょうか?」

 

これにはちゃんした理由があります。

 

それは、

しなければいけないこと」「やりたいこと

があるけれども、その状態にならないから悩むんですよね。

 

どうにかして、ギャップを埋めたい!!

 

そう思って、変えたいと思うわけです。

そう思うと人はギャップを埋めるための方法を探すわけです。

 

たとえば、

インターネットで調べる

本を読んでみる

医者に相談をしてみる

詳しそうな人に話しを聞いてみる

 

でも探しあてたものが必ずしも上手くいくとは限りません。

そして、また悩むなんてことがあると思います。

 

なぜこの方法が上手く行かなんだ!

いつまで悩めばいいのさ

 

 

そうなんです。

インターネットで調べたからって、本を読んだからって、医者に相談してもらったからって

必ずしも良くなるとは限らないのが、パニック障害の特徴です。

 

だから、パニック障害はとても厄介なんです

 

長引くとうつ病になることもあるし

摂食障害を併発したり、

別の不安障害を併発することだってあるし、

ムリをすれば悪化することだってあるし、

最悪の場合、家から出られなくなるというケースだってある。

 

 

だから、パニック障害は舐めちゃダメです。

私のようなことをしてはいけません!!

 

パニック障害は壁となって現れることがあるということなんです。

 

でもだからと言って、治す方法がないわけでもないんです。

 

パニック障害を治すのは難しいと言われますけども、必ずしも治せないものではありません。

 

じゃあ、どうやったら治せるのか?

 

気になりますよね?

 

これは

パニック障害を治せる脳になればいい」

のです。

 

「なんだ治せる脳って?」

と思われたかもしれません。

 

せっかくなので、次回に続けます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。