取り除けるストレスはできるだけ排除する

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

パニック障害に苦しむサラリーマンに克服のヒントをお届けするためにブログを書いています。

 

今回は「取り除けるストレスはできるだけ排除しましょう」ということでお伝えしていきます。

 

先日、名古屋に向かう新幹線に乗ろうとしたときのこと。

お盆休みで帰省ラッシュのピークなのに、私が持っていたのは「自由席券」のみ。

ホームはあまりの人だかりでカオス状態だったので、自由席に座るのはあきらめて、デッキに立っていくことに決めました。

 

そう思っているとアナウンスが流れきました。

「グリーン車のデッキでお立ちになる場合、グリーン車の料金をいただきます!」

これを聞いて、競争が少ないだろうからグリーン車のデッキしようと思って向かいました。

 

そしたら、すでに数人の人が立っていました。

私も立ち場所を確保して、

「グリーン席分の追加料金を払いたいんだけどな~」とあたりを見回しましたが、車掌さんが来ないので、

「ひとまずいいか」と思い立ちながらブログを書いていました。

 

20分後、新横浜駅を出発したあたりで、やっと車掌さんがデッキにあらわれて

「グリーン席券を持っていない方は別に場所に移ってください」と言いにきました。

 

そしたら、私の除く全員がゾロゾロ移動し始めたんです。

 

え?払う気なかったの、この人たち?

言われたら移動すればいいやと思っていたの?

と驚いたんですよ!

 

きっとこの方たちはこころのなかで

いつ車掌さんが来ちゃうかな

言われたらいいわけすればいいや

なんて考えていたと思うんです。

 

でも、そんなことを悶々と考えているのは無駄ですって。

車両のドアが開く度に「あ、車掌さんが来たか??」とドキドキしていた人もいたと思いますけど、

そんなの精神衛生上よくないですって。

 

こんな小さなストレスは、さっさと解消するのがいいに決まっています。

しかも、言われて移動した先に、居場所を見つけられるとは限りませんしね。

たった数千円のことで、やきもきするのは時間的にも精神衛生上も良くないです。

 

加えて、潜在意識的にも、悪い影響があると思いますよ。

「私は倹約家である」

というよりも、

「私は少額のお金すら払えない人間である」

という刷り込みが強いですから、少なからず入ってしまうと思います。

だから、パッと払って別のことに集中する方が絶対にいい決まっているんです。

 

で、グリーン席券の支払いをすませたら車掌さんから

「名古屋までとまりませんので、グリーン席に座っていてください」と言ってもらえらて

「ラッキー」と思いグリーン席でブログの続きを書くことができました。

 

支払ったお金は良い勉強代になりましたし、もう二度とお盆を気を付けると心に誓いました笑

(ただ今回の話しは、立ちっぱでいたストレスを軽減しろや!というツッコミがありそうで、まさにおっしゃるとおり笑)

 

今回は、「取り除けるストレスはできるだけ排除しましょう」ということでお伝えしてきましたが、

お伝えしたかったのは、

小さなストレスはさっさと解消するのが精神衛生上も潜在意識的にも良い

ということでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。