パニック障害には適用力が試されている

こんにちは。
鹿内智治(しかうちともはる)です。

職場やプライベートでパニック発作が起こると、発作のことを否定したくなることがありませんか?

発作が起きることがおかしい!

起こったことを否定したくなることがあるではないでしょうか。(私は結構ありました)

 

なぜ否定したくなってしまうのか?

否定していて解決の道はあるのか?

 

解説していきます。

 

パニック障害は適用できるか試されている

職場やプライベートでパニック発作が起こると、発作のことを否定したくなることがあると思います。

  • 発作が起きることがおかしい
  • 自分にだけ起こるのが変
  • 発作はすぐに収まるからなかったことにする

という具合に。

発作が起きることがあり得ない!という感じです。

 

なんで発作が起きたのを否定したくなるんでしょうか?

なんで発作が起きたのを否定したくなるんでしょうか?

それは、

起きた理由が分からないから

でしょう。

 

きっと起こった理由が分かっていれば

あ~あれがいけなかったのね、気をつけよう

と思って直せばいいですが、パニック発作の場合はなぜ起こったのか理由がはっきりしないことがほとんどです。

 

なんで発作が起きたの?なんで?なんで?

 

なぜ自分にだけ起こるのか?

答えが見つからないので、発作が起こったこと自体をなかったことにしたくなる、というわけです。

 

自分の体のことが分からないのってとても恐いことですからね。

そういう否定したい気持ちはよく分かるんです。

 

ただ、パニック障害はとても不思議なんですけど、症状を否定したり、見なかったり、感じないよにしたりすると、症状がひどくなることがあるんですよ!

否が応でも、パニック障害のことを考えずにいられない状況になるんです。ホント不思議!

 

私の場合、始めの1年は見ないようにしていましたが、そのうち症状がどんどん悪くなってきたので、こりゃあまずいと思って病院に行くようになりましたね。

 

そもそもなんですけど、

否定していて治ると思いますか?

 

人が豊かな人生を送るには何が必要だと思いますか?

人が豊かな人生を送るには何が必要だと思いますか?

 

それは

環境に適用する

ことなんです。

 

例えば、

転職したくない人も、会社が倒産してしまったら転職せざるを得ませんよね。

それでも「転職したくなーい!」と言っていたら生活が危ぶまれるわけですよ。

 

専業主婦をどうしても続けたい人も、夫が失業してしまったら、働き先を見つけなければいけません。

同じように生活を維持できなくなりますから。

 

老人ホームに入りたくない人も、一緒に住んでくれる人がいなければ、住むところを見つけなければなりません。

 

ね、

人は環境が変われば適用するしかない

んですよ。

 

適用しようとしない人は、こう考えるんじゃありませんか?

  • なぜ会社が倒産してしまったんだ?
  • なぜ夫が失業してしまったんだ?
  • なぜ誰も一緒に住んでくれる人がいないんだ?

考えてもいいと思いますが、どんな答えが返ってくると思っているのでしょうか?

一生懸命考えたところで、悲しい答えしか返ってこないと思うんです。

挙句の果てには、国が悪い~、社会が悪い~となりそうですが、そんなことを叫んでいて本当のパニック障害が良くなるんでしょうか?

 

だから適用とは、

「なぜこうなってしまったんだ?」ではなく「これからどうしたらいいのか?」を考えて実行すること

なのです。

 

それに大概のことは、適用した方が楽になれますから。

環境が変わったのならば、適用する以外に道はないと思うんですよね。

 

パニック障害になったということは環境が変わったのです

パニック障害になったということは環境が変わったのです。

環境が大きく変わったんです。それをまず認めること。

 

生活のなかに制約が増えて、自分では制御できないことが起こるようなったということは、環境が変わったんですって。

 

環境が変わったのに、まだ、

「なぜこうなってしまったんだ?」と考え続けるつもりですか?

 

考えて続けていていいですけど、辛くなるだけじゃないですかね?

原因を追究するよりも、「これからどうすべきなのか?」と自分の頭で考えて実行していくことしか道はないように思うんですよね。

 

それがパニック障害の人には試されているんですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です