パニック障害でも歯医者でパニックにならないための9つの方法

こんにちは。鹿内です。

  • パニック障害のせいで歯の治療に行くのが怖い
  • 歯の治療中に発作が起きたらどうしよう
  • パニック障害のことを歯医者の先生に言おうか迷う

とあなたは悩んでいるかもしれません。

歯を削る音を聞くだけで不安になるかもしません。

麻酔を打たれるのを想像しただけで怖いと思うかもしませんね。

治療中にパニックになったらどうしようと思うかもしれません。

 

実際、パニック障害の方は歯医者に行きたくないという方はとても多いです。

私もこれらの悩みを持っていました。

 

歯医者には行きたくない!!

 

でもそんな私でも「歯の治療前の工夫」や「歯の治療中の工夫」によって、万が一に治療中にパニックを起こしそうになっても、落ち着きを取り戻し平常になれるようになったのです。

治療中に身動きが取れなくても、パニックになることがなくなったのです。

それはどんな方法なのか?

誰でも簡単にできる方法ですので、安心して読んでください。

今回は歯医者での対処法をお伝えしてきます。

 

1.歯の治療前の工夫

1-1.先生から歯のケアを褒められるようになる

いきなり「歯のケア」って何?と思われたかもしれません。

説明していきますね。

なぜ歯のケアが大切かというと、歯医者の先生や歯科衛生士の方と良き関係を築くためです。

歯医者から足が遠のく理由のひとつに、「先生から怒られるから」というのがあります。

先生や歯科衛生士の方のアドバイスをきかずに、歯のケアを怠っていると、どうしたって歯は悪くなります。

悪くなった状態で歯医者へ行くと・・・・「だから、ちゃんと毎日磨いてください!」と強めで言われるかもしれません。

そうすると気まずくなって行きにくくなってしまいます。

 

それはとてももったいない!

 

1日数分のケアで歯はきれいに保てます。

私だって、食事の度に歯を磨いて、夜は糸ようじで毎日ケアしています。

そうすると、定期検診で「鹿内さん、今回も良い感じです!」と褒めもらえるんですよ。

そう言われるのは嬉しいじゃないですか!

もっと頑張ろうと思いますし、先生や歯科衛生士の方たちも気分よく治療に専念してもらえるじゃないですか!

あなたが歯医者だとして、いつも歯をきれいに保とうと努力している人と、言ったことを守らない人が来院したら、どっちの人を丁寧に対応しようと思いますか?

前者ですよね。

だから普段から歯のメンテナンスは気を付けておいた方が良いです。

それはなぜかと言えば、先生や歯科衛生士の方と良好な関係を築くためです。

良好な関係ができれば、相談事もしやくなるし、通いやすくなるという好循環ができるからなんです。

 

1-2.体温調整しやすい格好がよいでしょう

これは人によるかもしれません。

パニック障害の人によくあることですが、暑い部屋にいて、顔がほてってきたり、体温が上がってくると不安になることがあります。

なぜ不安になるかといえば、顔のほてりや体温上昇が、パニック発作の症状のひとつだからです。

なのであまり体温が上がり過ぎないよう、体温調節しやすい格好でいることが大切です。

だから薄着にもなれる格好が良いでしょう。

歯医者に出かける際に、歯医者で暖房が強めに設定されているかもしれませんので、体温調整しやすい格好がいいと思います。

 

1-3.動きに制約があるのは苦手だと先生に伝える

パニック発作のことが心配ならば先生に事前に相談するのが良いでしょう。

パニック障害であることは言う必要ありません。

病名よりも、どういうことが苦手かを伝える方が良いでしょう。

先生が、パニック障害に詳しくなければ、病名を伝えても意味がありませんからね。

それよりは、

  • 「治療中に機械音で不安になることがある」
  • 「不安になっても数分ひとりで休憩させてもらえれば落ち着ける」
  • 「15分以上かかる治療は治療日を分けて欲しい」

どうしてほしいのか?どうしたいのか?具体的に伝えることが良いでしょう。

パニック障害の知識がある先生ならば話しは早いでしょうが、そうでないこともありますから。

どういうときにどうしたいかを具体的に伝えてあげると、先生もスムーズに動けるので、話しを聞いてくれやすくなるでしょう。

 

1-4.相性の良い歯医者を選ぶ

これは結構大事だと思います。

歯医者の先生のなかには、患者さんの歯を治すことが最も大切であると思っている人がいます。

私は(歯科医ではないですが、)違うと思う。

大切なのは、「年齢を重ねても自分で食事を食べ続けられるようにすること」だと思います。

「8020」が目標です。

これは80歳でも治療してない歯を20本の残そう!ということです。

 

外科的な処置は一時的で回復であって、歯は日々のメンテナンスの方が大切です。

以前私が通っていた歯医者は、歯を削る以外のことはないもしないし、患者に寄り添う姿勢が感じられなかったので、止めました。

今の歯医者は患者の気持ちに寄り添い、長く歯を保つ大切さを丁寧に教えてくれるので、とても気に入っています。

近いからという理由だけで歯医者を選ばない方がよいです。

  • 感じ良いか?
  • 相性が合うか?
  • 先生に熱意があるか?
  • 先生に説得力があるか?

