最近のパニック障害の体験談@車の中

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

今回は「最近のパニック障害の体験談」についてお伝えします。

 

車の中で予期不安に襲われました

先日、出張先で移動のためにミニバンに乗ったときのことです。

予期不安に襲われました・・・。

 

出張のために新潟に行ったときのことです。

新潟県の十日町を訪れて町のあちこちを見学し終えたあと。

もう夕方になり、宿泊場所に車で移動することになりました。

辺りはもう真っ暗、東京では考えられないくらいの漆黒でした。

 

「じゃあ、これに乗って宿泊場所へ行きます」

「みなさん、乗ってください!」

駐車場に停まっているミニバンに案内されたとき、イヤな~気分になりました。

 

これからの道中を考えたら一気に不安になったのです

「こんな真っ暗な中を山道を走って車酔いしないか?」

「どんだけ乗るか分からんぞ・・・」

そんな不安がよぎりました。

 

でも、乗らない選択肢はありません。

ですので、10人乗りのミニバンに乗り込みました。

 

同乗者は知り合いばかりですが、何かあったときにそこまで頼れない・・・。

 

  • 何かあったら・・・
  • どうしよう、どうしよう・・・

 

いつもの悪い癖が出てきてしましました。

 

  • 予期不安がでたら?
  • 広場恐怖がでたら?

 

こんなことが頭の中に繰り返し出てきしまいました

完治したとはいえ、今でも不安定になることがあります。

発作が起きても落ち着かせる自信はあるのに、「どうしよう」思考をなかなか止められませんでした。

 

  • 車の中で気持ち悪くなったらどうしよう
  • 気持ち悪くなり、「止めてください!」なんて言えない
  • 止めてください!と言ったら、なんて思われるか

 

不安が頭をよぎります。

そんなことはお構いなしに車は山道を進んでいきます。

 

いつもなら、落ち着いてくるんだけど。

この日はなぜか、嫌な感じがどんどん強くなりっていきました。・・・

 

「今日はマズいかも。」

 

「気分転換に窓を開けよう」

そう思ってもロックを外そうしましたが、窓は開けられませんでした。

 

「マジでヤバいっ!!どうしよう!!」

 

隣に座った人と話始めた!

そんなとき、

「隣にいる人と全く話さないのはなにか申し訳ない」

と思い、その人が好きそうな話のネタを振ってみました。

そしたら、思いのほか食いついてくれました。

 

よし、気分転換に会話に集中!

 

そう思いましたが、頭の中は不安に占拠されつつありました。

会話に集中できません・・・。

 

  • 話なんかしなきゃよかった!
  • ヤバいっ!!
  • もう降りたいっ!!

 

不安がピークに達しったときです!

 

不安を落ち着かせるのには呼吸法が最適!

会話を強制的に終わらせて、始めたのは呼吸法です。

 

まずは、しっかりと息を吐き切ります。

そして、心臓の鼓動を感じながら、しばらく息を止めます。

 

そして、7秒間かけて、肺に空気がいきわたることをイメージしながら息を吸います。

吸い終わったら、また7秒間かけて、肺にあった空気を全て吐き出すことをイメージしながら息を吐き切ります。

吐き終わったら、また7秒間かけて、息を止めます。

 

これだけです。

本当にこれだけです。

これをあとは繰り返すだけなのです。

詳しい方法はこちらを参照ください。

 

呼吸法の効用

そうすると、頭の中がさっぱりしてきます。

すがすがしい気分になってきます。

そして、だんだんと落ち着いてくるんです。

 

不安になったら、パニックになるしかない!

そういう人におススメです!

 

パニックになりそうになったときに、呼吸法のことを思い出してください。

パニックになりそうなら、呼吸法をやる!

と覚えて下さい。

覚えられないなら、スマホの壁紙にも書いてください!

 

呼吸法ほど、誰にもできて場所を選ばず即効性があって副作用が全くない方法なんて他にありませんから!

 

パニック障害とどう生きていくのか考えるのです

パニック障害で刻まれた不安は、忘れることはできません。

不安は必ずどこかで思い出します。

 

でも、過去の不安が悪いわけではありません。

不安をいつまでも引きずる思考がいけないのです。

 

過去の不安は、あなたの胸に深く刻み込まれています。

私のなかに深く残っています。

 

ですから、いつなんどきパニックになるかもしれません。

私にだって今でもあります。

 

では、それにどう対処するのか?

 

これをちゃんと考えねばなりません。

 

パニック障害はなかったなんてできません!

パニック障害がなかったことにはできません。

ならば、パニック障害とどう過ごしていくのかを考えるのです。

 

いつまでも不安に怯えて過ごすのか?

対処法を習得して、いつでも不安を解消できるようにするのか?

 

どちらの方がよいですか?

 

もう答えは決まっています。

 

うまく付き合っていく方法を探すのです。

どうやったらうまく付き合えると思いますか?

 

それは、自分にあう対処法を見つけることです。

私は呼吸法でしたが、あなたには何が合いますか?

 

すぐには見つからないかもしれません。

もし、すぐに見つからないなら、まず呼吸法を試してみてください。

 

呼吸法を繰り返し繰り返しやることで、体に馴染ませてみてください。

まずはやってみることです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。