パニック障害でも乗れた!飛行機で気を付けるべきこと6選

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

あなたはパニック障害であるけれども
どうしても飛行機に乗らなければいけない用事がある
のではないでしょうか?

または、飛行機の中でもしパニックになったときに
うまく対処する方法ないか?と探されているのではないでしょうか?

実は私もパニック障害の症状に苦しんでいたとき、
仕事でどうしても飛行機に乗らなければならないことがありました。
出張で福岡に行くために乗らざるを得ないことがありました。

あのころは、本当に辛かったぁ・・・。
正直言って思い出したくもない記憶です(>o<)

最初は、飛行機のチケットを買うことすら緊張していましたからね。
そもそも乗りたくないんだから仕方ないですよ~。

ただ不思議なことに、それでも何度か我慢して飛行機に乗っているうちに、
パニック障害の不安を抱えていても、ポイントさえをおさえれば、我慢できるようになったんです!

しかもそれは、

離陸するまでの行動が重要である

ことに気付いたんです!

たとえば、

  • 乗る直前のロビーでやることを工夫したり
  • チケットの予約を工夫したり、
  • 荷物の準備を工夫したり

 

することで飛行機に乗ることが苦ではなくなっていったんです。

これはビックリしました!

今では仕事でひとりで飛行機に乗ることだって全く問題ないですし、
家族で飛行機に乗ることだって、何不自由なく我慢せず乗れるようになりました。

そんな私がどんなことに気を付けているか?

今回は、パニック障害を抱えながら、飛行機に乗っていた経験から、
パニック障害でも乗れた!飛行機で気を付けるべきこと」をお伝えしていきます。

 

 

1.飛行機のチケットを予約するときに気を付けること

1-1.座席は空港に着く前に決めておく

 

飛行機の予約はしたものの、当日に空港で座席を決めると思うと心配になりませんか?

 

空港に着いて最初の心配

・チェックインカウンターが長蛇の列になっていたらどうしよう

・座席を決める端末が混んでいたらどうしよう

 

インターネットから、事前に座席を決めることができます。

 

行く前から焦るのは嫌ですよね!

 

そうならないために、空港に着く前に座席の指定をすませておくことをおススメします。

 参照:https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/reservation/domestic/asr/

 

パニック障害を抱える人の心得

・不安になりそうなことを事前にいかに排除しておけるか?

・問題が起きたときにすぐに対処できるように準備できているか?

 

パニック障害を抱える人が飛行機に乗るためには、不安をできるだけ排除しておく必要があるのです。

 

1-2.座席はトイレの近く

 参照:http://bit.ly/2EztAoS

 

座席はトイレの近く、またはトイレの使用状況が見える位置が良いと思います。

 

なぜなら、体調の異変などあったときに、トイレが駆け込む場所だからだと私は思っているからです。

 

「もしものときに駆け込める場所が近くにある」

 

そう思うだけで気分が楽になると思うからです。

 

1-3.窓際は避ける

参照:http://bit.ly/2CTVfAv

 

私は過去にこんなことがありました。

 

通路側の座席が予約できなくて、内側の座席にしたときのこと。

 

「トイレに行きたい」

 

そう思って通路側の人を見たら寝てたいのです。

 

「トイレ行きたい。でも起こすの可哀そうだから少し待とう。」

 

待つこと30分。

 

「(起きねーじゃん。もう我慢できない!)」

 

しかたなく肩を軽く叩いて起きてもらったことがありました。

 

二度とこのやりとりをしたくない!

 

それ以降、より一層、通路側を選ぶようにしています。

 

通路側は予約のときに空きが少ない印象があるので、取るなら早めに座席指定されることをおすすめします。

 

2.予約から出発の前日までに気を付けること

 

2-1.前日までに荷造りは終えておく

荷造りをしていると買い忘れなどが見つかることがありませんか?

