私のパニック障害体験談4

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

あなたがもし車に乗っているときに発作を感じたら、どうしますか?

しかも、同乗している人たちが、あなたがパニック障害であることは全く知らず、

発作のこと、言い出しにくい状況にいたとしたら、どうしますか?

はっきり言って、どうすることもできないですよね。

先日、出張先で何人かでミニバンに乗ることになって、まさに車中で予期不安のような症状がでてきてしまいました。

そんな大変なときに、私がその不安にどう対処していったのか、お伝えしていきます。

==================================

先日、新潟出張に行ったときのことです。

仕事で出張、というより研修が目的で新潟に行きました。

研修の内容は、新潟県の十日町の未来を考えるというものでした。(すごくざっくりとしたテーマでしょ。)

泊めるところもホテルではありません。

ちゃんと、十日町の未来を考えるために、十日町をより知るために、廃校になった小学校を改築した施設が今日の寝床でした。

この施設は、山の中の中腹あたりにあって、山道を車で登らないといけないところにありました。

この日は、十日町の未来を考えるために、町の人たちと一緒になって、あれこれと夕方までディスカッションをしました。

そして、そのあとに温泉につからせてもらいました。

「あ~いい湯だった。さあ、次は、夜ご飯だぜ!」

ということで泊まるところへ向かうことになりました。

温泉から上がると、辺りはもう真っ暗でした。田舎は街灯がないので、本当に漆黒でした。

温泉の駐車場で、研修の事務局の人に案内されて、

「じゃあ、これに乗って行きますので、みなさん、乗り込んでください!」

そう言われて、指示されたのが、10人乗りのミニバンでした。

はっきり言って、こんな真っ暗な中を山道って、本当に気分悪くなりそう。。。でも乗るしかない。

ミニバンに乗り込んで発車しました。

同乗者はみな、何度も顔を合わせたメンバーでしたので、あまり心配してませんでした。

でも、そうは言っても、どうしても、どうしても、こういうときに、頭の中で出てきちゃうんです。

「予期不安が起きたらどうしよう」

「広場恐怖で吐き気が出たらどうしよう」

今だにこんなことを勝手に考えてしまいます。

もう、パニック障害は症状はコントロールできると、自信があるのに、想像というのは止めることができません。

「車の中で気持ち悪くなったらどうしよう」

「気持ち悪くなっても、止めてください、なんて恥ずかしくて言えない」

「止めてください、なんて言ったら、なんて思われるやら」

どうしても、こんな不安たちが頭をよぎってしまいます。

いつもなら、このあたりで気にならなくなるんですけど、この日はなぜか、嫌な感じがさらに増してきました。

・・・

・・・

ヤバいかも。。

・・・

・・・

窓側に座っていたので、すぐに窓を開けようとしました。

でも、なぜだか、窓は開けられませんでした。「チッ!!」

そんな体調ではあったものの、隣にいるメンバーと全く話さない、というのはいかがなものかと思いました。

隣のメンバーはゲーム好きで、最近、任天堂スイッチを買った、という話してました。

なので、スイッチのことを聞くと、そのネタをとても楽しそうに話し出しました。

よしよし!

・・・

・・・

さあ、ここで問題です。

このあとに、車中にいて、さらに不安が増してきてしまったので、あることをやり始めました。

それをやると、5分ほどで、リラックスした気分になって、不安や吐き気がなくなっていくのですが、

では、その、あることとは、一体なんでしょうか?

トゥルルル、トゥルルル、トゥルルル、トゥルルル、ルーン!(世界ふしぎ発見!ぽく)

・・・

・・・

えっ!?もちろん、分かりますよね?

私のブログを読んでいるなら、ボーナス問題ですよね?

私が不安になると、すぐにやり始めることがあるじゃないですか!!

あれですよ、あれっ!

そうです、それです。

・・・

・・・

呼吸法です。

まずは、しっかりと息を吐き切ります。そして、7秒間、止めます。

そして、ゆっくり7秒間つかって、空気が肺全体にいきわたることをイメージして、息を吸います。

吸い終わったら、また7秒間つかって、肺にあった空気を全て吐き出すことをイメージして、息を吐き切ります。

これだけです!本当にこれだけで、頭の中がさっぱりしてきて、なんだかすがすがしい気分になってくるんです。

そして、だんだんと落ち着いてくるわけなんです。

・・・

・・・

これが、不安に支配されてしまうと、パニックになるしか、他に選択肢がなくなってしまいます。

パニックになりそうになったときに、呼吸法のことを思い出してください。

「パニックになる前に、呼吸法をやる」

これを覚えて下さい。

覚えられないのら、スマホの壁紙に書いてください。それくらいしないと覚えないですかね。

・・・

・・・

正直に言いまして、呼吸法ほど、簡単で、即効性があって、副作用が全く方法はないですよ!

先ほどお伝えした通り、パニック障害の不安は、今後忘れることはできません!

これから生きていく限り、必ず思い出します。

それほど、あなたの胸に深く残った記憶なんです。私にも胸にも深く残っていますから。

それを分かった上で、これからどうやって生きていくのか考えてみて下さい。

どんな生き方をしたいですか?

・・・

・・・

きっと、当然パニック障害の症状が出ないことだと思います。

じゃあ、もし、このあとの人生で、パニック障害の症状が全く出ない、というようなことにはならない!と言われたらどうしますか?

・・・

・・・

これはもう答えは決まっていて、上手く付き合っていく方法を探すしかないと思うんです。

じゃあ、どうやったら上手く付き合えるのか?

これは難しですよね。

でも、もう私なりの答えは決まっています。それは、変わらず、呼吸法なんです。

パニック障害の場合、何をおいても、まず呼吸法ですから!

そして、呼吸法を繰り返し、繰り返し、訓練していくと、だんだんと、パニック障害が恐くなくなっていきますからね。

私を信じてやってみてください!!

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「サラリーマンでもパニック障害をバレずに治せる!」無料メールマガジン(毎朝8時配信)
登録はこちら ⇒ https://twelfth-ex.com/rg/48949/2/
ブログでは言えないことを毎日お伝えしています。(いつでも解除できます!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログランキングにご協力ください!
⇒ 「サラリーマンでもパニック障害をバレずに治せる!」のブログランキングを見る
ブログランキングの順位を見てみて下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

最後まで読んでいただきありがとうございます!


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。