【大公開】パニック障害の症状改善に効く運動効果のヒミツとは?

こんにちは。
自力でパニック障害を治したサラリーマンの鹿内智治(しかうちともはる)です。

 

パニック障害の症状改善に確実に効く方法のひとつに「運動」があることをご存知でしょうか?

 

運動をすることによって、パニック障害の症状がかなりの確率で改善していることが研究の結果から明らかになっているんですね。

 

たとえば、運動することによって、パニック障害の症状に効果があるものを紹介すると、、

 

運動の効用

・抗うつ薬と同じような効用が得られる

・脳内の安心物質が増やせる

・パニック発作を起こしやすくする物質を減らせる

 

ということが研究の結果から明らかになってきているんです。

 

今回はこの3つの効果にスポットを当てて、

 

パニック障害の症状改善に効く運動効果のヒミツ」についてお伝えしていきます。

 

 

パニック障害の症状改善に効く運動効果のヒミツとは?

セロトニンが増える!

出典:http://www.kenkoweb.jp/images/image_06.jpg

運動することによって、抗うつ薬と似た効果があるとことが知られています。

 

その効果のひとつに「セロトニンを増やす」ことがあります。

 

運動をするとセロトニンを増やすことが分かっていて、パニック障害の症状に一定の効果があることが研究からも明らかにされているのです。

 

研究結果1

被験者の方に対して、1日45分のウォーキングを週3回のペースで6カ月続けた結果、抗うつ薬のSSRIを飲んだときと同じような脳の変化が確認されている

 

研究結果2

パニック障害の方に対して、薬のみで治療するグループと、薬と一緒にウォーキングなどの有酸素運動を取り入れて治療するグループとに分けてパニック障害の治りを比べた結果、運動を取り入れてたグループの方が治りが早くて完治する確率も高かったことが確認されている

 

つまり、セロトニンを増やすことによって、パニック障害の症状の改善に効果があるということなのです。

 

では、セロトニンが減るとどのような変化が体に起こるのか?

 

セロトニン減少による体への影響

・ストレスを感じやすくなる

・疲れやすくなる

・寝つきが悪くなるなど

 

つまり、神経が過敏になりやすくなるということです。

 

神経過敏な状態は、パニック障害に悪影響があることは想像できると思います。

 

では、セロトニンが増えるとどんな効果があるのか?

 

セロトニンの効果

・ネガティブな気分の解消

・過剰な興奮などのを抑える

・痛みが和らぐなど

 

落ち着いた安心感のある生活に近づくことができるということなのです。

 

セロトニンを増やしたくなってきますよね!

 

では、運動以外でセロトニンに増やすにはどのような方法があるのか?

 

セロトニンに増やす活動

・朝日を浴びる

・カラオケ

・咀嚼(よく噛む)

・ウォーキング

・丹田呼吸法

 

ウォーキングの他にも、水泳、サイクリング、ラジオ体操などが良いと言われています。

 

他にも、日常生活で簡単にできることとして歩く機会を増やすというのがあります。

 

歩き機会を増やす

・自転車を使わずに歩くようにする

・最寄り駅から手前で降りて歩くようにする

・エレベーターなどは使わずに階段を使うようにするなど

 

つまり、運動の時間が取れないとしても、ちょっとしたことで軽い運動を増やせるという事なのです。

 

また、家事でも十分に効果があると言わています。

 

散らかっていた部屋がスッキリするして気持ちもスッキリできて一石二鳥ですね。

 

健やかな生活を実現することよって、セロトニンを増やしてパニック障害を改善できるということなのです。

 

乳酸の代謝が減る!

乳酸はパニック発作を起こしやすくすると言われていています。

 

パニック障害の症状で悩んでいるならば、乳酸を増やさず減らすようにする必要があるのです。

 

乳酸は、激しい運動や労働で筋肉にたまりますし、反対に運動不足でもたまることがあります。

 

乳酸が溜まりやすい活動

・激しいスポーツ

・長時間の立ち仕事

・デスクワークなど

 

私の場合は、ほぼ100%デスクワークで仕事をするので、乳酸を溜めやすい生活をしていることになります。

 

ですから、しっかりと乳酸が代謝させる必要があるのです。

 

乳酸を代謝しやすくする活動

・ストレッチ

・軽い有酸素運動

・入浴など

 

有酸素運動の目安は、楽に行える程度にする良いと言われています。

 

有酸素運動の目安

・普通に呼吸ができる

・苦しくない

・笑顔でいられる

 

あまり気合いを入れすぎず、「楽に続く」ことを目標にすると良いです。

日常生活に取り入れやすいところから始められるのと良いと思います。

無理をすると続かなくなってしまって、元も子もなくなってしまいますからね。

 

習慣化のコツ

習慣を定着させるには最低3カ月続けることが必要であると脳科学的に言わています。

 

習慣化の力は本当にすごいです。

毎日のようにブログを書いていますと、書かないといられなくなるんです。

これが習慣化の力なのです。

習慣が体に定着すると勝手に身体が動くといったことが起きます。

習慣化のコツが分かると続けたいことが続けやすくなっていきます。

 

 

脳が活性化する!

運動をすることによって、新しい脳細胞を生み出そうとする働きが促されて、脳が活性化させるそうです。

 

まとめ

今回は「運動をするとパニック障害の症状が改善する3つの理由」についてお伝えしてきましたが、

お伝えしたかったことは、「健康的な生活がパニック障害から抜け出すカギである」ということでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンの登録


パニック障害から抜け出すのに欠かせないヒントを無料で定期的にお伝えしています。

ボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております。



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。