パニック障害のことが職場にバレたくないのならキャラ変えが必要です

こんにちは。鹿内です。

今回はパニック障害でも職場にバレずに働き続けるための極意を一つお伝えします。

それは”キャラ変え“です。

 

そもそも、サラリーマンでパニック障害になる人の、パニック障害になる原因ってなんだか分かりますか?

それは”仕事“なんですね。

サラリーマンの大半が、仕事のストレスからパニック障害になることが多くて、最も多いのが過労なんです。みなさん、働きすぎなんです。

慢性的な場合もあるし、一時的な場合もありますけど、働き過ぎにより、精神的なストレスが蓄積して、パニック障害になるケースはとっても多いと言われています。

なぜそこまでして働いてしまうかと言えば、自分の仕事のこと、収入・家計・ローンなどの金銭面のことが原因で、働きすぎることがあると言われています。

働きすぎになる前に自らセーブできればいいんでしょうけど、それがなかなかできないんですよね~。

それはきっと”サラリーマンは上司から言われたことは、基本的に自分で100%遂行しなければいけないと思っているから“だと思います。

サラリーマンの辛いところは、上司から振られた仕事を自分の口から「できない」と言うことにかなり勇気がいることじゃないですか?

もし「できない」と上司に言ったとしても、「じゃあ、どうしたらできるのか?」という問いを上司から返されてしまうことがほとんで、そんな問いに対して「分からない」など言えるはずもありませんよね。

誰かに助けを求めたいと思っても、「あいつは周りの人に迷惑をかける」「あいつは仕事ができない」という評判が立ちそうで、気安く同僚に助けを求めらないということもあると思います。

でも、言えるとか言えないとかの前に、仕事量がおかしくないか??ということはあるんですね。

ただ、ここから今回の核心なのですが、その仕事量って、あなたのキャラクターが影響していませんか?ということなんです。

 

そもそも、上司はなぜあなたにそんな仕事量の仕事を振ったか?を考えてみると分かってきます。

きっと、上司は、あなたができないと思って、仕事を振ることはまずあり得ませんよね。

なぜなら、もしあなたが仕事をやり切らなかった場合、同僚に迷惑がかかるだけでなく、なにより上司自身の評価が落ちるので、基本的に上司はあなたなら、これくらいはやってくれるだろうと思って、仕事を振っているんです。

ただ、ここで気を付けたいのが、あなたの職場のキャラクターなんですよ。

あなたは職場の同僚からどう見られていると思いますか?

遅くまで残ってでも仕事をやるタイプだと思われていませんか?

 

働き過ぎの人ってたいがい同僚から、仕事が好き、遅くまで仕事ができる、なんて思われていることが多いんです。

同僚からそう思われているということは、上司にもそう思っているということです。

上司から残業をしても最後までやり遂げるタイプであると思われてるなら、そりゃ~結構な仕事量が割り振られることは容易に想像がつくと思うんです。

私も当時の上司からきっと、残業はいくらでもやり、土日出勤もして、仕事に意欲的である、と思われていたでしょう。

本人は、全くそんなことは思っていなかったけど、上司の期待に応えなければいけないと思って頑張っちゃったんです。それがそもそもの間違いでした。間違ったキャラクターをうえつけてしまった原因でした。

相手の期待に応えようとする真面目さゆえの負のスパイラルでした。仕事はしっかりとやりきるべきと思って遅くまで残業してやっていたら、残業キャラが定着してしまって、いつのまにか同僚から、猛烈社員に見られるようになって、さらに仕事を振られるようになってしまった、という悪循環に陥っていました。

“残業キャラ”とか”猛烈社員キャラ”の性格ではないのに、周りからそう見られてしまうような行動をとってしまっていたたことが、大きな間違いだったんです。

あなたも心当たりありませんか?

この負のスパイラルから抜け出すには、どうしたらいいのか?

それは”キャラクターを変えること“を強くおススメします。

これはなにも、性格を変えるというのではなく、同僚に認識されているキャラクターを変えるということです。

最も楽に変えられる方法は”業務終了時間になったらすぐに帰ること“です。普段の行動を変えるんです。

まずは帰る。当日期限以外の仕事が終わっていれば帰る。明日期限の仕事は明日やる!というようにスパッと切り替えて帰るんです。

 

ここがね~、なかなかできないところだと思います。

同僚から、「早く帰りやがった!仕事が終わってもいないのに!」「こっちはまだ終わってないの早く帰った!」「手伝わないんだ!」なんて思われているのでは?と思うと帰れなくなる気持ちは分かります。

いろんな心の声が、空耳のように聞こえてくると思います。

でもこれは、仕方ないんです。洗礼のようなものですから。少し我慢して、まずは帰ってみる。

 

まずは帰ってみると、だんだんとあることが分かるようにようになります。

それは、早く帰るのって気持ちいい!とか、朝出勤した方が頭が冴えてる!とか、みんな大して気にしてないじゃん!ということなんです。

早く帰ってみると、ポジティブな気持ちもたくさんあることに気付けるんです。

そこに気付いてくると、だんだんと思考が、「早く帰りたい」と思うようになって、そうすると、「早く帰るにはどうしたらいいんだろう?」というように考え始めるんですね。

そうなれば、あとはその欲求に身を任せて行動しちゃえばいいのです。

それに慣れてくれば、定時で帰ることが当たり前になって、そのころには定時キャラが定着して、だんだんと上司が仕事量を勝手にコントロールするようになりますから。

今の職場で働きにくさを感じているならば”キャラ変え“はオススメですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です