歯医者は長く付き合うところですから、このあたりは結構重要な点だと思います。

 

2.歯の治療中にできること

2-1.自分で気持ちを落ち着かせる

ここからが知りたかったことだという方もいるでしょう。

歯の治療中に不安になってきたときに、自分で不安な気持ちを落ち着かせる方法をお伝えします。

今回は2つの方法をご紹介します。

 

2-2-1.呼吸法

このブログでは「パニックマスター呼吸法」と呼んでいます。

「パニックマスター呼吸法」って?と思われたかもしれません。

ここで簡単に「パニックマスター呼吸法」について説明します。

一言で言えば、息を吸う時間、吐く時間、止める時間を意識的にコントロールする呼吸法です。

パニック障害を治す秘密の呼吸法

2017.05.24

 

簡単ですよね!?

 

ちなみにそれぞれ時間は7秒間です。

7秒吸って、7秒吐いて、7秒止めることを落ち着くまで繰り返す、ただこれだけなのです。

私は、電車、バス、飛行機、新幹線でパニックになっても、この方法で落ち着けます。

パニック障害から脱出できたのは、この呼吸法のおかげです。

パニックになっても、頓服薬ではなく、パニックマスター呼吸法の方が、即効性もあると思っています。

頓服薬を飲むと自己嫌悪になることがありますが、パニックマスター呼吸法ならそんな副作用は全くありません。

 

歯の治療中にどうやって呼吸法をやるの?と思われたかもしれません。

本来なら口でやるのですが、鼻からでもできます。

 

ただ鼻だけで息をコントロールしようとすると必ず失敗します。

なぜなら、鼻息の吸う量や吐く量をコントロールするのはとても難しいからです。

やってみれば分かりますよ。

もしできたとしても、それは平常時だからです。

耳元で「うぃぃぃ~~ん」という機械音がするなかで、緊張した場面でも同じようにできるか?

それは難しいですよ。

 

じゃあ、鼻で呼吸するには呼吸法をどうしたらいいのか?

それは「お腹」でするのです。

息を吐くときはお腹の凹みを意識します。

パニックマスター呼吸法は7秒単位ですから、お腹の凹み具合をご自身の感覚で構いませんので、7段階にして凹ましていくんです。

頭のなかで、息を吐いている時間をカウントしているときに、鼻から通る息を感じながら、お腹の凹み具合も7段階で少しづつ凹みを深くするという感じです。

毎回同じ7段階にするべき!とか細かいことは言いません。ご自身の感覚を優先をしていただいて構いませんので、頭の中で7秒を数えている間にお腹がだんだん凹ませていくと考えてもらえれらば大丈夫です。

息を吸うときは同じです。

頭の中で7秒数えならだんだんとお腹を膨らませつつ、鼻から息を吸い込んでいくことを意識していきます。

という感じです。

 

2-2-2.マインドフルネス瞑想

マインドフルネスはご存知の方も多いでしょう。

目を静かに閉じて今ここに集中するリラックス法です。

歯の治療中にいろんなことが気にかもしれませんが、そういうことに意識には意識を向けないでください。

目を静かにとして、鼻でゆっくり深い呼吸をしながら、こんなことを意識してください。

  • 「おしりと座席が当たっているところはどんな感覚か?」
  • 「背中と背もたれが当たっている感覚はどうなっているか?」
  • 「肩に余計な力が入ってないか?」
  • 「今手はどこにあるか?」
  • 「お腹はどう動いているか?」

身体の感覚を取りにくいと言ったります。

頭で考えることをやめて、感じている感覚に集中するのです。

そうすると、自然にゆったりした気持ちになってきますから。

呼吸法とともに試してみてください。

 

2-2.治療中はタオルなどで目を覆ってもらう

最近ではどこであると思いますが、治療中はタオルなどで目を覆ってもらった方がよいでしょう。

治療中に目が空いていると、先生の真剣な顔か、蛍光灯くらいしか見えるものはありません。

それならば、見えないように目を覆った方が良いのです。

そっちの方が自然とリラックスしやすいですから。

もしそういうことをやってないならば、先生にお願いして良いでしょう。

 

2-3.辛ければ手をあげて申し出る

体調が悪くなってきたら、我慢せずに先生に申し出ましょう。

ここで事前に、歯医者のような場所が苦手であると言っておくと話が早いのです。

もし事前に言わないと、何が起きたのか?と先生は困ってしまいます。

そんな困った顔を見たくないですよね。

事前に体調のことは言っておく。

治療中に辛くなったら我慢せずに手をあげて申し出る。

 

ここで先生を困らせてしまうから、申し訳なくてできない、と思われるかもしれません。

いえいえ、先生からしたら、完全な発作を起こされた方が迷惑だと思いますよ。

軽いうちに申し出てもらった方がありがたいと思ってもらえますよ。

 

まとめ

歯医者でパニックにならないように、いろいろお伝えしていきました。

先生との関係性を意識したり、自分と相性の良さそうな病院を探したりすることは治療前に大切です。

そしてもし治療中にパニックになりそうになっても大丈夫です。

パニックマスター呼吸法とマインドフルネス瞑想でリラックスできますから。

この記事を読んでいただいて、歯医者に行くハードルが少しでも下がってもらえると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です