恋人がパニック障害になったときの正しい3つの接し方

こんにちは。鹿内です。

もしあなたの恋人がパニック障害になったらどう接するべきか?

 

あなたの恋人がパニック障害になったら、こんなことを言い始めるかもしれませんよ。

家から出たくない!電車に乗りたくない!仕事に行けない!

 

そんなことを言い出したら、不安だし心配になりますね。

恋人のことが本当に好きなだったら、なおさらどうにかしてあげてたい、力になりたいと思いますね。

 

でもそうした「力になりたい」という思いが裏目に出ることがあるんですよ。

「あなたのためだから」という気持ちが、実は相手からしたらウザイ場合があするんです。

特にパニック障害の場合、その傾向があると思います。

せっかくに思いがウザがられるのは悲しすぎますよね。

 

そんなとき、どうしたらいいのか?

恋人がパニック障害になったとき、そもそもどう接するのがいいのか?

 

それは3つのポイントを守ることだと思います。

この3つを守れば、あなたのことをより好きになってくるかもしれません。

3つのことを守って、二人で協力して、絆を深めながら、パニック障害を克服するのもありですよ。

 

1.ほおっておく

恋人がパニック障害になったときに優先するべきなのは、恋人の気持ちです。

こちらから、ああだこうだと意見したり、アドバイスするのは止めましょう。

恋人からしたらウザイだけです。ただでさえ恋人は、パニック障害になって「自分はこれからどうるのか?」「パニック障害は治るのか?」「何をしたらいいのか?」と混乱している場合がほとんどです。

そんなときに、パニック障害のことを知らない人からいろいろ言われるのは、反抗期のときに親のことが邪魔くさいと思ったくらいウザイことなので、ほおっておくのです。

 

もちろん、相手から「この症状があるんだけど、どうしたらいい?」と聞かれたら、話しは別です。

そのときはパニック障害のことを一緒に調べたり、病院に付き添ったりすればいいと思います。

まずは自分が思っていることや、やってあげたいことは一旦おいておいて、恋人が求めることに答えるのがいいでしょう。

恋人のペースに合わせることが何よりも大切なことだと思います。

 

あまりこちらの意見を押し付けすぎると、「この人には分からない」と烙印を押されてしまいます。

そうすると、あなたにはもう気持ちを打ち明けてくれなくなり、状況は最悪になります。

 

まずは恋人の気持ちが落ち着くまで待つ。

そのあとは、恋人の気持ちに寄り添い、恋人のペースに合わせるということを優先されるのがいいでしょう。

なので、ほおっておくことが最初は肝心なんですね。

 

 

2.恋人の気持ちに合せる

次に大切なのが、恋人の気持ちに合せることです。

パニック障害になると、「つらい~」とか「苦しい~」と思ってなかなか言えないことがあります。

そう言ったことで、周りの人に迷惑をかけてしまうのではないか?邪魔になってしまうのではないか?と恐れてる場合が多いです。

私もその経験はあって、長い間電車に乗れなかったのは、車内で倒れたら近くの人に迷惑がかかってしまうと恐れていたからです。

自分のせいで、周りに嫌な思いをさせてしまうと思い、本当の気持ちを隠す場合があります。

 

そんなときは、「そんな体調なのに頑張っているね」「そんな体調なのにすごいね」と褒めてあげるといいでしょう。

「パニック障害になっている私はダメだ」「足手まといだ」と、思っていることもあるので、まずは、パニック障害なのに普通の生活をしようとしていることに声をかけてあげるといいでしょう。

やっぱり人って、自分のことを分かってくれることに心を開くものですからね。

 

間違っても「なんで、つらいんだろうね?」などと分析はしない方がいいです。

それは恋人が一番疑問に思ってることです。

分析は恋人のタイミングでやり始めますから、こちらからきっかけを作る必要はないのです。

とにかく、褒めてあげたり、声をかけたりして、「自分のことを分かってくれる存在」と思われるのを目指すことです。

恋人から仲間だと思われるようになったら、こっちものですよ。

 

3.恋人からの相談に応える

最後のステップは、相談されるようになることです。

「こんな症状が出るんだけど、病院に行った方がいいかな?」

「どうしたらいいかな?」

 

そうしたら、一緒に、書籍を読んで調べたり、病院を探して、一緒に付き添ってあげたりするといいでしょう。

ここまで来れば、パニック障害の恋人に正しい接し方ができている証拠です。

二人三脚で病気と向き合い、着実に進めるでしょう。

 

4.まとめ

恋人がパニック障害になったときの正しい接し方は、相手のペースに合わせることです。

無理やりあなたのペースに持ち込んでも恋人は喜んでくれません。

恋人は、あなたのペースに合わせる余裕はないんです。

 

だから、恋人が落ち着くまで待つ。

恋人が助けを求めるまで待つことが、優しさだと思うんです。

ただ、待つことが最も難しかったりするのですがね…。

 

ここまで説明して、「面倒!」「自分にはできない!」と思ったら、早めに別れた方がいいかもしれません。

無理を続けても、いつかどちらか爆発しますから。

お互いのためにならないことなので、後腐れないように早めに別れてしまうのもひとつの手だと思います。

パニック障害のせいで、人生共倒れなんて本当にもったいないですから。

 

ただ、パニック障害という病を、二人で協力して克服できると、より強い絆になる事は間違いないです。

私と妻はまさにそう?ですから。

協力して困難を乗り越えることは、より二人を近づける貴重な経験にはなると思います。

この3つを守って、二人でより強い絆を作ることを私はおススメしますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンエンジニア。 ブログ「サラリーマンでもバレずにパニック障害を治せ」2年かけて自力でパニック障害を克服した体験をブログに日々更新している30代前半。 趣味は読書と海外ドラマ。