悔いのない人生とは?

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

☆悔いのない人生とは?

今回は「悔いのない人生」についてお伝えします。

30代くせに悔いの人生について語るのは早すぎでは?と思うかもしれませんね。

ただ、パニック障害という試練で苦しんでいるときに、自分の人生について改めて考えてしまうことがあると思うですね。

そんなときに、今回の内容を読むと、忘れかけていたことに頑張ってみよう!とやる気になってもらえるのではないかと思ってます。

 

私の意見では、

「悔いのない人生とは、チャンレジし続ける人生である」

ということなんですね。

 

私がなぜそう意見になっているかというと、理由としては2つあるんです。

 

1つ目は、先日映画を見ながら思ったことなんですね。

先日、アマゾンプライムでこの映画を見たんです。

「最高の人生の見つけ方」
→ http://amzn.to/2pbuIHc

この映画は、末期がんに侵されて、余命宣告を受けた老人の二人が主人公なんです。

一人は、家族のために一生懸命になって働き続けて、あるときたまたま受けた検査でがんのことを知ります。

病院に入院してからも、孫や家族などがひっきりなしに面会に来て、本当に家族に愛されているし、本人も家族を愛している人です。

もう一人は、入院している病院の会長でめちゃくちゃ金持ち。何度も離婚をしていて、今は独り。そして、家族の面会は全くありません。毎日秘書が来るだけ。

態度がめちゃくちゃ悪くて、明らかに周りの人に憎まれていました。

そんな二人がたまたま同じ病室になるところから物語が少しつづ動いていくんですね。

お互い、薬の副作用で、苦しんでいる様子を見ているなかで、最初は全く会話はなかったですが、それでも助け合うなかで徐々に友情が芽生えていくんです。

そして、あるときに、金持ちの方が、こう言うのです。

「こんなところで死にたくない。死ぬ前に、お互いやり残したことをやりに行こう!」

ともう一人に提案をしたのです!

そこから、冒険の旅が始まるというストーリーなんです。

 

この映画を見ていて思うんです。

「人ってなんで、死に際にならないと本音が出てこないか?」

人生の終わりが見えときに

「あっ、、やばいっ!やり残した!」

と思うのは、多くの人がそうだから仕方ないと言えばそうなのかもしれません。

でもそれに諦めていいのか?と思うんですね。

もっと早くに気付いて、無難な生活から切り替えることができたら、もっと違った人生になるかもしれないと思うですね。

こういう映画を見るたびに、

「もっと自分の夢に正直に貪欲になるべきだ!」

と背中を押される気分になります。

 

2つ目は、「高齢者のアンケート結果が物語っている」ということなんですね。

ちょっと、このサイトを見てください。
→ http://know-how-tree.com/archives/4862

このサイトによれば、老人に人生で最も後悔していることは何か?と問われたときに70%の人が同じ回答をしているんです。

その回答は何かというと、

「チャンレジしなかったこと」

なんだそうです。

「もっと自分ならできたのにー!」

「もっと、自分なら、こんなこともできる能力があったのにー!」

と思っていたのに、やらなかったことに対して後悔があるのでしょう。

こうやって先人たちの後悔を目の当たりにしたら、もうやることは決まっていると思うですね。

死に際で大騒ぎしないように、やり残したこと、やりたいことにチャンレジするということですよ!

自戒の意味も込めて、日常、習慣、ルーチンワークに負けてちゃダメだと思うんです。

日常を乗りこえて、自分が80歳のときに満足する人生を掴みにいくべきだと思うですね。

 

今回は、「悔いのない人生」についてお伝えしましたが、

お伝えしたかったのは、「チャンレジすることで後悔の少ない人生が送れる」ということでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★手遅れになる前にメルマガ登録!


どんな状況でも、まだ諦める必要はありません!

状況を分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチすれば、改善率を格段に高められますので、まずはメルマガ登録ください!



人気ブログランキング


このブログは「人気ブログランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。



にほんブログ村


このブログは「にほんブログ村ランキング」に参加していますので、以下のリンクをクリックしてください。いつでもクリックすることができますので、ご協力いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。