パニック障害を治したいなら親の期待に応えるのをやめる

こんにちは。鹿内です。

子どもなら誰しも親の期待に応えたい、親から褒められたい、親に注目されたいと思うものですよね。

子どものころは生きるために、そう思うのは普通のことだと思うのですが、大人になっても親の期待を背負って頑張っている人がいませんか?

親の期待と自分のやりたいことが一致していればいいんです。

でも違いっているのに、どうにか親の期待に~と思って傷つきながら生きている人を見るとなんだかこっちが辛くなります。

親の期待に応えるためだけに生まれてきたわけではないんですからね。

幸せになるために生まれてきた」のにね!

そういう生き方はとてももったいない、と思うわけなんでございます!

 

今自分が頑張っていることが親の期待なのか?自分のやりたいことなのか?

今一度よ~く考えてみる必要があります。

もう少し解説を加えていきます。

 

以前、こんな人と会いました

以前、こんな人と会いました。

幼いころから東京大学に入ることが目標でものすごい努力をされていた人です。

努力のおかげで開成中学に入り、開成高校に入ったそうなんです。

(この時点で私とは頭の作りがまるで違うと思ったのですが。)

 

東京大学を目指して受験勉強を頑張っていたのですが、高校3年生のときは落ちてしまったそうなんです。

そのあと、目標を達成するために浪人生として勉強を続けたそうなですね。

(私は現役で大学に入りましたが、浪人すれば成績が上がる発想がありませんでした)

 

そのあと何度受験しても東京大学に合格することはありませんでした。

あきらめて適当な大学(教えてくれなかった)に入り、次は東京大学の大学院を目指したんですって。

でもそれも、結局叶わずに、普通の就職したそうなんです。

 

でね、その人の口癖がずっとこうでした。

自尊心が低い

自尊心が低いと分かっているなら自分で上げたらいいじゃん!と私なら思うですが。

 

その人の話を聞いていてずっと出てきたのは「親の存在」だったんですね。

親に褒められたかったんですって、ずっとね。

 

開成高校で十分すぎるやろ!と思いますが、本人は納得しなかったんです。

なぜなら、「親が納得しなかったら

そんなの当然のこと、ということだったみたいです。

 

どうやら今の仕事はあまりうまくいっていなくて辛い、とも言っていましたね。

 

正直言って、今だに親の期待を背負っているように見えました。

もっと言えば、「大人になっても親から褒められたい」と思っているんですよね。

これでは、幸せになることは難しいでしょうね。

 

なんでこういう人が気になるのか?

なんでこういう人のことが気になるのか?

それは私も親の期待?を長年背負っていたからでしょう!

 

ずっと両親の前でイイ子を演じていて、演じていることにすら気付かず大人になっちゃいましたから。

パニック障害をきっかけに、心の成り立ちを振り返り、

え、、、オレのなかに、幼き日の親の呪縛がいる!!

と気付いたんですね。

それから心のお勉強をして、カウンセリングをしっかり受けて、呪縛を取り除くことができたんです。

そのときは苦しかったですけど、今は平然と生きています。

呪縛から解放されてだいぶ生きやすくなりましたね。

 

だからこういう、親の期待を背負って辛く生きている人につい目がいっちゃうんだと思います。

 

たたただ、気をつけようとしか言えない

こういうケースは、たたただ、気をつけようとしか言えないんですね。

親の期待に応えようと努力することは全く悪い!ではありませんからね。

親の期待は強力な筋トレ効果になることがありますので。

ただそれで、怪我をしちゃうくらい辛いなら、止めていいんじゃないのかな~と思うんですよね。

 

とてもデリケートなので、なんとか言い方が難しいですが・・・。

 

ま、バシッと言うなら、

もう大人なんだし、自分で目標くらい立てられるようにならなきゃね!

と思ったりしますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。