 

買い忘れに気付いたとき

・出発当日に買いものに行くとなると面倒

・代用品を考えるものもめんどくさい

・店に買いにいってなかったらどうしよう

 

予め荷造りを終えておくことをすすめします。

 

パニック障害を抱えているならば

 

鹿内

飛行機に乗るまでいかに不安を減らせるかです!

 

不安になりそうなことを先回りして対策を打つことが重要なのです。

 

2-3.スマホは充電しておく

私の場合、スマホの充電を忘れることがありました。

 

出発ギリギリや空港へ向かう電車の中で気付くことがありました。

 

「スマホの電池がギリギリだ」

 

そうすると、コンビニで予備バッテリーを買う、ということをよくやってました。

 

そんなんで予備バッテリーが5つくらいうちにはあります・・・。

 

当たり前ですけども、前日に充電していれば予備バッテリーを無駄に買わなくて済みます!

 

2-4.2次元バーコードのチケットは紙でも印刷しておく

参照:http://www.mansaku-blog.jp/blog-entry-1662.html

 

チケットを予約するとスマホに二次元バーコードが見えるようになります。

 

二次元バーコードがスマホで見れれば十分と思う人もいると思います。

 

ただ、万が一スマホが故障したときのことを考えて、ニ次元バーコードを印刷して紙でも持っておくようにしています。

 

手元にあると落ち着きますからね!

 

チケットを忘れて飛行機に乗れなかったことは一度もありません。

 

ただ、スマホだけでなく、紙でも手に持っていられると落ち着くと思うのです。

 

手荷物検査のときも、スマホより紙で持っている方が手軽な気がします。

 

2-5.吐き袋を忍ばせておく

これも私の場合なんですけども、不安になると嘔吐恐怖が出てきてしまうんですね。

 

「ここで不安になって吐いてしまわないか」

 

そんなことを無意識に考えてしまうクセがあります。

 

ですので、これも気持ちを落ち着かせるために持つようにしているのです。

 

過去に不安になって吐いたことは一度もありません。

 

ただ、どうしても気になることがあるので、精神安定のために袋を携帯するようにしています。

 

持っていると落ち着くものは何でしょうか?

 

3.自宅から空港までで気を付けること

3-1.空港へは1時間前には着くように出発する

これも当たり前のことです。

 

1時間の余裕があれば、万が一電車に乗っていて降りたくなっても復活できます。

 

時間に余裕があると思えることで安心することができます。

 

時間に余裕を作る事も不安になりにくくするポイントです。

 

3-2.スマホの通知を切る

LINEとかメールのメッセージが来たときに毎回通知がうっとうしいと思ったことはありませんか?

 

アイコンの右上のバッチにメッセージの未読件数ができるのってうざいと思ったことありませんか?

 

未読件数を見るたびに「早く読め!!」と迫られているような気分になったことないですか?

 

未読件数だったり、通知する音であったり、ロック画面での表示させ方は変えることができます。

 

通知を切ることもできますし、LINEであれば人やグループ単位で設定を変えることができます。

 

このサイトに上手くまとまっていますので、良かったら参考にしてみてください。

 

私の場合、妻以外は通知しない設定にしています。

 

それで、日常生活は全く問題ありません。

 

これも「飛行機に乗るまでいかに不安にさせないか」の行動のひとつです。

 

3-3.食事を食べ過ぎない、なんなら食べない


私の場合、

 

「不安になったときに吐いてしまうかもしれない」と頭をよぎることがあります。

 

そのとき、「吐くものがあるのか?」と自問自答することがあるのです。

 

「朝ごはん食べたな」と思うとさらに不安になってしまいます。

 

反対に「今日は何も食べたない」と思うと冷静になっていきます。

 

なので、不安を高めないために移動のときはできるだけ食事はしないようにしています。

 

不安にならないことを防ぐことは難しいです。

でも、緊張が増すのを防ぐことは可能です。

 

ここでもポイントは「飛行機に乗るまでいかに不安にさせないか」ということなのです。

 

4.出発ロビーで気を付けること

参照:https://i.gzn.jp/img/2014/01/16/peach-narita-to-kansai/P1710922.jpg

手荷物検査を通って出発のロビーで待っているとき、この時間は搭乗前に最も大切な時間だと思ってください。

 

