パニック障害になる人は自分に自信がない人が多くいる

こんにちは。鹿内です。

パニック障害になる人のなかには自分に自信がない人が結構います。

パニック障害に関する問い合わせをもらうと、最終的には自分に自信がないという結論になる方がいますし、私もパニック障害になった原因のひとつには、仕事で自信がもてず、評価されたいと思って過剰に働いたことが引き金になってますから。

「パニック障害と自信のなさには相関関係がある」

と思うんですね。

自分に自信がない人って周りの人と比べることが止められません。

べつに他者と比べることが悪いと言っているわけではありません。

なぜなら、サラリーマンは常に業績で評価され人柄で評価され、また自分も他人を評価して集団の中で優劣を付けられる社会にいます。

それに会社間でも競争があるし、顧客に選ばれるように奮闘し、他社との戦いもあるわけですね。

だから働くということは、評価されたり比べられたりすることが避けられないんです。

ここで、比較された結果を自分の行動や環境に対する反省として活かすならいいのですが、自信がない人に限って自分はダメだとか自分には能力がないと結論づけてしまうことに問題があるんです。

パニック障害はこういった劣等感をエサにして増殖をしちゃうんですよ。

だから、パニック障害の人は、他者と比べた結果を自分の無価値感や無能力感にリンクさせないことが重要なんですね。

 

なぜリンクさせないことが重要か?これは、

「比べることは際限がないから」

です。際限なく自分にNGを出し続ける恐れがあるからですよ。

  • あの人より能力がない
  • あの人よりも続けられない
  • あの人のように注目されない

自分はダメという出来事ばかりピックアップして、まるで毎日のようにそういうことばかり起きているように捉えてしまうのは本当に危険なことです。

 

私もこういった状態になっていたから分かるのですが、

  • 会議でも「気の利いたことが言えない自分はダメ」とか、
  • 誰に質問されたときに「答えるのにしどろもどろした自分はダメ」とか、
  • メールでも「お客さんに分かりにくい文章を送った自分はダメ」

というようになんでも自分ダメと思うようになってしまうんです。

ここで、自分の行動や環境が悪いから失敗したんだと思って改善の方向にいくのならいいんですが、自己認識レベルで自分はダメ!と思ってしまうのが、自信のない人に共通する危ういところなんですね。

常に自分に対して無価値感や無能力感を感じるイベントを掘り起こして、そういう風にばかり見ているのは、まさに病にかかっているのですよ。

でね、残酷なのが、そういう見方をしていることはなかなか自分では気づけないところなんですよ。

私の場合はパニック障害になってどん底を経験して、自分と他人とで出来事に対する捉え方が違うことに気づいて矯正していったから良かったのですが、普通の人はなかなか気づけません。つまり、

「自分だけでは対処が難しい」

んですね。

これが厄介なんですよ。

 

じゃあ、自分に自信がないけど、自分の見方がどうダメか悩んでいる人はどうしたらいいのか?

「サラリーマンなら上司から評価されてしまう」

ことをおススメします。

やっぱり、劣等感をかかえるサラリーマンが一番勇気づくのって、しっかりと上司から評価されたときなんですよ。

私もパニック障害であっても、部内で最上位の評価をもらったときに、倒れるほど嬉しかったんですね。

「オレはできる!」と一気に自己認識が変わりましたから。

 

じゃあ、どうすれば、パニック障害も上司から評価されるようになるのか?それは、

「新しく上司が変わったときに、実績を上げるか、他のメンバーとは一味違う印象を与える」

ことなんです。

私も評価されたときは、新しく来た上司に対して、他のメンバーとは違うという印象を与えられたことで、「こいつは仕事ができる奴」と思ってもらえました。

上司というのは、最初は誰に対しても期待しているんです。どんな優秀な奴がいるんだろう?とか、今度はどんな問題児がいるんだろう?期待と不安を持っているんです。

だから、そういった上司から最初にフラれた仕事だったり、あなたの印象をどう観られるか?はとっても大事。

そこで、「お、こいつ優秀じゃん!」と思わせられたら、成功ですよ。

あとは次からの仕事が普通であっても、最初の良い印象で見てくれますからね。

私は可愛がってくれた上司と話しをしたら、「お前は他のメンバーとは違った」と教えてもらってそういうことかと後で知りました。

中小企業だと上司が変わることはあまりないかもしれませんが、大きな会社であれば、上司が変わって最初の仕事は良い印象を持たれる努力をするのが良いでしょう。

そういうイベントが人生を振り返ったときに自信となりますから。

そこをチャンスと思って、頑張ってみるのも手だと思いますけどね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。