パニック障害になってから何をするにも自信がないんです

こんにちは。鹿内です。

ある女性の読者の方からパニック障害についてご相談をいただきました。

どうやら、彼女はパニック障害になってから、何をするにも自信がない、と言うのです。

今回は、ご相談の内容と私がお伝えしたことを記事にしています。

きっとパニック障害に悩む方にとって気付きがあると思います。

個人が特定できるような情報は削除しています。

 

1.パニック障害になってから何をするにも自信がないんです

Yさん(女性)から

Yさん

私も4年前の当時はSEをやっておりましたが、パニック発作を起こし、仕事を辞めました。

その後いくつか仕事をしたりして今に至りますが、やはり何をするにしても自信がありません。

電車にも短い区間、混んでない時間にしか乗ることができません。

パニックについていろいろ勉強し、分析しましたが、今は結局「何が怖いか?」というよりも、自分のことを信じてあげられないかったり、(パニックに限らず)ネガティブに考えてしまう傾向がある、というのが一番の課題です。

そんな時、昨日(1/11)のメルマガにてバッチリな記事をいただきました!

どうしたら良いか?についてはこれから順次…ということでしたが、是非お願いできればと思います。

よろしくお願い致します。

 

このメッセージを読ませていただいたときに、普通に「すごい!」と思いました。

なぜなら多くの人は、パニック障害の症状を無くす方法を必死に探して、薬に行きつくのに、Mさんは、自分に自信がないことが原因ではないか?とご自身に問題があることに気付かれていたからです。

こういう方は、センスがあります。

 

2.Yさんにご紹介した具体的な方法

2-1.電車に乗れたという体験から自信をつける

そこでMさんには、電車に乗ることで、自信の付けるのが良いと考えまして、電車の中で不安になったときの対策を2つご紹介しました。

鹿内

1つは、呼吸に意識を向けることです。

ブログにも書きましたけども、これを乗車中は意識してみてください。

https://wp.me/p8lc89-cn

私はいまでも電車の中で不安になることがありますが、呼吸を整えると精神も整うので、不安が落ちついてきます。

 

鹿内

2つ目は、脳に「勘違いするな!」と言うことです。

ちょっと怪しく思うかもしれませんが・・・、乗車中に不安が出てきたら、首の裏をポンポンと叩きながら、心のなかで、「勘違いしちゃダメ。ここは安全な場所!」と呟くんです。

乗車中に人目もあるし、恥ずかしいかもしれませんが・・・できれば、不安が収まるまでやると良いでしょう。

これは、叩くことがポイントなんです。

「降りたい!」という思考よりも、人間は「触覚」が優先されるので、叩くことがいいんです。

 

Mさんには、ご紹介した2つ方法をやっていただいて、以前よりも電車に乗れた!!という自信をつけるのが良いと考えました。

また、もしかして電車の乗り方よりも、もっとメンタルに効果があることを望まれてるのか?思って、

鹿内

もし電車の乗り方よりも、メンタルにダイレクトに効く方法が知りたいなら、そう言ってください。

やり方がバッチリ書いてある本がありますので、それをお伝えします。

 

ともお伝えしました。

 

2-2.メンタルにダイレクトに効く本の紹介

そうしたら、

Yさん

メッセージを送ってこんなにご丁寧なお返事をいただけたの、初めてで嬉しいです!

しかも答えも教えていただき、ありがとうございます。

まずはその2点、電車の中で実践してみたいと思います。

メンタルについてバッチリ書いてある本、というのも興味があります。もし宜しければ教えていただけませんか?読んでみたいです。

 

というお返事をいただきました。

(普段、お問合せいただくと、あれくらいの分量と内容をお返ししてますよ!)

 

そこで、メンタルにダイレクトに効く本をお伝えしました。

 

鹿内

メンタルについてバッチリ書いてある本というか、メンタルをバッチリ安定させる本があります。

こちらで~す。

7日間で悩みが消える 心のフタの外し方

本の中には、具体的なワークが書いてあります。そのワークをしっかりとやると、もしかすると、Yさんのなかで何かが変わって、良い方向にいくかもしれません(^^)

ただし!!

このワークはなかなかハードですので・・・、時間をしっかりと取ってやることをおススメします。

具体的に気を付ける点などは本に書いてありますので、安心して読んでみてください。

私にはとても効果がありました~

 

とお伝えいたしました。

 

2-3.カウンセリングのご紹介

さらに効果がある方法をお探しかと思って、メンタルに効くカウンセリングには段階があることもお伝えしました。

 

鹿内

メンタルにダイレクトに効く方法にもさらに5段階くらいあります。

トラウマを取り除く方法、人間関係を改善する方法、自信をつける方法などがあります。

カウンセリングによって、さらに効果があるサービスをご紹介できます。

 

とお伝えしたところ、

 

Yさん

カウンセリングは今も受けているのですが、これまでは医師とのカウンセリングでした。確かに医学的な見解は得られるのですが、私にとっては実際に同じ経験をした方の言葉のほうがスッと入ってくるようです(^^;)

改善しないようでしたら、またカウンセリングのご相談をさせていただいてもよろしいでしょうか。

 

「私にとっては実際に同じ経験をした方の言葉のほうがスッと入ってくるようです」というところを読んで、またセンスの良さを感じました。

 

ただここで1つ注意点をお伝えしました。

心理学では、人にはそれぞれ、入りやすい言葉と、入りにくい言葉があることが分かっています。

当然ですけど、入りやすい言葉を選ぶカウンセリングやコーチングの方が、より効果を高めることができますので、そういったカウンセラーなどを選ばれた方が良いです。

 

ただ、「カウンセラーショッピング」をしてしまうと、治りが一気に悪くなると言われていることもお伝えしました。

カウンセラーショッピング」って知っていますか?

なにかというと、たとえば、うつ病がなかなか治らないと言って、全国のカウンセラーや医者を訪ね周る人がいるんです。

・・・そういう人はたいがい治らない。

治らないことを証明しながら生きてしまうという、悲しいことになる恐れがあります。

Yさんがおっしゃられているように、まずは現在のカウンセリングで、効果を高める方法を模索されるのが良いとお伝えしました。

 

鹿内

それでもどうしてもムリ~(>o<)ということであれば、カウンセリングのご相談はいつでもお受けします!

スカイプのカウンセリングも可能ですので、電車に乗らなくても大丈夫です(^^)

 

とお伝えしました。

 

Yさん、経過報告をお待ちしています(^^)

 

Yさんがより良くなることが楽しみでなりません!

Yさんがさらに自信をもてるようになることを応援してます!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。