拘っているものを手放すと人生が上手く行き始める!

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

今回はパニック障害を改善していくために私が重要だと思う考え方についてお伝えします。

私が大切だと思う考え方のひとつの「しがみついているものを手放す」というのがあります。

なぜこの考え方を紹介するのかというと、なにかにしがみついていると、そればっかりに目がいってしまった結果、視野が狭くなり、上手く行かなかったときに、ものすごいショックを受けるからなんです。

何を隠そう私はあるものにしがみついた結果、上手くいかずにショックでパニック障害になったんです。

 

私がしがみついていたものは「会社での評価」でした。

当時、会社での私の評価を上げるにはどうしたらいいのか?ということばっかり考えていました。

 

当時考えていたこと

・上司にできるヤツと思われるにはどうしたらいいのか?

・先輩から信頼されるにはどうしたらいいのか?

・同僚から一目を置かれるにはどうしたらいいのか?

 

考え抜いた末に結論として、「周りに頼ることなく自分ひとりで仕事をやり切ことである!」ということに私の中でなったんです。

そこからは、とにかく周りの人に頼らず相談せずに仕事を進めていました。

ひとりで仕事をやるので当然残業が続いてしまいましたが、これも会社での評価を上げるためですから、遅くまで辛かったですけども、頑張って仕事をしていました。

数か月したとき、ある打合せで同僚からこんなことを言われたのです。

 

「鹿内は自分勝手な仕事の進め方をしている!」

 

これには本当にビックリしました!!

みんなに迷惑をかけないように仕事をしていたのになぜ批判されるのか!!

 

なぜ同僚がこんなことを言ったかと言えば、私がひとりで仕事を抱えているせいで、周りの仕事まで遅くれてしまって、迷惑しているということでした。

この出来事で私は完全に自暴自棄になってしまいました。

「何をしたら会社で評価されるようになるんだよ~!!」

ものすごいストレスを感じるようになってしまいました。

 

モチベーションはガタ落ち。

落ち切ったモチベーションを立て直すことができず、人生初のパニック発作へと続いていったのです。

 

このことから、思ったのです。

 

ひとつのことに拘ってしまうと、視野が狭くなり、上手く行かなかったときに、ものすごいショックを受けてしまうということを体験的に気付いたんです。

 

スタンドプレーができる社員が評価される思っていたけど、違うじゃん!

チームプレーのできる、みんなを巻き込みながら仕事ができる社員を目指すべきじゃんか!

 

ということに気付いていったのです。

 

これをきっかけに目指す姿を変えようと思うようになりました。

目指す姿を変えねばならないと思ったきっかけは、パニック障害になったことです。

 

人生のどん底を経験して、苦い思いをしたからこそ、

 

「もう二度、こんな辛い経験はしたくない!!」

 

と心の底から思うことができからです。

 

だから変わることに決心がつけられました。

 

そうして気付いてから私がまず何をしたかというと、周りに相談するようにしました。

 

ひとりで何でもやり切る社員を目指すのではなく、周りの巻き込みながら知識を吸収して、人を動かしていって仕事を進める社員を目指すようにしていったのです。

そうしたら、これが不思議なことに、仕事が上手く行くようになったのです。

私と一緒に働く人たちが笑顔になってくれるようになりました。

そして、仕事が上手く行くようになると、会社での私の評価がどんどん上がっていったのです。

会社で評価されるようになると、自信がついていきました。

自信がついていくと、パニック障害で悩んでいることがだんだんと小さいことにように感じられるようになっていったのです。

 

つまり、ずっとこだわっきた「スタンドプレーのカッコよさ」を手放したんです!!

 

手放したときは、不安で不安で仕方がありませんでした。

 

今までまともに人に相談せずに自分ひとりで何でも解決しようと努力することがなによりも評価されることだと思っていたわけですから。

そりゃあ始めは抵抗感がものすごくありました。

180度転換するのは、まるで自分が自分でないような感覚がありました。

 

でも、パニック障害の恐怖の方が何倍も強かったのです。

 

そして、私は自分が変わることから逃げませんでした。

逃げずに決心したことに目を逸らさずに向き合い続けました。

そうしたら、不思議なものでだんだんと身体というか脳が慣れていったんです。

「みんなに頼っちゃえ~!!」

「もっと頼るにはどうしたらいいのか?」

「喜んで頼られたいと思わせるにはどうしたらいいのか?」

というような思考に変わっていたんです。

 

つまり、行動が変わると、思考が変わって、思考が変わると、人生が変わるという体験を、パニック障害を通して実践してしまったのです。

 

これは今思えばとても楽しい経験でした。

 

言うまでもありませんが、何も私が特別だからできたことではありません!

ただ、ちょっと人より続ける力が備わっていただけのこと。

 

今パニック障害で悩んでいるならば、あなたがどうしてもこだわっていて手放せないものがなにかあるはずと私は思うのです。

 

それは、会社での評価ですか、仕事のスタンスですか、人間関係ですか?

 

いっそのこと手放してしまいましょう!!

 

手放すときは、確かに恐いものです。

 

でもきっとあとで、「手放して良かった~」と満足感を得られる日が必ず訪れますから。

 

こだわっていることを手放す!

そうすると新しいものが手に入ります!

 

こだわってものを手放すを人生が上手く行き始める。

結果として、パニック障害が気にならなくなる!というのが成功法則であると私は思うのです。

 

ぜひ手放してみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。