パニック障害を治したいならディズニーシーへ行け!!

妻に気を使わせてた…

パニック発作を恐がるようになる前は、家族でよくディズニーシーに行ってました。妻とは結婚する前からディズニーシーへよくデートで行っていましたし、ディズニーシーはたくさん思い出があるし、行くと幸せな気持ちになれる場所でした。

でも、私がパニック発作を怖がるようになって、ディズニーシーへ行けなくなりました。妻が私に気を使ってくれて、行こうと言わなくなったんです。そのことに、パニック発作から1年後に気付いたんです。

これはマズいと思いました。というか、申し訳ないと思いました。私の体調が落ち着かないせいで、行けないのは、申し訳ない。毎日家事や子育てに頑張っていることや私を支えてくれていることに感謝を伝えたい。なので、私が我慢すれば、どうにかディズニーシーへ行く方法はないか、考え始めたんです。

 

電車で行くのは厳しい

まず、電車で行くことを考えたのですが、電車は無理だと思いました。電車でいくなら、うちから行く場合、東京駅まで行って、京葉線に乗り換えることになります。

でも、山手線から京葉線に乗り換える通路が、私にとっては息苦しくて、とても閉鎖感を感じて逃げたくなったことがありました。加えて、京葉線の最初に駅に着くまでのトンネルも長く暗いのも恐かったことがありました。その記憶から、電車は私には厳しいと思い諦めました。

 

バスで行くのも厳しい

ならば、バスか?とも考えたんです。バスであれば、主要な駅、たとえば、新宿、池袋、秋葉原、東京駅から、バスが出ていて、乗り換えなどなくディズニーまで直通なので、バスは便利かもしれないと考えました。

でも、見ず知らずの人たちと1時間も一緒にいることが耐えられないと思いました。加えて、バスにはトイレなど逃げられる場所がないので、私には1時間も乗っている自信がありませんでしたので諦めました。

 

車で行くのはどうか?

ならば、車か?と考えました。パニック発作に怖がるようになる前までは、私が運転してディズニーシーへ行っていました。でも、パニック発作を怖がるようになってから、運転する自信はありませんでした。

ただそこで、私が運転するのではなく、妻が運転したらどうだろう?と思ったんです。私は後部座席に座って、横にチャイルドシートに子どもを乗せるのはどうだろう?と思ったんです。それなら、万が一私がおかしくなっても、運転に支障が出ることはありません。おかしくなったら、路肩やコンビニに止めてもらって休むことができます。おかしくなった私は、その姿を家族にしか見られることはありません。

車のなかで不安になったり、発作が出たりして、吐き気が出てくるかもしれないけど、車のなかなら見ず知らずの人に迷惑がかかることはありません。万が一、嘔吐しても、車のなかならば、迷惑をかけるのは妻と子どもだけで、どうにか処理できるだろうと思いました。

 

車なら行けるかもしれない

そこで妻に提案しました。

「運転をお願いできれば、ディズニーシーに行けるかも」
「無理しなくていいよ」
「いやむしろ、行きたいんだよ! 外に出たいんだよ!」

妻はOKしてくれました。

 

不安は準備でつぶす

当日、ディズニーシーに着けるのか、不安でいっぱいでした。
もし渋滞にはまったら、どうしようと思いました。そのときはイヤホンで音楽を聞いて、冷静になれるようにしようと思いました。同じく渋滞にはまっているときに、発作が出たり吐き気が出たらどうしようと思いました。そのときのために、吐いても大丈夫な袋を持ちました。どうして発作が辛いときはどうしようと思いました。そのときのために、頓服薬を持ちました。渋滞にはまってトイレに行けなくなったらどうしようと思いました。そのときのために、携帯用トイレも持ちました。これで、車内で考えられる最悪の状況に対する対処法はそろいました。

あとは、何も起こらないことを願うのみです。

行き方は、高速道路は避けてすべて下道で行くようにお願いしました。高速道路の速さと、すぐには止まれない恐さには耐えられそうになかったからです。うちからだと高速道路を使えば、ディズニーシーまで1時間ほどで着きますが、全て下道なので、2時間以上かかると、ナビはなっていました。「2時間も耐えられるか」

