パニック障害でも乗れた!新幹線で気を付けるべきこと5選

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

あなたはパニック障害でも新幹線に乗りたいと思われているのではないでしょうか。

または、出張や家族旅行などで本当は乗りたくないけれどもどうしても乗らなければいけないことがあるのではないでしょうか。

 

私はパニック障害で悩んでいたころによく大阪出張に行かされていました。

始めのころ、新幹線のチケットを買うことすら不安で仕方がありませんでした。

でも実は新幹線は、パニック障害の人でも快適に過ごせて、たとえ最悪な状況になっても立て直せることが分かったのです。

 

今回はパニック障害でありながらも新幹線に乗れた方法をお伝えします。

 

 

1.新幹線のチケットを予約するときに気を付けること

1-1.チケットは予約しない方がいい

ちょっと驚かれるかもしれません。

新幹線のチケットは予約しない方がいいというのが私の意見です。

 

理由はとても単純です。

新幹線に乗る前にトラブルに合い、予約した新幹線に乗れないとひどく焦ってしまうからです。

 

ご存知かもしれませんが、新幹線のチケットは在来線の切符のように簡単に買うことができます。

 

「10分後の新幹線に乗ろう!」というように気軽に買うことができます。

 

事前に予約できた安心感より、当日に新幹線にしっかり乗ることの方が大切であると私は思うのです。

 

鹿内

新幹線のチケットは乗る直前に買う方が良いのです!

 

ただし、このような買い方ができるのは、一人で出張するときに限られるかもしれません。

家族旅行など複数人での移動の場合、「当日に買えばいい」というのは受け入れられにくかもしれません。

 

状況に応じて買い方は工夫されることをおススメいたします。

 

1-2.チケットを事前に買う

出典:http://buzz-plus.com/wp-content/uploads/2016/04/jr1.jpg

券売機で買いましょう。

みどりの窓口は並ぶことがありますから、あまりおススメしません。

 

ちなみに、出張の場合であれば会社によっては領収書の提出が必要ですので領収書の発行をお忘れなく!

 

ただ、領収書の発行を忘れて発券してしまっても大丈夫です。

 

みどりの窓口で領収書を再発行してくれます。安心してください!

 

出典:http://jr-central.co.jp/ex/index.html?……

最近ではネットで新幹線の予約ができます。

手軽に予約したいときは利用してみてください。

 

1-3.座席は窓際を避けた方がいい

出典:https://c-www-lets.gnst.jp/solo/sites/solo/files/upimages/699/013.jpg?t=1516160945

 

私の場合、発作の予兆などを感じたとき、素早く動けるところに座っていたいと思っていました。

駆け込むところは、たいがい洗面所でした。

 

ですので、何か異変を感じたら素早く逃げ込めるように、通路側に座っていた方がいいというのが私の意見です。

 

窓際だと万が一人通路側の人がこんな感じだと通路へ出るだけで余計なストレスがあります。

 

通路側の人がこれは嫌だ

・寝ている人

・横柄そうな人

・パソコンを使う人

 

ですから私の意見では、通路側の席をおススメします。

 

注意

ご自分の考え方や体調に合わせて選んでください!

 

1-4.新しい車輌を選ぶべし!

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/b4/JRE-TEC-E5_omiya.JPG/800px-JRE-TEC-E5_omiya.JPG

以前のぞみに乗ったときにこんなことがありました。

 

大阪出張の帰りの新幹線で体調に異変があったので

 

まずい、洗面所に行きたい

 

そう思って行ってみたら、思っていた洗面所と違ってとても焦ったことがありました。

 

鹿内

原因は、N700系と700系の違いだったのです

 

700系(2019年まで運行)の洗面所がショボショボですので、乗るのを避けた方が良いというのが私の意見です。

 

鹿内

N700系をおススメします!

 

違いが分かるのかはこちらのサイトを参照してください。

 

事前にネットで分かるようになっています。

参照先:http://www.shinkansen-yoyaku.com/shinkansenqa/train-type.html

 

洗面所のことを考えると、N700A(のぞみ)やE5系(はやぶさ)のような新しい車輌がおススメです。

 

車内は本当にきれいですし、なにより洗面所が広くて使いやすいですから!

 

2.出発の前日までに気を付けること

2-1.出張なら交通費の申請をする

出張などですと、事前に社内の交通費登録のシステムへ登録を忘れずに!

