パニック障害を改善したいなら真似すべき人がいる

こんにちは。鹿内です。

パニック障害を改善したいなら真似すべき人がいます。

それは誰でしょうか?

 

実はそれは、仕事ができる人、なんです。

 

仕事ができる人と言えばどんなことを思い浮かべますか?

話が上手い、議論を誘導できる、お客さんに好かれている、部下からの信頼されている、などいろいろありますね。

 

特に大事なのは、問題を冷静に処理できる点、なんですね。

 

仕事していると予期せず問題が起きますよね?

お金の勘定が合わない、納期まで出来上がっていない、お客さんにものを送れていない、お客さんからクレームが入るなど、想定外のこと起きますよね?

 

こういうとき、仕事ができる人に限って、落ち着いて対処していませんか?

お客さんをなだめつつこちらの言い分をしっかりと伝えられたり、謝りながらもお客さんに好かれてさらに仕事をもらったり、動揺している同僚や部下に変わってしっかりと現場を仕切ったり。

とても、冷静に落ち着いて対処している姿を見ると、ただただすごい、この人!なんて思うことがあるかもしれません。

 

あるとき、こういう仕事のできる人って何を考えるのか~?と思って、そういう人のことをよく観察しました。

なんで、こんな冷静に対処できるの?

どうして、こんなプレッシャーのなかで、周りを落ち着かせながら、指示が出せるの?

そう疑問に思ってよく観察してみたんです。

 

加えて、仕事ができる人を解説した本も何冊か読んで調べてみました。

そうしたら、分かりましたよ。

普通の人なら動揺してしまう場面でも冷静に対処できるか?

場慣れもありますが、それよりこれだったんです。

 

問題に他人ごとのように対処する、だったんです。

 

やっぱり、いくら仕事ができる人も人間ですから、問題に取り組むのは辛いんです。

お客さんに怒られるのは嫌だし、謝るのもできれは避けたい。ま、誰でもそうですね。

部下が問題を起こしたのならば、俺じゃない、と思ったりするわけす。

そんな状況で、自分が率先して問題に当たらないといけないと思うと、辛いですよね。

問題を自分事として考えてしまうと、辛いんですよ。

 

だから、まるで他人ごとのように問題に対処するのです。

そうできるから、冷静に落ち着いて考えることできて、全体の利害関係を見極めながら、問題を沈静していけるということなんです。

 

だから、問題には他人ごとのように対処するのが良いんですよ。

 

仕事のできる人の考え方を知ったとき、まさにパニック障害の対処法と同じだ!と思ったんです。

どういうことかと、パニック障害の症状もまともに考えると、辛いですよね。

電車のなかで苦しい、会議室のなかで不安、エレベーターには乗りたくない、急な動悸が恐いなど、症状がでると心身ともに辛いです。

体では不安や恐怖を感じてビクビクしてますし、心では、「オレはやっぱりダメなんだ」なんて思いますから。

だから、パニック障害の症状をまともに受けてしまうと、辛いんですよ。誰だって。

というのもあって、パニック障害になると、うつ病になりやすいじゃないかと思ったりします。

 

だから、いかに他人ごとのように思えるか?これが対処法において、極めて重要なわけです。

まともに考えていたら辛いですよ。

「いつまで症状に悩むの?」「いつまで続くの?」「恐くて何もする気が起きない」

そう思うのは当然ですよ。

 

だから、他人ごとに思うのですよ。

辛いことほど、「これは自分ではない」「他人だ」と思うのが、精神衛生上は良いんですね。

 

ただ、思うだけでは弱いです。

なにか行動をリンクさせてないと、思うだけでは弱い。

なので、今回は「他人ごとに思う」方法をひとつ紹介しますね。

 

まず、A4用紙とペンをご用意ください。

 

仕事が終わったあとにやるのが良いと思いますよ。

用意した紙に、仕事でむしゃくしゃしたことや、パニック障害のことで不安や恐いことを書いてください。

 

「辛かった!」「恐かった!」「苦しかった!」「ムカついた!」「寂しかった!」

 

なんでもいいので、自分にとって嫌な感情や出来事を書いていってください。

何枚でもいいですよ。

気分が落ち付くまで、書いていってください。

一通り書き終えたら、書いた紙をぎちぎちに破ってください。ぎちぎちに。

そして、やぶった紙をゴミ箱に捨ててください。

 

これで完了!

 

 

え!?これだけ?と思うかもしれません

これで十分なんです!

やっていると分かりますけど、少しすっきりした気分になれますから。

これを感じられたらOKです。

 

今ある問題は、紙に書いて捨てられたのです。

この瞬間、あなたと問題は切り離されました。完了です!

 

これだけで本当に効果があるの?と思うかもしれません。

まずは、やってみてください。

 

2週間から、長くて1カ月くらい続けてみると、変化が出てくるかもしれませんね。

 

まずはやってみましょう!

問題と自分とを分ける感覚を体験するんです。

これを訓練としてやってみて、実感して、「これか!」と分かってもらいたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です