パニック障害を治したいなら敵を作ってはいけない

こんにちは。鹿内です。

「敵を作ってはいけない」なんて言われると、

職場でうまく立ち回れ!とか八方美人になれ!なんて言われると思うかもしれませんが、違うんです。

相手とうまくコミュニケーションを取るべきということではないんです。

 

これは、

心のなかで無自覚に敵を作り出してはいけない!

ということなんです。

 

心の中で作り出す敵とは何か?

どうやったら敵を作らずにいられるのか?

 

解説してきます。

 

そもそも敵とはなにか?

そもそも敵とはなんでしょうかね?

  • いじめてくる奴
  • 嫌がらせをしてくる奴
  • 責めてくる奴
  • 怒ってくる奴
  • お金を取る奴

なにがしかマイナスを発生させてくる人のことを言いますよね。

ここでちょっと聞きたいのは・・・

敵はどんな意図を持っているのか?ということなんです。

 

先日職場であったこと

先日職場であったことです。

後輩の女の子が論理的思考が強い先輩に、いろいろと質問を投げかけられ答えられず窮していたんです。

その子は、なにか新しい仕事を振られても、「できません!」「ムリです!」とすぐに言ってしまうような子でした。

どこがムリなの?どの程度ムリなの?と聞かれても説明できなくて、論理武装が弱い印象が私から見てもあったんです。

 

ただちょっと辛そうだったので、あの先輩をどう説得させるかその子と二人で話しをしました。

  • 論理的な説明でないと納得しないで数値を使って説得するのがいい
  • 数値で淡々と説明できるように後追いでも数値をつくっていく

という話しをしました。

話しの最後にこの子にこう言われたんですね。

鹿内さんもこっちの味方で良かった~

これを聞いたときに、ものすごい違和感があったんです。

なぜなら私はそもそも味方でも敵でもなく、チームが円滑に仕事を進めたいだけだったからです。

そこで気付いたんですね。

この子は先輩を敵だと思っている

とね。

 

人は自分を責めてくる人のことを敵だと思いがち

人は自分を責めてくる人を敵だと思いがちではないでしょうか。

私も若手のころ、上司にえらく気に入ってもらったとき、めちゃ指導してもらったことがあります。

それはそれは精神的に辛くてですね、「もう重たいからやめてくれ~」と何度も思ったことがありました(笑)

その時は、たしかに敵だと思っていたんです。

「なんでこんなに厳しいんだよ!」と思っていましたもん。

 

でもそこで冷静になって見てみる必要があるのは、

相手はどんな意図をもってやっているのか?

ということなんです。

 

本当にイジメたいと思ってやっていることもあるかもしれませんが(笑)

たいがいは、そうではなく、その人も上司にしっかりと説明するための情報がほしいだけかもれないし、その人にとってはただ質問をしているだけかもしれない、ということなんですね。

必ずしも、悪意があってやっているわけではないこともあるということです。

 

敵とは悪意をもってあなたを貶める人のことを言います。

本当に敵なのでしょうか?

よくよく考えてみると悪意はなくて、その人の特徴である場合もあると思います。

 

ではこうした敵対関係をもってしまった相手とはうまくできるのか?

ではこうした敵対関係をもった相手とはどうしたらうまくやっていけるのか?

それは

第三者の目になったつもりで二人を見ている

んです。

 

あなたと相手と、もうひとり別の第三者の目です。

 

その立場になってみて、「あなたと相手の関係」がどう見えるか?

 

見えたり感じたり聞こえたことを言葉にしてみましょう。

これは関係性を冷静に見るにとても良い方法だと思いますよ。

 

結局は敵だと思っているのは自分なんですよね!

 

悪質ないじめはさっさと通報して良いでしょう。

でもビジネスや職場などで人間関係が辛いなと思ったら、第三者の目から見ていると新たな関係が見えてくるかもしれませんね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です