 

私これ、よく忘れちゃっていたので。

 

そうすると事後精算で、気持ち的に申し訳ない気持ちになっていたので書いておきます。

 

2-2.荷造りをする

出発当日はできるだけ焦りたくないものです。

 

買い忘れなどを先に見つけるために、事前に荷造りを終えておくのが良いと思います。

 

2-3.スマホは充電しておく

私の場合、スマホの充電忘れて当日焦ることがよくありました。

コンビニで予備バッテリーを買う(1000円前後)ということを何度もやってました。

 

なので、自戒の意味を込めて、スマホは充電しておくのが良いです。

 

 

2-4.チケットはいつも同じところに

出典:https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/884/301/08a08c3d945ac4be621cb2fcc0b230ccf6dea247.jpg?1484811833

チケットは財布の定位置を決めておくのが良いと思います。

ハッとしたときに、焦らずに探せますから!

 

3.自宅から新幹線の搭乗駅で気を付けること

3-1.新幹線の改札口を見失わないように!

出典:https://qt-yoshimoto.ai-plus.com/blog/wp-content/uploads/2016/06/2016060905.jpg

 

新幹線の改札口は乗り慣れてないと、見つけられないことがあります。

 

また、在来線から乗り換える場所がちょっとでも違うと、新幹線の改札口が見つけられないことがあります。

 

そういうときは、落ち着いて表記を見れば、案内が書いてあります。

 

ゆったりとした気持ちを行きましょう!

 

3-2.一服する

出典:http://shinkansen.tabiris.com/images/waitingroom.jpg

 

休憩所でテレビでも見てリラックスするのもいいと思います。

 

3-3.お守りアイテムを買う

出典:http://www.acure-fun.net/lounge/assets_c/2017/06/8872100ea58b832994cce3c3ebe5bfc5df3cb0b8-thumb-768xauto-998.jpg

飲みものを買う時に、マイルールがあります。

 

私の場合、緑茶の「綾鷹」を買って乗るとイケる!というのがあります。

 

お守りのような、願掛けのようなアイテムを持ち込むのもと効果があると思います。

 

3-4.ホームで「私はこれから新幹線に乗ります!」と宣言して乗車する

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2b/23/e653710e2d7d16050edf06bfbbb17f6a.jpg

これもマイルールです。

 

新幹線に乗る前に自分に対して宣言するのです。

 

「私はこれから新幹線に乗ります!」

 

これを言うことによって自分の無意識に対して

 

「無事に行けるようによろしく!」

 

と命令しているんです。

 

鹿内

乗車する前に気合いを入れる言葉を作るのも良いと思います!

 

4.社内で気を付けること

4-1.化粧室の場所をおさえる

出典:http://www.jreast.co.jp/amenity/e2_0/img/e2_0_setsubi_img01.gif

 

前後の車両に化粧室はついています。

 

焦らないように乗車したら確認しておくといいと思います。

 

4-2.景色を見るより車内をぼんやり見る

出典:https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2016/03/sirabee163016exam8.jpg

 

車内での過ごし方のポイントがあります。

 

景色など1点を見つめるよりも、ぼんやりと車内を眺めるのが良いです。

 

1点を見つけめているとだんだんと気分が落ち着かなくなることがあります。

 

ですので、周辺視野を使ってぼんやりと眺めているのでいいと言われています。

 

5.体調に異変があったとき

5-1.化粧室へ逃げ込む

出典:http://art8.photozou.jp/pub/495/173495/photo/19649369.v1238744001.jpg

 

化粧室やトイレに駆け込みましょう

 

安全であることを確認してからゆっくりと呼吸を整えていきましょう。

 

まずは自分の息にだけ集中します。

 

自分が息を吸ったり吐いたりする回数を数えるようにしてください。

 

ゆっくりと落ちついてきたら、のどの違和感などをなくすために、うがいをしましょう。

 

または、ハンカチやタオルを湿らせて、腕の周り首の周りをゆっくりを拭いてあげましょう。

 

そうすると、スッキリとした気分になってきて、とさらに落ち着くことができます。

 

鹿内

化粧室で気持ちを立て直しましょう!

 

5-2.どうしてもダメなとき

出典:https://www.jreast.co.jp/servicepj/action/img/train03.jpg

トイレの中にSOSの非常ボタンがあります。

 

ボタン押すと搭乗員の人が来てくれます。

 

ボタンは緊急停止ボタンではないので、ボタン押しても新幹線は止まりませんので安心してください。

 

私はこのボタンを押したことはありません。

 

ただ、このボタンがあると思うだけで安心できたことがありました

 

6.まとめ

 

最後に

・新しい車輌を選ぶ

・乗車する前に焦らないように準備する

・最悪の場合は緊急ボタンがある

 

あなたの新幹線の旅が少しでも心地よいものになることを願っています!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


無料メールマガジン
「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ!」


無料メールマガジンではもっと大切なヒントをお伝えしておりますので、以下のリンクをクリックしてメールアドレスを登録してください!いつでも登録できますので、ご登録をお待ちしております!

人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。