 

ディズニーシーへ出発

ディズニーに向けて出発しました。
まず、久しぶりの車に慣れるまでに時間がかかりました。目の前をどんどん変わっていく景色に圧迫感を感じたり、車内の閉鎖感も恐かったり、すぐには外に出られないのが恐かったり。ときどきしばらく目を閉じて、深呼吸してリラックスするようにしました。途中、ヒーリングミュージックをイヤホンで聞きながら、できる限り気分転換するようにして、やり過ごしました。

車に慣れてくると、外を見る余裕が出てきました。これなら、行けるかも?と思ったとき。アーチ状になっていて高くて細い道が見えてきたとき、一気に緊張してしまいました。「もしここから落ちたら死ぬ」などと考えて恐くなり、心臓がバクバク行っていて、体も震えが出てきました。でも、その道をすぎると、緊張や恐さは収まり、落ち着くことができました。

途中、橋の上で、ディズニーランドホテルが見えました。「ここまで来たか!」ものすごく嬉しくなりました。1年間も外に出ず、家族と出掛けることも出来なくて、自分のせいで申し訳ないと思っていました。でも、そんな迷惑ばかりかける私もここまで来れたことが嬉しかった。

軽い発作はあったものの、大きな問題が起きることもなく、ディズニーシーに着くことができました。

平気だったね!」と妻も喜んでくれました。

 

ディズニーシーは楽しめない?

久しぶりに、ディズニーシーに入りました。でも、行く前には大して楽しめないだろうと思ってました。というのも、自分の今の体調では、アトラクションに乗る自信がなかったからです。ディズニーシーに来たらこれまでは、アトラクションに乗りまくってました。タワーオブテラー、センターオブジアース、インディージョーンズなど、ファストパスをできるだけ取って、乗りまくるのが好きだったんです。

でも、パニック発作が恐くて、とてもアトラクションに乗れないと思いました。アトラクションに乗れないなら、ディズニーシーは楽しめないと思っていたんです。

 

楽しみ方は必ずある

でも、実際にディズニーシーに行ってみてあることに気付きました。それは、アトラクションに乗れなくても楽しむ方法がたくさんあることです。

アトラクションに並ぶことがないので、パーク内をぶらぶらするしかないのですが、それで入ったことのないレストランで食事するのが意外と楽しかったんです。いつも同じレストランにしか行っていなかったことに気付きました。

それに、「え?こんなのあった?」と思うほど気付かなかったショーも見ました。ディズニーシーのショーもとてもレベルが高くて楽しめました。

今までほぼスルーして、キャラクターたちとも写真を撮りました。小さい子どもがいると優先して写真を撮ってくれました。

子どもがパーク内を駆け回るのを眺めているだけで、嬉しかった。

今まで全くやってこなかった、撮影スポットで家族写真を撮る事もしました。

ディズニーシーは、アトラクションに乗れなくても、のんびり過ごすことだけで、十分楽しめることが分かったんです。

これは私には驚きでした。アトラクションに乗れないと損していると思い込んでいたことが恥ずかしくなりました。

「のんびりしたディズニーもいいね」

と妻も言ってくれました。

 

まとめ

お伝えしたいことは、「パニック発作が怖くても外に出てみよう」という事です。

体調が悪いとき、恐くて出られないとき、自己嫌悪のときなどあるかもしれません。

でもきっと、外に出た方がいろんな気付きがあって、パニック発作の恐さを克服するのは早くなると思いますよ。

私も車で出掛けるようになる前は、何もする気が起きませんでしたが、妻に協力してもらって車でならなんとか移動できることが分かってからは、いろんなところに出歩けるようになりましたから。

ちょっとしたコツとしては、自分のためと思うとできないかもしれません。でも、家族や身近な人のために外に行こうと思うとできることがあると思います。

うまい理由を作って、外に出る頻度を高められると、克服も早くなると経験上思います。

ディズニーシーに行ってみて、これまで違った楽しみ方があることに気付けたのも大きかったです。

パニック発作が恐い人にはもう楽しみ方がないと思い込んでましたが、実際は、その人なりの楽しみ方があることがよく分かりました。外に出てみると、新しい発見がきっと見つかると思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。