パニック障害を治したいならディズニーシーへ行け!!

体調が酷くなるかも…
迷惑をかけるかも…

パニック障害に悩んで1年ほど経ったころのことです。

パニック障害になる前、家族でディズニーシーに行くのが毎年の行事でした。

ディズニーシーには妻と結婚する前からたびたびデートで通っていました。

いろんな思い出のあるディズニーシーに行くと、いつも幸せな気持ちになれました。

 

でも、私がパニック障害になったせいで、妻に気を使わせてしまい、毎年行くことが難しくなりました。

妻は私に気を使って行きたいと言いませんでした。

妻に気を使わせてしまっていることに申し訳なく思いました。

 

どうにかしてディズニーシーに行きたい

どうにかして、ディズニーシーに今年も行きたい。

 

「どうしたら行けるか」

 

まず、電車は無理だと思いました。

もし電車でいくならば、うちの場合、東京駅経由で京葉線に乗ることになりますが、山手線から京葉線に向かう通路も京葉線で最初に通るトンネルも恐くて、電車に乗る自信は全くありませんでした。

 

ならば、車か?と考えました。

これまでは、私の運転でディズニーシーへ行っていました。

パニック障害になってからとても運転する自信はありませんでした。

では妻が運転すればいいのでは?

私は後部座席に座り、チャイルドシートに乗る子どもを見れば、行けるかもしれないと思いました。

 

車のなかで不安になったり、発作が出たり、吐き気が出てくるかもしれません。

でも、車のなかならば、外にいる人には全く迷惑をかけません。

万が一、嘔吐しても、車のなかならば、迷惑をかけるのは妻と子どもだけ。

この2人ならば、酷い姿を見られてもいいし、数時間我慢してくれ、と思いました。

 

あたらしい行き方なら行けるかも

そこで妻に提案しました。

「運転してくれれば、ディズニーシーに行けると思う」
「無理しなくていいよ」
「いや、むしろ、頑張って行きたい! 車に乗れるようになりたい!」

そう伝えると、妻はOKを出してくれました。

当日、無事にディズニーシーに着けるのか、不安でいっぱいでした。

高速道路には、乗れると思えませんでした。

「渋滞にハマったら…」
「発作が起きたら…」
「降りたくなったら…」

そう思うと、より自由のない高速道路は我慢できないと思いました。

なので、全て下道で行くようにお願いしました。

 

普段なら、高速道路を使って1時間ほどで着くところを、倍の2時間かけて、ディズニーシーに着くことができました。

 

途中、橋や高いところの道路を通るときには、心臓がバクバクしたり、ドキッとしたり、冷っとした感じたところはありました。

でも、発作が起きることもなく、嘔吐することもなく、なんとか着くことができました。

「良かった!」
「大丈夫だったね!」

妻も喜んでくれました。

 

新しい発見がたくさんありました

さあ、ディズニーシーに入りました。

でも、そんなに楽しめないだろうと思ってました。

なぜなら、アトラクションに乗れないからです。

パニック障害の症状が怖くて、とてもアトラクションは無理だと思ってました。

 

でも、実際にディズニーシーに行ってみてあることに気付きました。

 

それは、パニック障害の人であっても、つまり、アトラクションに乗れなくても、ディズニーには楽しむ方法がたくさんあることです。

 

入ったことのないレストランで食事したり、

「え?こんなところにあった?」と思うほど今まで存在に気付かなかったショーを見たり、

たまたま見つけたキャラクターと絡んだり、

子どもがパーク内を駆け回るのを眺めたり、

撮影スポットで家族写真を撮ったり。

 

アトラクションに乗れなくても、ゆっくりと落ち着いてのんびり過ごすことだけで、十分楽しめることが分かったんです。

 

これは当時の私は、目から鱗でした。

アトラクションに乗れないと損をすると思っていたことが恥ずかしくなりました。

「のんびりしたディズニーもいいね」

と妻も言ってくれました。

このとき、車でディズニーシー(目的地)に行けた事には、私のパニック障害に対する苦手意識が弱まるきっけかになったと思います。

 

まとめ

お伝えしたいことは、勇気を出して外に出てみようという事です。

外に出られない体調のとき、辛くて恐くて外出を考えられないとき、自己嫌悪のときもあると思います。

ただ、パニック障害の場合、私の経験から言うと、外に出た方がいろんな気付きがあって、治りが早くなると思います。

自分のためと思うと出られなくても、家族や他の人のためだと思うとできることがあると思います。

うまい理由を作って、外に出る勇気を高めやすくなることを考えてみてもいいと思います。

 

このときディズニーシーに行ってみて、これまで違った楽しみ方があることに気付けたのは私には大きかったです。

パニック障害になったらもう楽しめないではなく、パニック障害の人なりの楽しみ方を探してもいいと思うんです。新しい発見がきっと見つかると思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。