人はやる気さえあればどこからでも変われるけど・・・

こんにちは。鹿内です。

いつもと少し雰囲気を変えていきたいと思います。

先日、ニュース番組を見ていたら、すごいお爺ちゃんが出ていました!

 

田舎の農村の地域、イノシシの被害が増えているそうなんです。

田畑を荒らしたり、網を破ったり、野菜を食い荒らしたり。

そんなイノシシを駆除するために、古典的な鉄格子の罠をしかけているそうなんですが、ちっともイノシシが罠にかからなかったそうなんです。

近隣住民はずっと頭を悩ませていました。

そんなとき、ある一人のお爺ちゃんが立ちあがりました。

 

コンビニにある、自動ドアの赤外線センサーを利用して、イノシシを捕まえられないか?と考えたんです。

罠に赤外線センサーを付けられれば、不自然な仕組みがいらなくなるので、捕獲率が上がるのでは?と考えたんです。

じゃあ、どうやって実現しよう?

 

お爺ちゃんは、近所にある、小学生の通うプログラミング教室に行き、センサーと罠を連動させるプログラムを作ろうと思いたち、通い始めたのです!

お爺ちゃんは明らかに、パソコンとは無縁の生活を送っているようでした。

イノシシの問題を解決したい!と思い、小学生と一緒にプログラミングを勉強し始めたのです!

この行動には驚きました!

 

歳をとると人は頑固になる人が多いですよね。

うちの両親なんかを見ても、頑固になるというか新しいことを始めるのがホントに苦手になってます。

なのにこのお爺ちゃん、すごい!

 

半年かけてプログラムを完成させて、山に罠をしかけて実験してみたそうなんです。

・・・そうしたら、捕獲率飛躍的に高まったそうなんです!

 

一連の活動が有名になり、他県からも罠を見学に相当な人が来ていました。

「やりたい人にはいくらでも教えます!」と太っ腹なことを言っていて、とてもカッコよかったんです。

この記事の方だと思います。1年前からすでに有名だったんですね。

>> https://blog.codecamp.jp/hunter-ichigo-jam-tanigawa

 

何歳になっても気持ちさえあれば、新しいことは始められる、と思いませんか?

今回のテーマにある通り、何か問題や課題が見つかったときにどうにかしたいと思ったら、やり方はいくらでもあると思うんです。

あとは、やる気の問題ではないでしょうか!

課題を達成したい!と思ったら、自然と体が動くだろうし、情報も入ってくると思うんです。

 

でも私を含めて多くの人が「~したい!」「~を解決したい!」と思っていても、動きださない人が多いですよね。

私のことで言えば、「もっとプレゼンが上手くなって人の心に響く発信したい!」と思っているくせに、何も始めようとしてないんです。

今ではyoutubeだってあるし、プレゼンの勉強会だってあるし、会社で場を作ることだってできるのに、全然動かない。私ごとながら、とても恥ずかしい!

 

あなたも経験ありませんか?

  • パニック障害の残遺症状を乗り越えて、普通の生活に戻りたい!
  • パニック障害を克服したい!
  • 来年こそは、自分のかかげる目標を達成したい!

 

新年など区切りのいいときに、そう思うことがあるかもしれません。

でも・・・、

 

結局動ないし、数か月経ったら忘れるし、いつもの生活に戻っているし。

いつになっても変わろうとしない。

そういうことはよくあると思います。

 

でも、それってもしかかすると・・・、

少しキツイ言い方をすれば、

 

大して達成したい目標ではないのかもしれません!

 

だって、本気でやりたいと思っていたら、自然と体が動くと思うんです。

  • 「どうしてもこれをやらないといけない!」
  • 「なにがなんでもやりきりたい!」
  • 「これだけは死んでもやりたい!」

 

そういうものだったら、身体が勝手に動くと思うんです。

自分で場を作ったり、仕組みを作ったり、学びに行ったり、始めていると思うんですね。

なのに一向に動き出さないということは、あなたの人生にとって大して影響しない目標であるかもしれません。もちろん、私にも言えることです。

 

私のことを話すと、パニック障害に苦しんでいたときは明らかに違いました。

絶対に治したい!死んでも治したい!誰か治す方法を教えて~!!と必死でした。

自然と体が動いて、いろんなセミナーに顔を出して、金に糸目を付けず、私に合うやり方を探しました。

そして、いろんな対処法を身につけて、パニック障害を克服することができたんです。

 

片や、人前でカッコよくプレゼンができるようになりたいという目標は、新入社員のころから思っていましたけども、一向に本気で取り組もうとしていません。

ときどき、プレゼン力を強化だ!と熱が入ることはあっても、すぐに冷めてしまいます。

 

この違いは何なのか?

 

大して困っていないんですよ!

 

別に人前でカッコよくプレゼンができなくたって、生活に困ることはありませんし、会社での評価がちょっと変わる程度だし、痛くもかゆくもないんです。

 

でもパニック障害は治したかった!

どうしても、コンプレックスを跳ね除けたかった!

オレをバカにしてきた奴を見返したかった!

 

パニック障害は生活に直結します。

仕事も続けられなくなる、旅行にも行けなくなる、最悪引きこもりになる。

 

だれが息子の面倒を見ていくんだ!オレだ!!

なんとか、、、なんとか働き続けなれば、家族崩壊?

そんなの嫌だ~!

 

そんな未来を想像して、上半身に脂汗をかくほどいつも必死でした。

 

もう一度言います。

なかなか達成しない目標は、

「目標が高いからではなくて、叶えたいと思っていないからなのかもしれない」

ということです。

 

まとめ

「それでも、叶えたいことなんです!」という人はいます。

そういう人は、私も含めて、こんな問いを自問自答すべきだと思います。

  • 「どうしてその目標を叶えなければいけないのか?」
  • 「叶えることであなたは何がしたいのか?」
  • 「叶えることで誰が幸せになるのか?」

 

自問自答しても、すぐにしっくりした答えが見つかるとは限りません。

それでも、何度でも問いかけみてください。

叶わないのは、なぜなんだ?

 

叶えたいと思っていないからなのか?

動機の深堀りが甘かっただけなのか?

 

私もプレゼンを本当に磨きたいのか?深堀してみたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です