4-1.呼吸法をしてリラックスする

これはマインドフルネス呼吸法するのが私の日課です。

 

流れがこのような感じです。

 

マインドフルネス呼吸法の流れ

 

ロビーのイスに座りながら、いつもどおりゆっくりと呼吸に意識を向けていきます。

 

呼吸をコントロールしようと思わなくて大丈夫です。

 

自然におきる呼吸に身をませながら、ゆっくりに呼吸に意識を向けていきます。

 

そして、呼吸する回数を数えていきます。

 

次に身体の感覚を見ていきましょう。

 

おしりとイスが触れ合ってることを感じてみたり、背もたれと背中が触れ合っていることを感じたり、足の裏と床が触れ合っていることを感じていきます。

 

これらの感覚を十分に味わっていきます。

 

 

または、「パニックマスター呼吸法」でも構いません。

 

ご自分でいつもされている呼吸法でも構いません。

 

出発ロビーではリラックスをするというよりも、精神を統一するような時間にしてください。

 

「なにが起きても私は大丈夫である」という気持ちを高めるのです。

 

5.飛行機に搭乗してから滑走路に移動するまでに気を付けること

参照:https://www.nurse-happylife.com/wp-content/uploads/8486e4bd100741d0bdf51d14338bd10f.jpg

 

5-1.呼吸法は続ける

自分の席に座って周りが落ち着いてきたら、ゆっくりとまた呼吸に意識を向けるようにします。

 

不安感が起きてきたときは、息を吐き切って息を止めます。息を止めていることにだけ意識を向けてください。

 

息を止めていると不思議と不安感はおさまってくるのです。

 

ご自分のペースで構わないので、不安感が少し和らいだと思ったら、また息を吸い始めてそのまま呼吸に意識を向け続けるようにしてください。

 

5-2.飴やガムを舐める

気分転換のために、手元に置いておくといいと思います。

 

6.滑走路到着から気を付けること

参照:https://i.ytimg.com/vi/ZE9NCFK-7uE/maxresdefault.jpg

 

6-1.ジェットエンジンの音を聞くと強烈であると思っておく

滑走路について離陸直前になると、ジェットエンジンが急激に回転し始めます。

 

この音を聞いていると、不安感が一気に高まってきてしまうことがあります。

 

ここでは耳栓をするなり、音楽を聴くなり、呼吸法で意識を集中するようにします。

 

離陸するまでの時間をやりすごす工夫をしてください。

 

6-2.呼吸法は続けること

呼吸法は常に意識してください。

 

不安感が出てきて頭の中が沸騰したように熱くなりそうなときも、そういった予兆を感じたときも、なにか違和感を感じたら、まず呼吸法をするのです。

 

呼吸に意識を向けるのです。

 

不安なときはきっと呼吸が浅くなっていたら、呼吸が速くなっていることがほとんどです。

 

呼吸が浅くなっていること、速くなっていることに気付いて、「そうなっているから不安になっているだけなんだ」と気付くと自然と落ち着きを取り戻すことができます。

 

「違和感を感じたら呼吸を意識する」

 

これを守るようにしてください。

 

7.まとめ

それぞれのシーンで実践する行動をお伝えしてきました。

 

基本的なスタンスはこういうことです。

 

飛行機で不安にならないために

・不安になりそなことをできるだけ事前に排除する

・違和感を感じたら呼吸に意識を向ける

 

パニック障害を経てまた飛行機を乗れた経験って本当に嬉しいことです。

 

達成感だけでなく内側から湧き上がる自信というかオーラみたいなものを感じますから。

 

「俺はできる!!」

 

周りの人には理解されずとも、あなたの中で必ず大きな自信になるし、活力が湧いてきます。

自信をもって飛行機に乗れるようになることを願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンの登録


パニック障害から抜け出すのに欠かせないヒントを無料で定期的にお伝えしています。

ボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております。



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です