パニック障害を治したいならお医者さんのせいにしても始まらない

こんにちは。鹿内です。

 

今回言いたいことは、”誰が人生の舵を取るのか?自分である“ということです。

パニック障害の症状に悩み通院されている方に多いのが、人生の舵をお医者さんに任せてしまって、言いなりになってしまっていることです。

お医者さんは、あなたの人生がどのような顛末を迎えようとも、責任を取ってくれる人ではありませんよ。

気付いてましたか?

 

お医者さんの使命は何かと言えば、”持てる知識と経験からあなたに最適の治療法を提案すること“であって、”あなたのパニック障害を治すことではない“のです。

あなたが普段支払う治療費には、あなたのパニック障害が完治する、というのは含みません。

ぜひ、今度聞いてみてください。

お医者さんは、あくまであなたに最適な治療法を提案し薬を処方するところまでがお仕事であって、結果に対しての責任は負っていません。

もちろん、結果に責任を負っていると自負されるお医者さんもいるでしょう。

でも、治療費には結果まで入っていないのです。

あくまでも、症状の緩和がメインで、根治を念頭においていないのが現状なんですね。

 

これは何も、「だから、通院すべきではない!」とか「だから、病院は止めろ!」と言いたいのではありません。

そういった結果を保証していないサービスを利用していることに気づくべき、と言いたいのです。

気付いてもなお、通院されるのはOKです。あたなが決めたことだから。

「今の先生はとても相性がいいので、このままでいいです!万が一、結果が出なくても、それは私の責任です」と言えるのなら、OK!全く問題ありません。

問題なのは、”パニック障害の症状が良くならないのは、お医者さんのせいだ!!と言って医者批判を始めること“です。

それは、全くもって意味がありません。お医者さんを批判したところで、あなたの治療にかけた時間も治療費も返ってきません。

 

もう一度、最初にお伝えしたとおり、人生の舵取りをするのは誰か?あなたなんです。

あなたが、結果の保証はないサービスを利用しただけなんです。

お医者さんはあくまでサービス提供者であって、結果を保証する人ではないのです。

 

別にお医者さんの肩を持って言っているわけではありませんよ。

誰かに依存して、依存した相手がダメだと思ったら、相手を非難するようなことになってほしくないのです。それってあまりに不毛ですから。

 

ただね、心身が弱っているときに、誰かに頼りたいとか、すがりたいと思う気持ちは分かります。

私もパニック障害と診断してくれたお医者さんとケンカをして、路頭に迷っていたとき、いくつかセミナーに参加したのですが、そんなときは、もう藁をすがる思いでしたから。

そのときセミナーに参加したときの講師の方にはいまでもお世話になっていて、良心な人で本当に良かったと思います。

もしあのとき、情弱ビジネスなんかにハマっていたら、パニック障害を延々愚痴る病弱サラリーマンになっていたと思います。そういう意味で、私の嗅覚はとても高性能だったと思います。運も味方してくれたと思います。

 

そういったメンターと言われるような方たちに、パニック障害のことを相談したことは一度もありませんよ。

ビジネスのこと、人生のこと、生き方のことについて、学ばせてもらっているうちに、人生が自然とよくなるのに従って、パニック障害も改善していっただけのことです。

 

あなたにとって、メンターと言える人は誰ですか?お医者さんですか?

別にお医者さんでも、全く問題ありません。

ただ、お医者さんに頼った結果、万が一結果が出なかったとしても、お医者さんを選んだあなたの責任であると思えるかどうか?なんです。

 

人生に責任を持っていない人は、よく人のせいにするのです。

サラリーマンの大半は、そういう人が多いのではないでしょうか?

今の会社にすがっていれば、どうにかなると思っている人が大半だと思うんです。(私も含みます)

私のいるIT業界でも人不足がメディアなどで叫ばれている反面、早期リストラの募集をかける大企業もあります。業界の規模を見れば、縮小傾向になることが予想されているので、私も決して、安定しているわけではありません。

 

会社にすがって生きてきた結果、あるとき、肩を叩かれて、「辞めてもらいたいんだけど・・・」と言われたとき、潔く「分かりました」と言えるかどうかです。

「なんでですか~!!こんなに尽くしてきたのに!!~」と言っても遅いのです。

いくら会社のせいにしたって状況が好転するなんてことはないのですから。

 

「依存する」というのは、そういった面で、人を脆くする怖さがあります。

「自分が選んでいる」と思うことは、パニック障害の治療でも、会社においても、自らの足で生きていくために必要なスタンスだと思うのです。

そして、人生が上手くいってる人というのは大概、全て自分が選んだと責任であると思っている人だと思うんです。

 

お医者さんの肩を持つつもりは全くありません!

ただ、30歳、40歳になっても、「あの人のせいで人生が台無しになった~」なんて言っているような、自分の人生に責任すら持てない、カッコ悪い大人になるべきではないということです。

と威勢の良いことを言っている私も、数年前まで、パニック障害の症状のことでビービーと妻の前で泣くような、もやしっ子でしたから笑

大丈夫です。人は変われます。

人生に責任を持つ自覚さえもてれば、できないことはないと思います。

まずは、自らが全て選んでいる意識を日々の生活に持たれることをおススメします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です