パニック障害にあの海外ドラマの主人公もドラマのなかで苦しんだ!その1

「Suits」という海外ドラマをご存知ですか?

アマゾンプライム会員ならば無料で見ることができますし、2019年と2020年にフジテレビで、織田裕二主演で、日本版リメイクとして、シーズン1,2が放送されるほど、結構有名だったりします。

全く知らなかった人であっても、パニック障害に悩まれている方ならば、見た方がいいと思っています。

なぜならば、シーズン5で、主人公が、あることがきっけかに、パニック障害になるんだけども、主人公の長年のトラウマを克服することで、パニック障害を克服していく様子が、とても参考になるからなんです。

「Suits」のあらすじを簡単に説明します。

主人公ハービィーは、ニューヨークで超有名な弁護士で、裁判では負けなしです。

そのせいか、とても自信過剰で、なにかトラブルが起きると、感情的になって、裁判官や顧客や同僚と衝突して、必ず関係が悪くなります。

でも、抜群の頭のよさと話術で、難所をスパッと切り抜けるところが見どころなドラマなんです。

→ http://amzn.to/2qMKnRy(Suits(シーズン5))

 

海外ドラマを紹介する理由

なぜ、このドラマをこのブログで紹介するかと言えば、ドラマの内容が、パニック障害に苦しんでいる方には、参考になるからなんです。

シーズン5で、主人公ハービーは、あることがきっかけで、パニック発作が頻発するようになります。

カウンセリングに通うけれども、体調が戻らない時期をしばらく続いてしまいます。

自信過剰のハービーも精神的に参ってしまうんです。

でも、あることをきっかけに、また元の、自信過剰でかっこいい彼に戻ることができたんです。

この一連の流れが、パニック障害に苦しんでいる方には、参考になるだろうと思って、ご紹介しています。

 

ちょっとでもドラマに興味出た方がいれば、シーズン5を見てみるのが良いと思います。

→ http://amzn.to/2qMKnRy(Suits(シーズン5))

でも、そんな見ている時間はないという方もいると思うので、特に参考になるドラマの内容を書いていきます。

つまり、ネタバレさせちゃいます。

もし、ドラマで見たい方は、これ以降は読み飛ばしてくださいね。

 

本編の話はここから

これまで、どんな難所も切り抜けてきたハービーに辛い出来事が起ります。

これまで12年間秘書として側で支えてくれたドナが突然、ハービーの元を去ろうとします。

別の弁護士の秘書になりたいと、ハービーの元に相談にやってきます。

ハービーは相談を受けてショックを受けます。

これまで、ハービーは、ドナのことをひいきにしてきて、他の同僚とは比べられないほど、独別扱いしてきました。

それに、ハービーは、ドナとは、弁護士になる前の、まだ名前が売れていないときから知り合いでした。

ハービーは、ドナのことを、これまでずっと一緒にいた、仕事の第一線で助け合った戦友だと思っているようでした。

 

そんな大切に思っていた仲間からの相談は、ハービーは裏切られた気持ちでいっぱいになりました。

相談のなかで、ハービーはいつもように感情になってしまい、ドナに対して、「もう、ここから出ていけ!!」とひどい言葉をかけてしまい、関係は最悪な状況になっていきました。

 

やっぱりドナが手放せない!!

その後、落ち着きを取り戻したハービーは、どうしてもドナのことが諦めきれません。

12年間も側にいて助けてくれて、この人以外に自分の秘書は務まらないと思うようになります。

そこでハービーは、ドナが秘書になる予定の弁護士の元にいきます。

そして、弁護士に嫌がらせや脅迫をして、なんかとドナに自分のもとに戻ってくるように手を尽くします。(このあたりが、ハービーっぽい)

 

その弁護士は、ドナに、ハービーに嫌がらせや脅迫をされていることを告げます。

ドナは怒り心頭で、ハービーのもとに行き、ドナは「もう来ないで!近づかないで!」とハービーを突き返します。

 

そんなハービィーは、ドナのことだけでなく、仕事でも追い詰められていました。

顧客から、「結果を出せないならば、クビだ」と言われていました。

窮地に立たされていました。

 

顧客との関係が悪くなり、弁護士事務所での立場も悪くなり、精神的に追い込まれたハービィーにある出来事が起こりました。

それが、パニック発作でした。

ハービィーは、息苦しくてトイレに駆け込んだときに、心臓が鼓動が早くなり、息が苦しくなって、その場に倒れ込んでしまったんです。

パニック発作を起こしからは、予期不安に悩まされていきます。

 

ハービーがセラピーに通う

ハービィーはパニック発作を怖がるようになって、あるセラピストの元を訪ねます。

そこで、生まれて初めて、カウンセリングを受けるんですが、セラピストの話を素直に聞くことができません。

ハービーは、ニューヨークの弁護士なかでもトップクラスに稼ぎますから、相当にプライドが高くて、人の話なんて聞きません。

これまで自分の決断によって、のし上がってきた人ですから、自分の考えこそが正解だと思っています。

そんなハービィーですから、セラピストの言うことは全く聞きません。(ならセラピー行くなって話ですが)

 

セラピストの言うことを聞かないハービーは、駄々をこねる小学生のようでした。

ハービィーはセラピストから「どんな夢を見たか?」と聞かれても、素直に答えません。

セラピストはハービィーに同じ質問を繰り返しました。

「なぜ同じ質問ばかりするんだ?」とハービィーにセラピストが聞きました。

するとセラピストは、こう答えました。

「感じた事、考えた事、覚えている事をすべて吐き出す必要がある」

そのセラピストとは、控訴案件の場で、出会ってしまって、ややこしくなりますが、徐々にハービィーは、セラピストに心を開くようになりました。

そして、ハービィーは、あるときに、セラピストに、ずっと口を閉ざしてきた、母親のことを語り始めました。

 

ハービィーの母親はハービィーが小学生の低学年のときに、不倫をしていました。

ハービィーがたまたま体調不良で学校を早退した日に、見知らぬ男が家にいることに気付きました。

ハービーは、そのことを父親に言うと思いましたが、母親に口止めされましたんです。

ハービィーは母親を信じで父親には黙っていました。

でも、ハービーが大人になるにつれて、あれは不倫だったことに気付き、自分と父親を裏切った母親を激しく恨むようになります。

母親のことをこれまで恨んでいたはずなのに、実は、ハービーは、母親と同じようなことをしていることに、セラピストに指摘されてしまいます。

そこで、ハービィーは絶句してしまうんです。(このシーンは良かった)

 

そこで、ハービーは、セラピストから、母親とのわだかまりを無くすように、促されます。

最初はうまく行きませんでしたが、わだかまりが無くなっていき、母親を憎まなくなっていきました。

精神的に安定するようなると、徐々に仕事もうまく行くようになり、パニック発作も、出なくなっていって、またいつものハービーに戻ることができました。

それで、ハッピーエンド~、という感じの、シーズン5です。

 

まとめ

ほんと、このドラマから、パニック障害に悩んでいる方は、参考になる箇所があると思います。

  • どんな人でも、パニック障害になる
  • セラピストに何でも話してみる
  • パニック障害の治療には、素直な思いを言葉にすることが効果的である
  • これまで言えなかったことを話す
  • 家族や知人とのわだかまりを解消する

本編が気になった方は、こちらをご覧ください。

→ http://amzn.to/2qMKnRy(Suits(シーズン5))

最後まで読んでいただきありがとうございました。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です