パニック障害が完治するまでにやってきたことは、対処レベルを上げる道のりだった。1

パニック障害に4年ほど悩まされた私が、完治するまでやってきたことをお伝えします。4年の間にあれこれと試したことと分かったことをお伝えしてきますので、お付き合いください。

まず、「完治した」とはどうなったことを言うのか?あくまで私が思う「完治した」をお伝えしていきます。(つまり、私のいまの状況です)

それは、まず薬を飲んでいないことです。私の場合、パニック障害になってから通院しましたが、お医者さんとの相性が合わず、すぐに通院を止めました。なので、以降薬は飲んでいません。

次に、パニック発作は出るか?については、今までも出ます。電車や車など乗り物に乗っているときや、車を運転しているときや、仕事中に出てくることがあります。大丈夫なの?と思われたかもしれませんが、私の場合、大丈夫なんです。それは、自分の力で、発作を抑えることができるからです。どうやるのかと言うと、私の場合、呼吸法をします。とても簡単です。7秒呼吸法と言って、7秒かけて息を吸って、7秒かけて、息を吐き切り、7秒息を止める。これだけです。これをすると、不思議と気持ちが落ち着いてきて、心臓のバクバクもいつのまに無くなっていて、いつもの体調に戻ることができるのです。

なので、私の場合、発作が起きても、人目を気にしてどこかに逃げることはありませんし、その場にしゃがみこんだり、人目を気にして隠れることは全くありません。周りの人に迷惑をかけるかもと悩むことも、周りの人が助けてくれないかもと、気にすることはありません。周りの人にパニック障害であるとバレることもなくなりました。発作に伴う全てのことが自分のなかで、処理できるので、日常生活に不自由することが全くなくなりました。仕事も普通にできるようになりましたし、子育ても、食事も、移動も。ただ、飛行機はいまでも少し抵抗はありますが、それ以外は全く心配がありません。自分ならば大丈夫という自信も持てるようになりました。パニック障害のことを思い出すことはほぼなくなりました。自分がパニック障害である自覚も、ほぼなくなりました。つまり、発作を自分でコントロールできるんです。

そこまでになれたので、私は自分のことを、パニック障害を完治した、思っています。

 

そんな私も、いきなり、「完治した」わけではありません。数年前までは、電車に乗ることすら恐くてできないことがありましたし、乗れても苦しくなって下車することは、よくありました。仕事中も、話の長い人と話すときは、ビクビクしました。会話の途中で症状が出たら、逃げられない恐さがありました。会議室に入ると、必ず逃げ道を探してました。もし発作が起きてもいいように、ドアに近くに座るようにしてました。電車が恐いと思っていたら、いつの間にか、バスも、飛行機も、新幹線も恐いと思うようになりました。生活のあらゆるところで、パニックのことを考えるようになっていました。まさに典型的なパニック障害になっていました。それは、20代後半のときのことでした。

このままではまずいと思って、いろいろと試すようになりました。典型的なパニック障害になり、具体的に何をしてきたか?をお伝えします。

まず、恐いけれども、電車に乗る練習を始めました。具体的には、最寄りの駅から、急行電車の止まる駅に行きます。そこで、急行電車が来るホームに行って、急行電車が乗る、ことを試みました。実際ホームに行って、周りの人と同じように列にならびました。電車がホームに入ってきて、止まって、扉が開いて、中から人が降りてきて、乗りたい人が乗るときになりました。でもそのとき、乗れませんでした。とにかく恐かった。私のことを変な目で見る人もいました。でも、とにかく恐くて、乗ったらまたあの発作が出そうで、足がすくんで、乗れませんでした。何度も挑戦しました。でも、乗れませんでした。結局、この無理やり乗ろう作戦は、失敗に終わりました。

次に、メンタルクリニックに行きました。正直メンタルクリニックには行きたくなかった。なぜなら、メンタルクリニックに行くことで、精神の弱い人のグループに入るようで受け入れられなかったからです。実際は精神の弱い人のグループなんてないんですけどね。プライドと言うか、自分に関係のない世界で、無意識に自分より下に思っていた人が行く場所に自分も行くのが、どうしても認められなかった。なので病院はずっと避けてました。でも、もう余裕がなくなってました。電車に乗れなくなった自分は、まともじゃないと思ってました。仕事も、普段の生活も支障が出ていて、行きたくないなんて言っていられなくなってました。これで楽になれると思って、メンタルクリニックに行きました。

メンタルクリニックに行き始めて、薬を処方されました。メイラックスでした。言われたとおり飲んでから、会社に行ったのですが、全く効果が感じられませんでした。朝の電車では、いつものように恐さに襲われて、会社でも、ビクビクするのは変わらなくて。本当に薬効いているの?と思いました。自分には薬が合わない体質なのかもと思うようになりました。ネットで調べると、薬以外の治療法もあって、今後の治療はそれにしてもらおうと思いました。次の通院の日、先生に、薬の効果が感じられないことと薬以外の治療法をお願いしました。でも、断られました。薬以外の方法はないと言われました。そのとき、この人に頼っていてもダメだと思いました。ここには二度来ないと思いました。この日以降、この病院へ通うことを止めました。

ここで、少し怪しくなりますが、このあとしばらくして、セミナーに行きました。

少し長くなってきてので、途中ですが、今回はここで止めます。次回をお楽しみに。


★無料メールマガジンに登録してください!





私が4年かけてパニック障害を治した濃い情報をメルマガ限定でお伝えてします。

メルマガではあなたからの悩みや辛いことについて質問も受け付けております。

まずはメルマガに登録してください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です